カテゴリ:+韓国( 271 )

e0005411_1314472.jpg
日本シリーズ。
巨人が日本ハムを4勝2敗で制し、
3年ぶり22度目の日本一を決めました。
野球に全く興味のない私はとっとと休んでおりましたが、
歓喜の瞬間。寝室まで夫の雄たけびが聞こえて、巨人が勝ったんだなぁ~と分かった。
夫は祝宴の恒例「ビールかけ」を見届け、遅くまで祝杯をあげ、
勝利の喜びに酔いしれておりました。
朝起きたら酒が残っておったぞ。臭えぇ。
今朝は今朝で夫はコンビニでスポーツ紙を購入し、
結果を伝える朝の情報番組をラリーし、余韻に浸っておった。

やりやれ。これで、好きな番組が見れる。

さて。
「韓流生活」と銘打っておりますが、最近の当blogはわんこが走っております。
韓国色が薄くなりつつあるものの、食生活は日韓ちゃんぽん。
写真は撮ったのに~。
更新の機を逃し、お蔵入り寸前だった韓食のおまけ更新です。

冒頭の写真は得意の「순두부찌개(スンドゥブチゲ)」おぼろ豆腐のチゲ。
すっかり市民権を得て、説明はいりませんね。

e0005411_1321116.jpg
■버섯전골(ポソッジョンゴル)
韓国料理の師匠・「なすんじゃ先生」のレシピより。
秋の味覚・きのこの鍋です。
たくさんのきのこを放射線状に盛り付け、
真ん中に塩胡椒で下味を漬けた牛肉とほたての貝柱。
味付けは昆布出汁の醤油・にんにく少々で、辛くない鍋です。
〆はカルグクス(うどん)でいただくのが、美味い。
e0005411_132996.jpg
■고등어조림(コドンオジョリム)・サバ煮
こちらも旬を迎えたサバを使って。
大根をいれることもありますが、この日はシンプルに。
韓国版のサバの味噌煮。コチュジャンベースで甘辛く仕上げ、ごはんがすすむ味。
e0005411_1323223.jpg
■계란찜(ケランチム)韓国風茶碗蒸し。
ケランは卵、チムは蒸すという意味ですが、
日本の茶碗蒸しとは違い蒸しません。
溶き卵とだし汁、アミの塩辛(みじんぎりした野菜も入れたりする)を混ぜた卵液を、
土鍋(トッペギ)に入れて直火にかけます。
周りがフツフツしてきたら、固まり始めるまで猛烈な勢いでかき混ぜるのがコツ。
スフレのようなフワフワの食感ですが、冷めるとみるみる縮んでしまうのが悲しい。
e0005411_1322678.jpg
■보쌈(ボッサム)茹で豚
茹でた豚を色々な葉野菜に包んで食べます。
この日の葉野菜は畑で収穫した(麿ママ寄贈)サニーレタス。
豚肉とキムチとの相性は抜群です。
e0005411_1325182.jpg
いただきま~す!

以上。週末のおまけ更新でした。
残り少ない休日。皆様もよい時間をお過ごしください。
[PR]
by miwappeA | 2012-11-04 13:51 | +韓国
e0005411_7204432.jpg
水冷麺「물냉면(ムルネンミョン)」

仲良しのblogのお友達のあちこちの家で見かけて、
思いっきり食べたくなってお昼ごはんに作りました。
e0005411_7205696.jpg
冷麺のコツは茹でた後、水が澄むまで冷水で揉み洗うこと。
盛り付けは高く立体的にトッピングを積み上げると、美しい。
具は、下から梨・茹でた肉(味付けしたない焼き豚で代用)・大根の酢漬け・きゅうり・ゆで卵。
キムチはお好みで後のせです。
写真を撮るので「余所行き用」に盛り付けましたが、
普段着の水冷麺はスープ多目で、盛り付けもトッ散らかってます。ははっ。
e0005411_7213690.jpg
これは、ソウルで一番美味しいといわれる人気の冷麺専門店の「水冷麺」。
冷麺しかない老舗。座れば黙ってても冷麺が出てくる。
私が表現するところの「雑巾色の細麺」の王道は、自家製の手打ち麺でめっちゃ美味い。
他店と一線を画す別格の味。

で。この大雑把な盛り付けも好き。
e0005411_7233961.jpg
今日はこれから東京ドームに行きます。
新聞屋さんに貰ったデーゲームのチケット。
野球観戦は全く興味がないのですが、夫がジャイアンツ大好き。
「あそこ」に行くという交換条件で付いていきます。

「あそこ」・・・皆さんはもうお分かりですね♪

あーくはお留守番。お散歩の時間までには帰ってくるね♪
行ってきます!

