ブログ再開します。

e0005411_14572341.jpg
ご無沙汰してしまいました。
繁忙期を乗り越え、静かな日常が戻ってきました。
今年のお中元は出足が鈍く初旬は余裕をかましていましたが、ある日突然目が回るほど忙しくなりました。
blogがしり切れてしまってごめんなさい。
いつも遊びに来てくださる皆さん。本当にありがとうございます。
この間のコメントの返信は明日させていただきますね。
繁忙期中は家事・育児(あーくの世話)・仕事とまさに阿修羅像の如く三面六臂の大活躍。
燃え尽きました。
夫も多忙が重なり、あーくには寂しい思いをさせましたが、毎日留守番を頑張ってくれました。
先にあーくが報告いたしましたとおり、家族全員頑張ったご褒美に出かけた箱根の慰安旅行は本当に楽しかった。
こうしてblogの再開に際し、忙しくも充実した日々を報告する予定だったのですが・・・

46年ぶりの皆既日食で日本中が天を仰いだ日。私は夫と共にあーくと東京にいました。
東京=病院。
e0005411_1564992.jpg
安定しているかに見えた眼圧の裏で次の魔の手があーくを襲っていました。
大きくコンディションを崩してしまったのです。
一時は全く眼が見えない状態に陥ってしまいました。
仕事先から帰ると、玄関のドアを開けた途端、弾丸のように私の元へ飛び込んでくるあーく。
そのあーくが・・・私の元に来ようとはしているもののまっすぐ歩けない。足元がおぼつかないず、ヨロヨロとしている。
見ると、眼が宙を彷徨っています。
私は一瞬であーくに起こっていることを理解しました。
眼圧66mmHP。(正常値20mmHP以下)
一刻も早く眼圧を下げないと、失明する危険な状態。
東京の病院に連絡を入れ指示を仰ぎました。眼圧をコントロールする点眼薬の2種類(キサラタン・トルソプト)を15分置きに交互に3クール。祈りを込めてあーくに施すけど、なかなか眼圧が下がってくれない。
残るは眼球に針を刺し、眼圧を上げている原因の房水を抜く処置・・・
タウンページを片手に手当たりしだい動物病院に電話をかけまくる。診療時間は既に終了しています。やっと見つけた夜間救急病院は「できない」という無情の答え。
もうダメだと思った。
朝一番で東京の病院に予約はとったけど、一晩高眼圧の状態が続けば、視力が元に戻る見込みは限りなく薄い。時間との闘い。
泣きの4クール目。最後の点眼から30分。眼圧が下がった・・・

あーくの眼圧がなかなか下がらなかった原因。
検査の結果、緑内障で併発しやすい合併症である炎症が起きていました。
この炎症は点滴で完治するものですが、病院嫌いで悪名高いあーくが30分も悠長に点滴を受けているはずがない。点滴前の血液検査で断念。(ここで大暴れして手がつけられなくなった)
時間はかかるが、ステロイドと抗生剤を2週間分処方されました。

今。
視力は以前の半分になりました。
家では不自由なく動き回っていますが、外は見えないという恐怖心が先行する様子。
怖がって歩かないので、散歩になりません。
なのに・・・薬の利尿効果で、おしっこがじゃんじゃんでる。
無理強いはせず、1日4回(朝・出勤前・夕方・寝る前)に分けてさせることに。

病院からは、視力を守るためには外科的な手術を受ける段階にあると言われています。
しかし、その手術は(2通りあります。)あーくの視力を永遠に保証するものではなく、下手したら術後即失明という危険も伴います。例え成功しても、この病院の過去の症例で視力が維持できるのは、平均3カ月~6カ月(中には2年間。今も視力を維持している犬もいるそうです)。個体差が大きく、ある意味いちかばちか。
一つだけ分かっているのは、手術をしようがしまいが、ゴールは失明。

あーくの眼力はそう長くは残っていないかもしれない。
でもあーくに、この視力の延命手術はしない方向でいます。
治療を理解できないあーくにとって手術は肉体的に精神的にダメージを与えるだけ。
あーくの運命を自然に受け止めようと。
目が見えなくてもいい。命は元気。
出来なくなったことや見えなくなったことを、悲観してはあーくに笑われる。
あーくが出来ることはたくさん残っている。
「できない」ではなく、「できる」ことを見つめ続ける。
あーくが私のそばにいてくれるだけで、私は幸せだから。

