冬至の一日

e0005411_16373776.jpg12月に入って初めて夫と休日が重なった。
この日は冬至。一年で一番夜が長く昼が短い日。
日本ではこの日にかぼちゃを食べてゆず湯に入ると風邪をひかないと言われてますが、韓国では「팥죽(パッチュク)・小豆粥」を食べる習慣がある。
小豆の赤には邪気を払うと考えられていて、昔は粥を食べるだけでなく、玄関や壁に巻いたそうだ。
悪い気を払って新しい年を迎えたい意味をこめて。
ちょっと考えれば分かることだけど、そんなドロドロの粥を巻いたら当然、後片付けが大変なわけで・・・現在ではすたれているらしい。食べるのみ。だよね。
昨日の夜のウチにゆでて裏ごしした小豆と米で丁寧に粥を炊いた。
朝食作りに時間をかけて、ゆったり食事をするのはひさしぶり。

味は、甘くないお汁粉である。白玉団子が入り塩で味を整える。
手間がかかる割にはすごい美味い!!ってもんじゃないけど、まぁ縁起物ですから。

e0005411_16375535.jpge0005411_16385148.jpg
つけ合せには、さつまいもの전(ジョン)卵の付け焼き&自家製割り干し大根のキムチ。
あーく君、あなたも食べなさい。病気になると高いんだから!

朝食後は片付けと掃除。リビングと廊下にワックスをかけて、お昼ごはんには歩いていかれる近所の「長崎ちゃんぽん」でちゃんぽんを食べて、精米機とカメラの三脚を買いに行って、スタットレスタイヤに交換&洗車に行って・・・
あららら、もう夕方だよ。

134号線沿いの「辻堂海浜公園」でクリスマスイルミネーション&ライトアップやっていると噂を聞いて、あーくの散歩がてら行ってみた。
e0005411_16395897.jpg
e0005411_16401953.jpg

あっという間の休日でした。
[PR]