からだにやさしい韓国料理教室~冬コース②

e0005411_6572994.jpg
月1回のお楽しみ。
からだにやさしい韓国伝統料理人・「なすんじゃ先生の韓国料理教室」
私が姉と慕う「麿ママ」と一緒に通いだしてから、お楽しみも2倍に増えました。
今月の韓国料理教室はインフル発症前でした。
2月も終盤戦。
1月「行く」2月「逃げる」3月「去る」とはよく言ったもの。
それにしても時間が流れるのが早すぎない?
韓国料理教室に通い始めてから早4年。
開設当初から通っている私はいつの間にか、ベテラン生徒の域に達しました。

本日のメニュー。
・水菜のナムル
・レンコンのジョン
・タットリタン

『水菜のナムル』
e0005411_6574224.jpg
e0005411_6575247.jpg
水菜は熱湯でさっと湯がき、水気をぎゅっと絞ります。
醤油・ゴマ油・にんにく・しょうが・胡椒・粉唐辛子・いりごまで和えたら出来上がり。
なんて簡単なんでしょう。


e0005411_658747.jpg
ほとんどの葉物はナムルになりますし、この味付けでOK!です。
野菜本来の淡い味を損なわないように薄味に仕上げるのがポイント。
素材の持ち味や食感を最大限に生かします。
先生のおススメのナムル野菜は、滋賀県の伝統野菜である日野菜。
ほぉ~日野菜ですか。そういえば元々は「水菜」も京野菜です。
しかし、京の水菜は関東で出回っているものよりも、太くて大きいそうです。
京都出身の先生は京のおばんざいにも精通しており、野菜マイスターのようです。

『レンコンのジョン』
e0005411_6581723.jpg
レンコンは軽くゆで、薄く小麦粉をつけます。
小麦粉を半量の水で溶き、醤油とごま油を入れた衣をつけて、
焦がさないようにじっくり焼き上げたら、出来上がり。
e0005411_6583142.jpg
こちらも、レシピはと~っても簡単なのですが、さすが宮廷料理。
見た目が勝負です。
「レンコンの穴が衣に埋まらないように焼き上げてください。」との注意が!
「はい?はい・・・。」
まっ。家で作るときは大ざっぱのケンチャナ~で。


酢醤油でいただきます。
衣が薄いので、レンコンのサクサクが生きています。


『タットリタン(닭도리탕)』
e0005411_6583893.jpg
鶏を使った韓国版「肉じゃが」といったところでしょうか。家庭料理です。

e0005411_6585886.jpg「タク」(닭)は韓国語で鶏。
「トリ」(도리)は日本語の「鳥」。
「タン」(탕)はスープ。
韓国語と日本語がちゃんぽんされた珍しい料理名です。

タットリタンは私がよく作る韓国料理のひとつ。
使う調味料は(コチュジャン・粉唐辛子・醤油・ゴマ油・酒・しょうが・にんにく・胡椒)先生とほぼ同じ。
私は調味料に砂糖を入れるところが若干違う。

先生のレシピと大きく違うこと。
私は長ネギの青い部分は使いません。
スープや塊肉など煮込む時の臭み消しにネギの青い部分は入れるだけで、
普段はなんとな~く、捨ててます。
捨てますよね?

先生が初めて、
東日本の人間は、ネギの青い部分は捨てるという事実を知った時の衝撃は相当だったらしい。
私も初めのころ、ネギの青い部分まで切っている先生にびっくりしたもんだ。
「どこまで切るの~!?」って。
今は慣れましたけどね。
関東で主流のネギは根深(軟白)ネギといって、青い部分まで柔らかい関西のネギとは種類が違います。
「関東は白、関西は緑 」を食べるといったご当地ネギの違い。
ちっちゃな「ケンミンショー」です。
e0005411_659584.jpg
恒例。今日のなすんじゃ先生。
タットリタンの盛り付け一つをとっても、先生は真剣です!!

**告知で~す!**

私が通っている横浜の「なすんじゃ先生の韓国料理教室」は、
随時生徒さんを募集しております。
月に1回の3ケ月で1コースですが、1回ぽっきりの単発や体験入学も可能です。
老若男女を問わず、少人数のアットホームな雰囲気で~す。
先生のお教室は、京都・大阪・広島・東京・千葉にもありますよっ。

横浜の教室にご興味のある方は→詳細はこちらの「いきいき倶楽部」まで。
                                                        TEL/FAX 045-314-3730

