秋田からの便り

e0005411_10303642.jpg私が秋田の「オンマ」と慕うmomoさんから産直便が届きました。
秋田といえば「ハタハタ」。今年は豊漁だとか。
ついこの間の夕方のニュースで、八峰町の八森漁港というところで画面いっぱいにピカピカ光る水揚げ映像を見たばかり。キャスターが食べていた郷土料理「ハタハタ鮨」にごくりと唾を飲み込んだばかり。
ハタハタさ~ん。ようこそ湘南へ♪
オンマが丁寧に下ごしらえした三五八漬けのハタハタ。三五八?
恥ずかしながら調べました。
原料の三(塩)・五(米麹)・八(米)の配合がそのまま名前になった昔ながらの漬物で、魚介や肉・野菜などなんでも漬けられるそう。
さっと水洗いして焼く。
魚なんていつもは何かしながらの片手間で焼くのに、この日は最初っから最後までずっとハタハタにつきそった。
絶対に焦がしてはなりませぬ。

麹の甘みが香り、骨離れがよく思いのほか弾力のある身。上品な脂。
私が今まで食べていたスーパーのハタハタはハタハタという名のニセモノであった。

e0005411_1031569.jpge0005411_10311860.jpg

ハタハタはぶりこ入り~口の中でプチプチはじける。
オンマお手製の「いぶりがっこ」の昆布漬け。上手だなぁ。ビールがすすむよ。
美味しいものを食べている時って一番幸せ。心づくしの味に心もあったまる。
オンマ。ありがとう。ご馳走様でした。

秋田の味覚とコラボしたのは、私の得意料理「순두부찌개(スンドゥブチゲ)」
アサリとアミの塩辛が味の決め手。「おぼろ豆腐の鍋」。
e0005411_1032210.jpg
↑朝ごはんは、ご飯をいれてクッパに。仕上げに韓国ノリをパラリ。
お決まりのパターン。



e0005411_10331975.jpg
退屈なのかい?
[PR]
by miwappeA | 2008-12-17 11:46 | +ごはん