あーくはあーくだよ。
e0005411_20515950.jpg

[PR]
by miwappeA | 2009-07-28 19:54 | +しばけん(闘病記) | Comments(25)
Commented by tiburi at 2009-07-28 21:43 x
読ませていただいて涙がとまりませんでした。miw@さんがアークを思う心、本当に胸が痛いほどわかります。私もアークの視力が1日でも長く光がさすことを神様に祈っています。陰ながら応援しています。
Commented by yayoi at 2009-07-28 23:43 x
何とお見舞い申し上げていいか
言葉がみつかりませんが・・・あーく君と
miwaさんの強い精神力を信じて、これからも
心から応援しています。
miwaさんも身体大事にしてくださいね。。。。。
Commented by harunoyokihi06 at 2009-07-29 01:02
こんばんは。
miw@ちゃん・・・・・・・・。
どんな風にコメントしたらいいの?
(これが今の私の正直な気持ちです)
『目が見えなくてもいい。命は元気。
出来なくなったことや見えなくなったことを、悲観してはあーくに笑われる。
あーくが出来ることはたくさん残っている。
「できない」ではなく、「できる」ことを見つめ続ける。
あーくが私のそばにいてくれるだけで、私は幸せだから。
あーくはあーくだよ。』
こういえるmiw@ちゃんはすごい。
でも私も同じように思うかもしれないな。
あーくのこと祈っています。
Commented by Michy at 2009-07-29 02:27 x

あの日食の前日、そんなことになっていたんだ…
今は言葉がありません。
その夜、miw@さんとご主人がどんな気持ちで過ごしたかを思ったら…
明け方に眼圧が上がり、ヨロヨロと私の枕元に助けを求めに来た時のミッチーを思い出して、胸が苦しくなりました。
でも…文面からあーく君にこれ以上不安で苦しい思いをさせるのではなく、見えなくても穏やかに過ごせる道を選ぼうとする決心が伝わってきて、今は落ち着かれているんだなって感じました。
こんなに近くにいるのに…
同じ病気を抱えているのに…
何もしてあげられなくてゴメンネ。

ミッチーもきっといつかは通る道だって思います。
私もmiw@さんのようにきちんと現実を受け止められるかな??
でもね…ブログ友達のはなちゃん(緑内障が原因で両目とも
義眼)のお母さんは「こんなにたくさんのことが出来るんだ!」って
言っていました。
時間はかかっても、きっとあーく君の能力の高さにmiw@さんも驚かされる日が絶対来るね。
それに、今の視力を維持できる可能性もあるしね。
いつも、いつも応援しています。
そして素晴らしいmiw@家に拍手!
Commented by vicky1130 at 2009-07-29 06:59
久々にmiwaさんのブログがUPされ喜んだのもつかの間、
数日の間にいろんな事が起きていたなんて、正直、他の方々同様、
言葉が見つかりません。
私も愛犬と生活を共にする身、本当に他人事とは思えません。
昨日ブログを拝見してからずっと考えていましたが、私だったら・・・
やはりmiwaさんと同じ選択をすると思います。
辛い選択ですね。

文面以上に大変な事が今までもあっただろうに、いつでもmiwaさん
のブログには私が励まされています。
あーく君のこれからの未来、穏やかにそしてmiwaさんご夫婦と共に
幸せな日々が待っている事を願わずにはいられません。
Commented by k-dondong at 2009-07-29 07:24
miwaちゃん おはよう!
写真のあーくはとっても穏やかフェイス、
この先 目が見えなくなったとしても
だからこそ見えてくる世界もあーくにあるはず!
いつでもポジティブシンキング、
3枚目の写真のように
ヘトヘトになるほど散歩できる日もきっとくる。