今日はコメント欄を閉じま~す。
[PR]
by miwappeA | 2012-08-19 07:23 | +韓国
e0005411_13355188.jpg
絶好の行楽日和の湘南地方。
突発的な仕事は無事終わりました。休めてます。
電話帳ほどの厚さがある資料のリスト化を頼まれたときは、クラクラしちゃいましたけどね。

週末は畑に行ったり~買い物に行ったり~お散歩に行ったり~と、
あーくとのんびり過ごしています。

ふと気がつくと・・・。
ここ数週間で作った韓国料理が日の目を浴びてない!
このままお蔵入りするにはもったいないので、
「週末のおまけ」として一気に更新いたします。

まずは、북어국(プゴクッ)干し鱈のスープです。
一時、美肌のスープとして注目を浴びたやつ。
二日酔いの特効薬でもあります。
我が家は緊急事態に備えて、「干し鱈」を冷凍庫に常備しております。

e0005411_1335362.jpg

ズッキーニの전(ジョン)。
今年はMyふぁ~むでも育てています。
そうそう。はやぶさ(韓国かぼちゃ)も順調に芽がでました。
e0005411_13362664.jpg
육개장(ユッケジャン)
焼肉屋さんでおなじみの辛い赤いスープ。
本来は牛肉で作りますが、我が家は鶏の胸肉で作ります。
ごはんを入れてクッパにするのがお楽しみ。

e0005411_13364448.jpg
육회(ユッケ)
生肉の食用が禁止されました。美味しいんですけどね。
元々~スーパーでの肉の鮮度が心配だった私は、マグロの剥き身で作ってました。
食中毒の騒動があって、初めて生食の牛肉は存在しないことをしったさ。
韓国のりを巻いていただきます。
これはこれで、美味いよ。

e0005411_1336242.jpg
잡채(チャプチェ)野菜と韓国春雨の和え物です。
材料を一つ一つ味付けして最後に和えるという七面倒な調理法なので、
時間があるときしか作らない。
毎年実のならなっかたMyふぁ~むの「絹さや」が、今年はどうにか食べれるほど生りました。
野菜は「絹さや」メインのチャプチェです。

さて。お休みも残りわずか。
皆さんもよい休日をお過ごしください。おまけ更新でした!
[PR]
by miwappeA | 2012-05-27 14:06 | +韓国
e0005411_8201680.jpg
土曜日の晩ごはん。

自称スンドゥブ大使のスンドゥブチゲ(순두부찌개)。
唐辛子を使わない白いバージョンです。
粉唐辛子が入らないだけで、作り方は「赤」と一緒。
透明なスープに仕上がるよう「白醤油」で味付けしています。
あさりから出る海鮮のストーレートな出汁が、大豆本来の豆腐の味を引き立てます。
色は白いですが侮るなかれ、青唐辛子が仕込んであるのでピリ辛よ。
e0005411_8203063.jpg
こちらはプルダック(불닭)
日本語に訳すと「炎の鶏」」という名が体をあらわすように、辛い!
蒸した鶏肉を激辛ヤンニョンジャンとからめ、直火で焼きます。
辛いけど~鶏肉のジューシーな甘味と相まって、後引く味はビールがススム君。
e0005411_8204619.jpg
チゲの後のお楽しみは국밥(クッパ)。
朝からもりもり。
日本の雑炊とは違うところは、ごはんと一緒に煮込まないところ。
かといって日本でいうとこの「猫まんま」ではない。
ごはんにスープをかけるのは、韓国では「はしたない」とされておりタブーです。
あくまで、スープにごはんを入れたものがクッパ。
e0005411_8205444.jpg
あーく。
相変わらず目の周りはパンダだけど、痒みは治まってきました。

