カテゴリ:+ごはん( 88 )

e0005411_10314087.jpg
今は昔。腹の中どころか出ちまってますが、
今となっては珍しい「まくわ瓜」をたくさんいただきました。

韓国では참외(チャメ)と呼ばれ、スイカと並んで夏を代表する庶民派のフルーツ。
夏になるとしつこいほど、どこにだって売ってます。
戦後まで日本でも高価なメロンの代用に食べられていたらしいけど、
安価なプリンスメロンが登場するとその人気に押され、市場にはほとんど流通しなくなってしまった。
かわいそうに。
確かにメロンほどは甘くないし、所詮「瓜」の仲間。
でも、しゃりしゃりの食感とさっぱりした淡白で控えめな甘さは好きっ!

フルーツ王国岡山から、たくさん送って下さいました。

茨城のお友達や家族と分けて、皆でいただきました♪
ごちそうさま。

さて。
休日は鮪のようにゴロゴロしておりました。
あんまり暇だったから、あーくにガムをあげた。
e0005411_7385265.jpg
普段、あーくにガムは絶対にあげません。
食いしん坊でせっかちのあーくは、食べるのが面倒になりガムを飲み込んでしまう。
前にグリニーズのレギュラーサイズほどある馬アキレスを飲み込んだ時は、
血の気がひいた。

e0005411_739316.jpg
恐ろしい・・・。
なので、あげた時は食べ終わるまで、ず~っと見てます。
ず~っと。ず~っと。

飲み込みそうになると、阻止。
手でガムを持ってあげて、安全な大きさまでカミカミさせます・・・暇でしょ?

暇なお昼ごはん。
e0005411_1071511.jpg
おくらのぶっかけ素麺と・・・。
e0005411_1072875.jpg
たろっち母様のレシピより、鮭の押しずしを作りました。

e0005411_1073892.jpg
一寝入りした後、夜は夜で、やはりたろっち母様のレシピより、
「牛しゃぶ~ゴマ味噌ソース』を作りました。
ちと違うのは牛ではなく豚で作ったところ。
ワカメや茗荷・きゅうり・にんじん・もやしといった薬味が盛りだくさん。
その他、
「きゅうりと卵の炒め物」や「ナスとピーマンの味噌炒め」に「酢の物」は前日からの持越し。

このように、
一日中引きこもって食っちゃ寝していたら体が重くなり、余計疲れました。
私は少々体を動かしていた方が、リフレッシュするようです。

明日はかわいこちゃん達に会いに、シェルターへ参ります♪
[PR]
e0005411_947084.jpg
馴染みのお魚屋さんで予約した2串4000円の鰻。

魚好きですが、特別鰻が好きというわけではありません。
考えてみれば・・・土用の日にしか食さないかも。
シンプルな鰻丼にしました。鰻の肝焼きをおまけしてくれましたよ。珍味じゃ。
茶碗蒸しと賀茂ナス(Myふぁ~む産)の田楽を添えて。

呑兵衛の晩の食卓に米が上るのは、年に2回。節分と丑の日。
これにて今年の米食は終了。

1串を二人で分けました。
e0005411_9471055.jpg
もう1串は朝ごはん。

鰻高騰の折、
少量でもボリューム満点なレシピをたろっち母様から教えていただいた。
刻んだ鰻・付属のタレ・青シソ・いりごまを温かいご飯と混ぜて、
錦糸卵と紅ショウガを散らしたひつまぶし風。

聞いただけで垂涎モノだったけど、作ったらもっと美味かった。
e0005411_9472822.jpg
あーくのカイカイは微妙なラインをキープ中。

カイカイはするけど、執拗には噛まず、血はでない。
目の周りの腫れは治まってきました。

週末のおまけ更新でした♪
明日は休みだ!
[PR]
by miwappeA | 2012-07-28 10:17 | +ごはん
e0005411_170122.jpg
土曜日は春の嵐でした。
冬と春との最後のせめぎあいでしょうか。
そんな嵐にも負けずに、桜が開花いたしました。
毎年恒例。あーくとの満開桜デートが楽しみ♪

篭城を決め込んだ土曜日の晩ごはん。

料理のお師匠・たろー母さんのレシピより『牡蠣のポタージュ』
ホワイトソースを一から作りましたよ。
自慢じゃ~ありませんが、ちゃんと作ったのは10年ぶり?
普段は市販のルーです。
今でこそお料理は楽しく作っていますが、結婚当初は何もできなくてねぇ。
赤子同然でした。
困り果てた新婚当時。半年ほど基本から教えてくれるお料理教室に通ってました。
ごはんの炊き方から習ったけ。(電気釜でなく、土鍋ですよ!)
その時に教えてもらって以来のホワイトソース作り。

思い出した・・・あの時も思ったもんだ。

「面倒くせぇ。」と。

バターと小麦粉を焦がさないようにポロポロになるまでじっくり炒め、
玉にならないよう少しづつスープでのばす。
木べらで少しづつ丁寧に・・・。我慢。
そして、さっと茹でた牡蠣をミキサーにかけ、裏ごししてホワイトソースと混ぜる。
牡蠣をミキサー・・・。
思ったとおり、牡蠣が「かに味噌」みたいにグロくなっちゃって、
咽返るような磯の香りに、若干の不安を覚えた。
でも、母様のレシピは間違いない!