暑いから 4回の排尿の世話にmiwa ちゃんが倒れないようにネ。
ファイティンだ!
Commented by riki-mama at 2009-07-29 10:23 x
おはようございます。ビックリしました!!!
辛いですね。何もしてやれない自分に腹が立ちますよね。
眼圧は今なんでもなくても、一瞬にして上がってしまう。
なんて病気なんでしょう!!予防注射は何十種類もあるのに
どうして緑内障はないの?苛立たしく思います。
リキが発症したときは、傍に近寄ることも許してくれず
食べ物はもちろん水さえも飲まなくなり、小刻みに
震えるばかり、誰かなんとかして~と叫びたくなりました。
そして2度の手術に耐え、今も戦っています。
miwaさんの選択は間違ってないと思いますよ。
私も延命手術は選ばないと思います。
あーくくんも、今はちょっと戸惑ってるけど
すぐ、立ち直って以前と同じような生活ができると
思いますよ。だって、わんこは強いんです。
miwaさんもあーくくんを思うばかりに、体をこわさないように
無理しないでくださいね。
私は何も出来ないかもしれませんが、頑張ってください。
いつも、応援しています。お大事にしてください。
Commented by ももりーな at 2009-07-29 15:45 x
能天気に「ブログ更新されてる♪」と喜んでいたんですが、途中からもう涙が止まりませんでした。
なんていう運命を用意してくれているんでしょう・・・。
でも、miwaさんとご主人の愛情をいっぱい受けて、体調は辛くてもあーく君は不安は減っているんでしょう。

あーく君の体調もですが、お二人も無理せずでもがんばってください。
画面のこちらから応援するしかできませんが、いつでも3人の無事を願っています。
Commented by peko-nanamama at 2009-07-29 17:42
7歳という年齢が微妙で手術に悩むところですね
でも私もきっとしないだろうな
犬にとって一番辛いのは飼い主から離れている時間だから
見えなくても近くで感じることができればきっと幸せだと思うわ
すべて揃っていても淋しい場合もあるし 見えなくたって幸せな場合もあるよ
Commented by miwappeA at 2009-07-29 19:13
☆tibukiさん☆ご無沙汰していました。お変わりはないですか?
優しいtibukiさん。泣かないで~私は泣いていないよ^^
あーくが大きくコンディションを崩した日から1週間がたちました。
あーくは強いです。残された五感が目の弱い部分を補おうと研ぎ澄まされてきているのを感じます。日々出来ることが増えてきて、お散歩も普段のコースを歩くようになってきたのよ。どこにもぶつからないんだから!
あーくは重い運命を背負って生まれてきてしまった子だけど、同時に我が家の一員になったことは最高に幸せな運命も持っていたと思っています。ありがとう。
Commented by miwappeA at 2009-07-29 19:46
☆yayoiさん☆ご無沙汰していました。お変わりはないですね!
一週間前・・・本当にあの時はダメだと思いました。
でも不思議と私、意外と冷静だったんです。
あーくが初めて緑内障を発症した時は泣いて泣いて・・・取り乱して・・・病変に気づかなかった自分を責め、絶対に失明はさせない!と自分を奮い立たせることでどうにか立っていられる状態でした。
もうそんな思いはしたくない。この数ヶ月間、例え明日あーくが失明しても悔いが残らないように・・・と毎日を過ごしてきました。多分、その日々が私の強さになっているのだと思います。
今、あーくは落ち着いています。今日のお散歩はたくさん歩いたよ!

Commented by miwappeA at 2009-07-29 20:04
☆momoオンマ☆ご無沙汰していました。
こうしてblogを再開した初日にオンマからコメントをいただいて・・・気にして見てくださっていたんですね!がっかりなお知らせでごめんなさい。
めんちょこは、ちょっと老眼になりました。以前と比べると近くが見えづらくなってしまったようです。でも薬が効いてきたのか?今の視力に慣れたのか?一週間前に比べると格段と歩くようになりました。
ぶつからないよ。今日なんて他のわんちゃんにケンカを売っていましたから・・・たくましいんだから!
私はそんなあーくからたくさんのことを教えてもらっています。
「見えなくてもいい!」なんて格好つけちゃったけど・・・例え針穴から覗くような小さな視野でも、一分でも長く見ていてもらいたい・・・です。