見て!見て♪
先日のGFC(Glaucoma Dogs Friend Circle)OFF会でご一緒した、
東京支部のwakameさん(Blogはされておりません)から、
カラーをとめる「リボン」をプレゼントしていただきました。
ストライプの爽やかな色がかわいいでしょ♪
wakameさんはカラーを調節する病院のガーゼ紐が嫌で、
愛犬の「ふじちゃん」の義眼の手術後は、リボンを変えてお洒落を楽しんでいたんですって!
私にはその発想は微塵もなかった・・・。

不自由なエリカラ生活。
装着するのがかわいそうだったけど、
wakameさんのおかげで気持ちが楽になりました。

さて。今日は夫もお休みです。
あーくを連れて近くのバラ園でも行ってみようかな。

皆さんもよい休日をお過ごしください♪
[PR]
by miwappeA | 2012-05-20 08:50 | +韓国
e0005411_658303.jpg
たろっち母様からのご好意でいただいた極上の牛テール。
「꼬리곰탕(コリコムタン)」が仕上がりました。

韓国語で「꼬리(コリ)」とは、「(牛に限らず)尻尾」の意味です。

結局~2日に分けてトータルで6時間ほど煮込みました。
食卓に上る前の仕上げの加熱でお酒を少々いれ、スープを濾したら完成。

e0005411_6593419.jpg
お玉で慎重に掬わないと、
身がホロリと骨から外れテールが崩れるほど、トロトロフルフル~に仕上がりました。
味付けは一切してませんので、食卓でテールに好みの塩・胡椒で味付けしていただきます。

꼬리곰탕(コリコムタン)の付け合せのキムチは、カクテキ(大根のキムチ)です。
でも私ったら、ミステイク!
スープに情熱を注いでしまって、キムチを用意するのをすっかり忘れていた。
こういう時に限って、冷蔵庫に在庫は全くなし!
夕飯間際に慌てて作りました。
漬けこむ時間がなかったので、小さくカットした浅漬けのカクテキとオイキムチ。

白菜のキムチも急きょ調達。
イケメンシェフおススメ印というキムチを買ってみたのですが・・・。

なんじゃこの甘ったるいベトベトした白菜は!?
品のない味に、わなわなしちゃったよ。
これは、キムチじゃないねぇ。

不本意なキムチのため写真はぼんやり。自己規制です。

e0005411_705956.jpg
昨日はお休み。
湘南地方。午後から「雷・突風・雷」と大荒れになる予報でした。
午前中に家事や用は済ませて、嵐が過ぎるのまでじっとしてました。

お昼頃から雷が鳴り始め・・・ですが、大した降りではなかった。
雷鳴もそれほどでしたが、びびってブルブル震えるあーくを励ましながら作っていたもの。

「トマトとささみと生ハムのハートフルサラダ」

極上のスープに添えるにふさわしいサラダでしょ。
トマトのハートと生ハムの薔薇ですよ!

昨日の朝の折り込み広告に入っていた「キューピー」の新発売のドレッシングレシピぱくり。
レシピが気になる方は→こちら。

愛は食卓にある。

あ~あ。手の込んだサラダを作る間にキムチが作れたのに~バカじゃ。

さて。
この日は夫も早く帰ってきてくれた。
うふ♪実食。
e0005411_6594872.jpg
もう~言わずもがな。
食べる前から美味しいって分かっていたもの。
フルフルととろける食感に舌鼓を打ち、満ち足りた晩ごはん。
あーくもおこぼれを貰おうと、何時もより必死にフィーバーしてました。

e0005411_723515.jpg
そして、翌朝ごはん(今日)です。

ほぐしたテールの肉と長ネギをいれ、醤油・塩・胡椒で味を調え最後に溶き卵を流しいれます。
ごはんの上にスープを盛ったら(煮込みません)~極上の국밥(クッパ)!
牛一匹分の尻尾・スープの一滴まで余すことなく食しました。

