「ほっ」と。キャンペーン

あーく。その後。

e0005411_14413613.jpg

柴犬あーく君。疲れて爆睡しております。
昨日、「コチラ」で検査してきました。
東京の動物専門眼科の診療所で経過治療を行なえれば一番いいのですが、遠すぎて通いは無理ということで、「何かあったら・・・ここに連れて行きなさい。」と、日大の動物病院を紹介していただいていました。
何か・・・あれからあーくの状態は全く変らず、左目の結膜(白目)は充血し、夜になると痛いのかやっぱり閉じてしまう。もうじき2ヶ月。何かあったら・・・何かあってからじゃ遅い。
今のところ大丈夫だといわれてたが、一番怖いのは「緑内障」。
あーくの症状は緑内障の症状に似ている。
犬の緑内障は進行が早く、一晩で失明するそうだ。
予約をとった。検査には3時間もかかるとのこと。
結果が出る昼頃にまた病院に来てください。といわれたが、別れ際に見せたあーくの不安そうなマナザシ。病院のスタッフに抱かれ、私に救いを求めるあーくの悲しそうな顔が頭から離れない。
家に帰っても何もできそうにないので、夕ごはんの買い物をして時間を潰す。
お昼ごはんを済ませてから病院に戻ろうと思ったが、この食欲の塊の私が!胸いっぱいで食事がノドを通らなかった。自分でも信じられない。

病院に戻った時、辛い宣告をされたのか涙ぐむ家族とすれ違った。
私の不安はピークに達した。胃が痛くなって、昼ごはんの変りに胃薬を飲んで結果を待った。

ご心配していただいた皆様。あーくは大丈夫です。
原因がようやく分かりました。
前回の検査では出なかった炎症反応がでたのです。
健康な眼球の中の水は循環し澄んでいるのですが、あーくの眼球には不純物や老廃物が混ざっていました。眼の中で(なんらかが原因で)炎症をおこしているために、上手く循環・濾過できないそうです。
血液検査・レントゲン・尿検査・心電図・血圧・超音波・・・全身を調べた結果のあーくは健康体そのもの。
眼の炎症は良性のもので、他の病気から生じる症状でもありませんでした。
非ステロイド系の消炎剤と点眼薬を処方されました。
これで治るよ!あーく。検査、頑張ったね~。
先生の話を聞き終わった待合室で、緊張の糸がプッツリ切れた。
あーくの頭をなでながら泣いていたのは私です。

この夜は、あーくのご褒美にと夫が豚のスペアリブをお土産に買ってきた。
さながら、誕生日会のような豪勢な食事。あーくは大喜びで頬張っていました。

さて気になるのは、お会計ですか?・・・ずばり、30,060円です。
今回の眼騒動で、トータルの検査料は約8万!(韓国に行かれるじゃん!)
これから死に物狂いで働きます。


ということで、しばらくコメント蘭をクローズさせていただきます。
更新もスローペースになります。
仕事が落ち着きましたら、また皆様のところにも遊びに行きますね。
[PR]