Commented by miwappeA at 2009-07-29 21:12
☆Michyさん☆blog閉鎖中もMichyさんのトコはお邪魔させていただいていました。私の日課ですから!
ミッチーちゃんはあーくとシンクロしてしまって、Midhyさんの楽しい文章と共にミッチーちゃんの変わりない様子を拝見できると私も元気が出ます。
今。手術を受けるかどうかの決断を迫られています。
ミッチーちゃんのように治療を理解できる子だったら・・・手術も考えました。あーくがお世話になっている病院はシャント術を得意としています。あーくの目は房水を排出する管が細いことから、この手術が適切なのですが・・・1週間の入院とその後の定期的な通院と処置が必要になります。超・超・外弁慶で検診もままならないあーくの性格では、それらをクリアするのは難しい問題です。
あの眼圧が急上昇した日も、湘南で静脈注射をしながら点眼薬をし眼圧を下げられる病院はあったのです。それも出来ませんでした。
まだ東京の先生には相談していないのですが、(近いうちに今の炎症が治まっているか再診に行きます。)私達は手術はしない方向でいます。
Commented by miwappeA at 2009-07-29 21:13
☆Michyさん2☆私達で出来ること。眼圧計で、日々眼圧が上がっていないかチェックすること・・・できるだけ早く眼圧の変化に気がついてあげること。これがあーくには最良だと考えました。
あーくは重い運命を背負って生まれてきました。でも同時に我が家の一員になったことは最高に幸せな運命も持っていたと思っています。
ミッチーちゃんもそうですよね!最高のパパ・ママがいる!
Michyさん。近いうちにお会いできたら嬉しいです。
Commented by chippe at 2009-07-29 23:36 x
ワタシもなんてお言葉をかけていいのか・・・。
miw@さんとご主人のガンバリがきっとあーくちゃんに届いているので一歩、一歩、前進のみです!miw@さんが言われている様に「できる!」ことまだまだたくさんありますもん!
ワタシも陰なから祈っています。
miw@さん、ファイトですよ・^^・。
Commented by itsuki19 at 2009-07-30 01:04
miwaさん。
大変だったんですね。仕事もあーくも・・・
頑張ってくださいね。
そうです、あーくはあーくだから。
となりにいてくれるだけでも大きな力になるんですもんね。^^
私も応援します~
あーく、頑張れ!!miwaさんも頑張れ!!
Commented by miwappeA at 2009-07-30 14:16
☆Vickyさん☆わんこを飼っているといろいろありますよね。
私も夫も小さい頃からずっと犬と一緒の生活をしていますが、犬に「緑内障」なんていう病気があるなんて知りませんでした。
そして柴犬は緑内障になりやすい犬種ということも・・・!
確かに病気を発症して以来は、生活に制約があるし、毎日の眼圧チェックは気が抜けないし、大変なことばっかり。
でも幸せボケってあるように、大変なことも積み重ねていくと大変ボケになって慣れてしまいました。
目は悪いけど、あーくはそれ以外元気イッパイです!
私のエネルギーの素、癒しの存在であることは、この先もずっと変わりないです^^
Commented by miwappeA at 2009-07-30 14:28
☆きみどんさん☆ご無沙汰していました!blogには遊びにいっていたのですが、読み逃げに徹していました。私こそきみどんさんの体調・・・一時心配したよ。
あーくって家地蔵・・・このコは家では本当にいいコなのに、動物病院にいくと豹変するんですわ。先生が自分では測れないので、眼圧計を貸し出すくらい(笑)東京の病院では有名犬です。
手術には1週間の入院が必要なんですが、「あーく君を管理しきれるかどうか・・・」と本音をいわれちまいました。
その言葉は別にしても、あーくにとって一番負担にならないことは「自然」。
もちろん。「目が見えなくてもいい」なんて格好つけちゃったけど、本当は眼圧計を使い倒す気満々です。
あーくはちょっと老眼になって近くが見えづらくなったようですが、元気イッパイ!私も元気です^^
Commented by miwappeA at 2009-07-30 14:40
☆riki-mamaさん☆あーくの眼圧が急上昇したのはこれが3回目です。前回は2度とも点眼薬ですぐ下がってくれたのですが、今回のは手ごわかったです・・・
すでに目は見えなくなっているし、痛みがあるのか目は閉じたままの状態でした。
以前の半分とはいえ、視力が回復したのは不幸中の幸いでした。
初めは急に見えなくなって戸惑っている様子でしたが、わんこって逞しいですね!家ではどこにもぶつからず歩いています。