母様。本当にご馳走様でした!
miw@家の食歴に残る珠玉のテールでした。
e0005411_704870.jpg
これはMichyさんからいただいた『フランス菓子 葦(asi)』の「湘南チーズパイ」。

「葦」は湘南地域に展開する洋菓子店の老舗です。
このパイは確か・・・バレンタインのお返しか何かでいただいたのよね。
おいおい。いつの話じゃ!?
日持ちがする焼き菓子だったので大事にとっておいたのです。ははっ。
昨日のオヤツにいただきました。
カリッとサクッと軽い食感とほのかな甘味がタイプ♪の味。
焼いたチーズを食べているみたい!
後引く味に「止まらないやめられない」で、一気に半分ぐらい食べてしまった。

e0005411_711692.jpg
さあ。週末ですね。

明日は楽しいお出かけ予定があるので、あーくを前倒しでシャンプーしました。
が・・・分かるかなぁ。
換毛期のカイカイのハシリで、右目の周りの毛が抜けてしまったの。
とくに瞼が酷い・・・。ちっ!よりによって可愛い(←余計)顔だぜ。

毛並みがベストコンデションでないのが残念だ!

皆さんもよい週末を!
[PR]
e0005411_6542441.jpg
休日のお昼ごはんは夫のリクエスト。
짜장면(チャジャンミョン)チャジャン麺。

韓国で最もポピュラーな韓国式中華料理です。
その人気と定着度は日本でいうところの「ラーメン」ってところかな。
記念日好きな韓国では4月14日をブラックデー(블랙데이)とし、
バレンタインやホワイトデーに縁のなかった者たちが黒い服をきて黒いチャジャン麺を食らう日。
なんてのもあります。
ひき肉ベースの日本のジャジャン麺とは似て非なるもの。

e0005411_6543219.jpge0005411_6544443.jpg
チャジャン麺の味の要はチュンジャン(黒味噌)。
う~ん。味の例えに悩むところですが、名古屋の八丁味噌に近い。
チュンジャンさえ手に入れば、作り方はカレーににてとても簡単。
豚肉・にんじん・じゃがいも・玉ねぎ・きゃべつなどを小さく角切り。
にんにくとしょうがのすりおろしをチュンジャンと炒め、野菜を煮込み、
水溶き片栗粉でとろみをつけたらできあがり。
イカ・海老・タコなど海鮮を使うバージョンもあります。
麺はお好みですが、稲庭系の細麺があう。

味は・・・。
白黒はっきりした韓国人が好むとは到底思えない中途半端な味です。
全く辛くありません。
シチューのような・・・ハヤシライスのような・・・。
どす黒い麺をすすると、口のまわりは「カールおじさん」になります。

e0005411_6545932.jpg
こちらは朝ごはん。
콩나물국밥(コンナムルクッパ)豆もやしのスープごはん。
ちょっと前に作り置きしたスンドゥブチゲのスープをベースに、
豆もやしのナムルをアレンジして簡単に作りました。
豆もやしは二日酔いにはもってこいなんだよ!
えへっ。
週末は飲みすぎました。

e0005411_6551421.jpg
週末はお天気がいまいちだったので、超久しぶりに終日読書にふけりました。
本を読んだのはどれくらいぶりだろう。
本を読むのは好きなんですが、一気に読破しないと気がすまないタイプ。
1冊の本を何日もかけて読むってことができない集中型。
なので、読書にもってこいの通勤電車では、行きは新聞を読み、帰りは寝てます。

2日間。
韓国の本とか小説とかお料理の本とか漫画とかも読破し、
この週末の運動といえば、あーくの洗濯くらいでした。

明日の春分の日はお天気はまずます?
お墓参りの後は、あーくと春の散策でもしましょうかね。
[PR]
e0005411_664259.jpg
思い起こせば・・・。

blogを始めた当初の柱は「韓流」だったのに、
あーくの緑内障発症を境に、すっかり「犬ブロ」になっている当blog。
「湘南発☆わんわん生活」とタイトルを変更した方がいいかしらん。
しか~し。
「韓流生活」と銘打っている限り、あくまで柱は「韓国」のつもりです。
紹介するタイミングがあわず、あわやお蔵入り寸前だった韓食をずらずらと。