電話でのお問い合わせの際。
「miw@さんのblogを見た!」と仰っていただければ話が早いかも!
[PR]
by miwappeA | 2012-02-23 13:38 | +韓国料理教室 | Comments(7)
Commented by Michy at 2012-02-23 21:51 x
おっ、一瞬ボルシチかと思った!
韓国の肉じゃがも美味しそうですね。
葱の青い部分、関東の葱でも食べられるのかなぁ?
切るとヌルヌルした液が沢山出てくるじゃん(お義母さんのは)。
あれをお料理に入れるのはちょっと気が引ける。
京都のお葱はもう少し細くてこっちで言う薬味の葱の少し太い感じ
だよね。
去年までお義母さんは水菜じゃなくて京菜を作っていました。
水菜より確かにしっかりした感じ。漬物にはいいけど、私は
サラダにしても食べられる水菜の方が好きかも。
野菜の美味しさをしっかり味わえるなすんじゃ先生のお料理は
素敵ですね。
あはは。先生の広報担当になりつつあるね♪
Commented by たろー母 at 2012-02-24 06:14 x
miw@さんおはようございます。
Michyさんではありませんがたろー母も「タットリタン」を
一瞬ボルシチかと思いました。
お野菜が大好きなmiw@さんにとって嬉しいレシピですね!
miw@さんが言われるようになすんじゃ先生のお料理は
素材を生かすシンプルな味付けで・・・身体に良さそうと
一目でわかります。
水曜日のお稽古に見えた方にイカのコチュジャン和えを作り
出したところ大絶賛を頂きました。
miw@さんのお陰でたろー母のレシピも増えました。
今度は水菜を真似っこしてみます。
それにしても毎回同じセリフですがmiw@さんの撮られる
お料理は素晴らしいですね!
なすんじゃ先生の広報担当と言うか秘書のようなmiw@さん
きっとその効果現れる事でしょう。。。
Commented by 健斗の母 at 2012-02-24 11:07 x
miw@さん、昨日はね、FC2ブログ不調だったのよぉ(泣)
不正だなんて失礼ぶっこいてごめんね~。
今日のお料理教室は、私にも出来そうな気がする!
水菜のナムル、きっと大好きだと思う!
レンコンのジョンも、穴が詰まっちゃうとは思うけれど、
作ってみるぞ-!レンコン、大好き!
茨城はレンコン生産日本一だと思うぞ。ぐふ
あれれ~?青い部分使わない??
私は元気そうな部分は使っちゃうなぁ。
お味噌汁とか、豚肉と煮ておにぎりの具にしたりとか。
青い部分も大好きだぁ^^
Commented by miwappeA at 2012-02-24 11:55
☆Michyさん☆あのね。タットリタンは最後に「えごまの葉」を散らすのですが、
時期的に手に入らなかったらしい。
割愛してしまったので、ホント!見た目は「ボルシチ」みたいですね。
おっ。Michyさんも青い部分は使いませんか!
そうなの~採れたての畑のネギって青い部分を切ると、どろっ~とした臭い液体が出てきますよね。
自分の畑のネギはまぁ。愛着があるので、
熱を通すときは使う場合もありますが、市販のネギは捨てる方が多いです。
水菜は生でも食べられるクセがない葉物ですよね。
春菊が苦手な私は鍋には全て水菜を使います。
blogに掲載する許可を貰って以来、先生も私のblogを見てくださっているようで・・・。
告知で少しでもお力添えができればいいなぁ。
Commented by fukuesh9919791 at 2012-02-24 23:40
こんばんは♪
最近長らく読み逃げ常習でやんした^^

私ね~いつもなすんじゃ先生のお料理を見たら自分の韓国料理が
恥ずかしく感じる時多いんだ。
自分の韓国料理はなんてゴチャゴチャしててこだわりに欠けているんだろうって~。
ごま油も大好きだきだからガンガン入れちゃうしね^^;
実は去年初めて大阪のみゆき通り商店街っていうコリアンタウンに
行った時になすんじゃ先生のお教室がそこで開催されてるのを知ったの。
息子を保育園に預けるようになったら行ってみたいな~。来年以降だけどね。
miw@さんがここで紹介してから本も拝見しましたよ。
素材を大切に作る韓国料理のいい勉強になりました。

インフル、また別の型もなるらしいから気をつけてね。
気合とにんにくパワーで吹っ切れ~ないか。。。
Commented by miton.a at 2012-02-26 19:47 x
お誕生日にコメントありがとうございました!!
と~~~っても嬉しかったです♪

この、れんこんのお料理、私でも作れそう♪
今度やってみます(^^)
Commented by yayoi at 2012-02-26 23:45 x
こんばんは~!
長いことご無沙汰しています。

時折お邪魔してましたがわたしも読み逃げばかりで
ごめんなさい。

↓久しぶりにチョラニ王様を拝見してコメントしなくちゃ
って出て来ちゃいました。
おりこうさんのあーく君はもちろんですが、チョラニ王様にも
是非会ってみたいです。 王様の風格かわい過ぎです。

michyちゃんもkanta君も頑張ったね~かわいい~!

↑韓国料理教室・・・沢山あってお近くの方が羨ましいです。
 どんどん上達されてますね~☆

またあーく君に会いに来ます。。。