手術・・・するのはあと1回と決めました。(まだ先生には話していませんが・・・)右目が完全に失明して、義眼を入れなくてはならない状態にまでなった時。
病院での治療を理解してくれる犬だったら、違う道(手術)も考えたと思いますが、あーくって非協力的なんです。
毎回、舌にチアノーゼが出るくらい暴れて、どこにそんな力があるのかと思うほどです。そんなあーくを見ていると、治療が虐待に思えて・・・あーくにとっては自然に任せるのが一番だと思いました。
もちろん。あきらめではないです!眼圧計が壊れるくらい長く使えますよう。
Commented by まこ at 2009-07-30 20:50 x
はじめまして。いつも見ていました。
毎日毎日症状が良くなるように願っています。
田舎の町から応援しています。
Commented by miwappeA at 2009-08-01 13:48
☆ももりーなさん☆あれから10日が経過して、あーくは落ち着きを取り戻しました。
眼圧も安定しているよ。
直後は視力が半分くらいになっちゃたかなぁと思いましたが、飲み薬が効いて炎症が収まってきたからか、はたまたこの視力に慣れてきたのか、感覚的には以前の60%くらいは見えているようです。
でも近くはダメですね。あーくはちょっと老眼になりました^^。
あーくは重い運命を背負って生まれてきました。でも同時に我が家の一員になったことは最高に幸せな運命も持っていたと思っています。これからもずっと、私の癒して紀存在であり、かわいいヤツに変わりません♪
Commented by miwappeA at 2009-08-01 14:04
☆ななままさん☆左眼の手術の時(4月)・そして今回点滴前の血液の検査で人間ドックさながらの全身の検査を受けましたが、あーくって眼以外はいたって健康体。手術に耐えるだけの体力はあります。
命がかかっていれば考える余地はありませんが、体は健康である以上、ななままさんの仰るとおり、一週間私達と離れることがあーくには一番の毒であると思います。多分、手術してもあーくは治療に協力しない。あーくにとって、病院の治療は虐待に匹敵するストレスを感じる場でしかありません。
でもね。あきらめではありません。
毎日、一日でも長く見えているよう願いを込めながら、眼圧を測っています。
ななままさん。ありがとうございます。
「見えなくたって幸せ」・・・自然でいることが一番幸せですよね。
Commented by miwappeA at 2009-08-01 14:14
☆chippeさん☆お久しぶりでした!
私がお休みしている間も、気にしてくださっていたのね。
いつもコメントを下さって本当にありがとう。
blog再開には楽しい話題から入りたかったよ・・・あーくのことびっくりしたでしょ?
今のあーくは落ち着いています。
半分くらいの視力と書きましたが、今はもうちょっと見えている感じがします。家ではぶつかることはないし、ベットの上などの段差も飛び乗るようになりました。お散歩も!最近ではよその犬にケンカも売っちゃうよ!食欲はあいかわらずモリモリ・・・^^
この病気の厳しいところは、いつかは必ず失明してしまうこと。
あーくの眼が明日見えなくなっても後悔しないように、毎日を過ごすようにしています。
「大変だね」って人からは言われるけど、渦中にいる私はそう「大変さ」は感じていません。幸せボケってあるように大変も慣れるものです!だから平気だよ。ありがとう。
Commented by miwappeA at 2009-08-01 14:26
☆itukiさん☆ちっちゃな虫を怖がったり、雷が鳴るとぴったり私に寄り添ってくる意気地なしのあーくだけど、この病気には我慢強いです。
一時眼が全く見えなくなった時、私から一番離れた場所でじっと動かなかった。眼圧が急上昇して痛みがあるはずなのに、あーくは隠そうとするの。まるで私達に心配掛けまいとしているかのように。
もしかしたら、経験上、こういう症状が起きたら大嫌いな病院に連れて行かれることが分かっているから必死で隠しているのかもしれませんが・・・(笑)
今の眼圧は落ち着いています。あの眼圧が急上昇した直後よりも、もうちょっと見えるようになったような気がします。
そして~バロメーターである食欲は、いつも目盛を振り切っています!


Commented by miwappeA at 2009-08-01 14:33
☆まこさん☆はじめまして。コメントありがとうございます。
あーくの飼い主のmiw@と申します。
田舎ですか?
いやいや湘南も負けていませんよ。
海の近くは華やかですが、一歩入るとのどかな里山風景が広がり牛や馬がいます。
いつもあーくのために祈ってくださっているなんて・・・
ありがとう。励みになります。あーく共々がんばりますよ!