■콩비지찌개(コンビジチゲ)おから鍋

私がスンドゥブチゲの次に愛する韓国の鍋。
自称スンドゥブ大使(私)が市民権を得るべく、次のターゲットとしている鍋です。
めっちゃ。旨い。
本来は水煮した大豆をミキサーにかけた呉汁で作りますが、面倒なので割愛。
豆腐屋さんで絞りたてのおからを頂き(無料)、足りないコクは豆乳を加えました。
絹豆腐をミキサーでペースト状にしてつくることもある。
豚肉と酸っぱくなったキムチを炒め、
予め用意した昆布だしと呉汁、長ネギを入れ、醤油・アミの塩辛・胡椒で味を調えたらできあがり。
女性の味方イソフラボンがたっぷり入った、とってもまろやかで健康的なチゲです。

e0005411_665166.jpg
■오징어볶음(オジンオポックム)イカの炒め物

結婚してから夫に指摘され気が付いたことですが、私は「イカ好き」らしい。
好きもあるけど、安いじゃん。
イカはさばいて輪切りにし、具材は長ネギ・玉ねぎ・人参。
ゴマ油で具材を炒め、ヤンニョンジャン(コチュジャン・粉唐辛子・醤油・砂糖(水あめ)・しょうがとにんにくのすりおろし)で味を調えたらできあがり。

e0005411_67828.jpg
■갈치조림(カルチジョリム)太刀魚の煮物

韓国で太刀魚は、日本でいうとこで鮪並みの立ち位置にあるポピュラーな魚です。
大根の上に太刀魚を並べ、ヤンニョンジャン(コチュジャン・酒・醤油・砂糖・粉唐辛子・にんにくのすりおろし・しょうがのすりおろし・ごま油・胡椒)をかけ、蓋をして煮込んだらできあがり。

e0005411_671399.jpg
■닭갈비(タッカルビ)鶏肉と野菜の炒め物

韓流ブームの火付け役「冬ソナ」のドラマの舞台になった「春川(チュンチョン)」の名物料理。
どうして作ったかというと、Myふぁ~むのさつま芋を消費したかった。
覚えているでしょうか?
昨年、Myふぁ~むの芋は葉ばかりが生茂げ、芋に栄養がいかなかっという~
大失敗に終わったあれ。
じゃがいもよりも小さい芋・・・記憶から消去してしまいたかった。
材料は鶏もも肉・キャベツ・人参・玉ねぎ・さつま芋。
鶏もも肉をヤンニョンジャン(コチュジャン・トウガラシ粉・醤油・砂糖・酒・みりん・しょうがとにんにくのみじん切り・胡椒)に30分くらい漬け込む。
肉と野菜を炒めたらできあがり。

ある程度食べすすめたら、
ご飯・キムチ・韓国海苔・ゴマ油を投入し、焼き飯を作るのが正式な食べ方。

レシピを参考にされている皆さん。
計量しないので分量は適当ですが、
ヤンニョンジャンの表記は分量の多いものから順に羅列しております。

相変わらずいただいたコメントに返信ができなくて申し訳ありません。
こんな私を見捨てず、いつも温かいコメントを下さってありがとうございます。
今週は仕事が超!忙しくなってしまいました。
カタログ販売業界では~お中元の商品選定が大詰めを迎えております。
夏です!
リスト作り。頑張らないと~終わらんぞ・・・。
[PR]
e0005411_18594935.jpg
秋は美味しいものが盛りだくさん。
秋刀魚の影に隠れてやや華がありませんが、イカも今が旬でお安い。
「イカの회(フェ)」イカ刺のサラダ風和え物。
お刺身用のソーメンイカをチョコチュジャン(韓国の酢味噌)で合えます。
チョコチュジャンは家庭によって配合が様々ですが、
私はコチュジャン・酢・砂糖・醤油・白ごま・ごま油が基本です。
イカだけの時もあれば、ベビーリーフやきゅうりやにんじんなどと合えることも。
万能葱を散らすと味がひきしまります。
甘辛酸っぱいタレが淡白なイカの旨味を引き出します。
e0005411_18595931.jpg
これは私のオリジナル。
イカの회(フェ)を作った翌日の朝ごはんは、비빔밥(ビビンバ)にします。
これが食べたいから作るといっても過言でないほどの大好物。
一晩置いたイカ회(フェ)・ベビーリーフ・納豆・韓国海苔をほかほかご飯の上にのせて、ビビンビビン(まぜまぜ)!
卵黄をあしらうと濃厚な味わいになります。

火曜日は被災地の保護犬を預かる保護施設へボランティアに行ってきました。
いつも一緒の心強い味方、Michyさんは家族旅行のため不在中。
初めての一人立ち。
平日の午前中はボランティアの数が特に少ない!
大抵Michyさんと二人きりですもの。
フレンドリー棟(比較的大人しいわんこと母子ファミリーがいる)は一人かもしれない・・・
でもやり遂げる覚悟を決めてました。
Michyさんの背中を見ていますから!一人でも頑張るぞ!

と意気揚々と向かったものの~ど・ど・ど・どどうしよう・・・。
この日ばかりは天使のような子犬の無邪気さが悪魔のように感じます。
恐る恐る門扉を開けると~
いた!
県外から泊りがけでボランティアに来てくださる、
超ベテランさんが私より先に作業を開始してました。
はっきり心情を申し上げると、

よかった・・・

ベテランボランティアさんとタックを組み、
子犬の移動とゲージの清掃。母犬5匹のお散歩。
ビーグル犬3匹とニューフェイスのMIX犬1匹。
午前中で9匹のわんこをお散歩に連れ出しましました。
最近はずっとこのパターン。気がつけば毎回同じわんこしか散歩できてない。
みんな平等にお散歩が行けるように、順番が決まっているので仕方ないんですけど。
実はちょっと気になるわんこがいるんですけどね。
気になるだけでどうにもできないんですけど・・・。
せめて、一緒にお散歩に行きたいなぁ。と思ってます。
時間帯をずらすか~丸一日頑張らないとそのわんこまで回らないなぁ。

フレンドリー棟のわんこをみんな散歩させる!のが私の目標です!
e0005411_190928.jpg
週末に出かけた紅葉狩りにて。夫が撮ってくれたあーくとの2ショットです。
あーくを抱っこすると、どんな表情をしているのか分からない。
後頭部しか見えませんもの。

こんなに笑っているんだね!

P.S.少しづつ公私共に忙しくなり・・・返信が遅くなりがちですが、待っていてくださいね!
[PR]
e0005411_6521581.jpg
この写真のあーく。
勝手に超かわいい♪と思っているんですが、なかなかblogの話題とあわず、
放出の機会を待っておりました。
もう、いいや。話題と合わなくても、載せちゃえ。
意味なしあーくです。
昔は一目で義眼と分かる写真が嫌いでした。
そう見えないように工夫してあーくの写真を撮っていたこともありました。
でも、今は気にしてません。あーくはあーく。
あーくの新しい目には私達夫婦の愛がいっぱい詰まっているもん。

カメラ好きが心躍る季節。
週末は紅葉狩りを予定していますが、ありゃ~お天気は下り坂!?
今年撮ろうとしている紅葉撮影のイメージは、晴天が絶対条件です。
泊まりがけで行こうかという話もでましたが、予約は当日のお天気が読めないのでやめました。
明日も天候如何によっては、延期の可能性あり。ぎりぎりまで空とにらめっこして決断します。
今年は山梨方面。人の多いところは避け、秘境へ(大げさ)繰り出します。

話はころころ変わります。

韓国料理の中で「순두부찌개(スンドゥブチゲ:おぼろ豆腐のチゲ)」は、特に私の大好物。
冬の間は味噌汁の感覚で、しつこいくらい作ります。
昨今の韓流ブームが食にも派生して、スンドゥブは日本でもすっかり市民権を得ましたね。
ちょっと前までは「は?スンドゥブ?」でしたのに。
スンドゥブの専門店が登場し、スンドゥブスープの素はもとより、
スンドゥブ専用の柔らかめの豆腐がスーパーに売られているようです。
へぇ。専用の豆腐!?
とスーパーの豆腐売り場に行く度にチェックしているのですが、私の通うスーパーは取り扱っていません。
変わりに妙なものを見つけました。
e0005411_6522944.jpg
その名も
「禁断のスンドゥブよせ」
電子レンジでチンするだけ。
キムチを乗せるとさらに美味しくいただけるとあります。
一人分の小さなサイズ。
150円くらいだったかな?(忘れた)興味本位で買ってみました。

e0005411_6524192.jpg
別の容器に盛り付け、生卵を落とし、電子レンジでチン!
キムチを入れると美味しいとありましたが、基本のスンドゥブはキムチを入れないので無視しました。
まぁ。それらしくは仕上がりましたが・・・。

「スンドゥブじゃねぇ・・・」
なんか薄いし、コクはないし・・・。豆腐に味がない。
原材料を見てみると、おい?あさりが入っていないじゃないか!
あさりのスープはスンドゥブの要です。ビーフの出汁はいかんでしょ。
「禁断」でも何でもな~い。

e0005411_6525199.jpg
王道のスンドゥブチゲとはこうじゃ!
(ぼんやり写っているのは、牡蠣のジョン)

週末で~す。皆様も健やかな休日をお過ごしくださいませ。
[PR]
e0005411_10114258.jpge0005411_10115428.jpg
お休みの日の家ランチ。

左)김치볶음밥:(キムチポックンパッ)ご存知キムチチャーハン。
これには説明はいりませんね。

右) 짜장면:(チャジャンミョン)チャジャン麺。
中国の炸醤麺(ジャージャー麺)から、韓国独自路線で派生した麺料理で韓国式中華料理の一つです。
韓国では最もポピュラーな麺料理で、老若男女問わず人気のある国民食。
日本でいうところの「ラーメン」の位置づけでありましょう。
韓国では出前が定番で、引越し蕎麦ならぬ引越し「チャジャン麺」を頂いたりします。
作り方はとてもシンプル。
玉ねぎとひき肉を炒め、「チュンジャン(春醤)」という真っ黒お味噌で煮込みます。
う~ん・・・この味噌。例えていうなら名古屋の八丁味噌に近い。
この日の麺は中華の蒸し麺ですが、細い稲庭うどんもよく合います。
味は・・・
韓国料理って白黒はっきりしたパンチのある味が多いですが、このチャジャン麺はびみょー。
ハヤシライスのような、出来損ないのビーフシチューのような。はっきりしないボケた味。
なぜに韓国で国民的に愛されるのか、私には不思議でもあります。

このチャジャン麺は夫の好物であります。
我が家は個々に盛り付けず、大皿に「ば~ん」と盛って、各自取皿に取り分けるスタイルです。
ぼやぼやしていたら、ほぼ、夫が食べてしまいました。


e0005411_10121338.jpg
えごまの葉(깻잎:ケンニ゚ッ)。
独特のクセがあり、日本では生の葉はあまり食べませんね。
主に「ジュウネン」といわれる種子を油や加工品にしたものがほとんです。
韓国では生の葉のクセが、肉や魚などの臭味を緩和するため、焼肉などの巻物には欠かせません。
他にも、チジミにしたりキムチや醤油漬けを作ったり。
今年もMyふぁ~むにえごまの種を蒔いたのですが、何度蒔いても一向に芽がでず・・・。
昨年の種はダメなのか、全滅でした。
ところがですね。
信州のお袋さんの親戚宅で育てていました!先日の旅行で、大量に摘んできましたよ。
早速、醤油漬けを作りました。
ごはんに韓国海苔と一緒に巻いて食べると、美味いんだなぁ。

お盆休みです。
私は飛び飛びで休みがありますが、夫はカレンダー通りに出勤。
旅行に出かけたばかりですし、特に予定はございません。
今週末にmiw@ファミリー(父・母・弟)が、マンションに泊まりに来ることが最大のイベント。
さて。何を作ろうかな。

旅行記へのコメントありがとうございました。
いつものことで返信が遅くて・・・ですが、マイペースなブログなのでご勘弁ください。
皆様も、ご家族でよいお盆休みをお過ごしください。
[PR]