とてもまろやかなポタージュに仕上がりました。
e0005411_1701595.jpg
もう一品母様のレシピ。

こちらは平日に作った「にんじんのマリネ」
ぼんやり写っているのは、春野菜(芽キャベツ・アスパラ・さやえんどう・玉ネギ)を使った
豆乳のカルボナーラ。
芽キャベツはMyふぁ~む産です。
「にんじんのマリネ」はとてもシンプルなマリネ液なのですが、
シンプルゆえに人参のもつ素朴な甘味が最大限に引き出されてます。
箸休めにもってこい。
e0005411_1702538.jpg
土曜日の乾杯。

ホワイトデーのお返しにと、Michyさんから頂いた「タヒチのビール」。
タヒチはMichy夫妻が新婚旅行で行った思い出の土地です。
外国のビールってクセのあるものもありますが、
南国のビールはのど越し爽やかでぐびっと飲めちゃう。
麦茶じゃ。

巷で流行中の鹿児島産の「塩麹」もいただいちゃいました。
興味は持ちつつも~なんとなく手が出せなかった塩麹。
ブリの切り身を半日ほど漬け込んで、さっと焼きました。
フツーの塩焼きよりも旨味が増してふっくらしっとり。冷めても固くならない。
麹は日常的に食べ続けることで、免疫力アップ、滋養強壮、美肌、老化防止が期待できるとのこと。
ちょっと~。これは、はまりましたよ。
e0005411_1703512.jpg
土曜日のあーく。

雨の篭城。相棒と一日中よく眠ってました。なんてかわいいの!
相棒の白くまは「白(ペク)」。もとは私の抱き枕ですが、あーくにあげました。
思わずパシリ!あーくにかけた腕はもちろん私の「やらせ」ですけどね。
私のチョッカイも、お構えなしに眠っておりました。

e0005411_1704498.jpg
さて。快晴の日曜日。
今日は汚れた窓ガラスの清掃とあーくの洗濯を片付けなくっちゃ!

皆さんもよい休日をお過ごしくださ~い。
[PR]
e0005411_614721.jpg
この週末。畑活動を開始しました。
冬の間はほとんどやることはないとはいえ、気がつけば2ケ月も放置してしまった。
その間。
インフレンザに罹患したり、新車を畑の道具で汚したくなったり~とまぁ理由はありますが、
Myふぁ~むに足が向かなかった最大の訳・・・。
それは。11月下旬に300本弱植えつけた玉ねぎの苗。
今年はどういうわけか植えども植えども、次から次へ根っこが溶けてしまった。
根気よく何度も何度も植えなおしたけど、
しまいには植付け時期が終わり、苗が手に入らなくなってしまった。

ほぼ・・・全滅・・・。
畑の1/3を使って栽培し、期待の大きかった玉ねぎ。
長期保存がきき、何かと重宝する玉ねぎ。

大ショック!

もちろん。
野菜作りは一事が万事成功していたわけではありません。
とうもろこしはハクビシンに全部食べられたし、芋はツルボケでほとんど収穫がなかったし、
豆系はあまり上手に育たない。
挫折も多々ありましたが、ショックは玉ねぎの比ではない。

理由がわからんので納得がいかぬ。
無残に枯れていった玉ねぎのなれの果て・・・寒風が吹き抜ける畑は、悲しくて直視できなかった。
e0005411_6141588.jpg
とは言っても、春本番を間近に控え、
いつまでも逃避しているわけにはいかん。
今年度の1年分の菜園利用料(35,000円)を納付しました。
なかなか高いっしょ。1㎡700円。Myふぁ~むは50㎡(15坪)あるので35,000円です。
35,000円あればどれだけ野菜が買える?って話です。

でもね。畑活動の醍醐味はプライスレス。
無心になって土いじりをしていると、心の中が浄化されていきます。
手塩にかけて育てた野菜たちを収穫する瞬間が一番楽しい。
感動と達成感があります。
Myふぁ~むから望む富士山に励まされて、3年目の畑活動を開始です。
e0005411_6143287.jpg
週末のごはん。
たろー母さんのレシピより、「大海老の甘酢ソース」と「温野菜のアイオリソース」。
母様のレシピはどれも下処理が実に丁寧。
仕事のある平日に作るのは、ちょっと無理。
新しいレシピはじっくり腰を据えて作りたいので、
これからお出かけのない休日は「母様のレシピデー」とすることにしました。
作ったレシピはもれなく更新いたします。よろしく。

「甘酢ソース」はいわゆる「エビチリ」ですが、私の作るソースよりも数倍美味し!
「アイオリソース」は温野菜や淡白な白身魚に合うニンニクの効いたソースです。
これって好き。
e0005411_614404.jpg
日曜日に作ったのは「イカのフリッター」。

これを作りたいがために、私は「泡だて器」と「ベーキングパウダー」ならぬものを購入しました。
ぷっ。我が家には「泡だて器」がありませんでしたの。
「メレンゲ」というものを作ったのも初めてです。手が痛ぇええ。
お料理の写真はできる限り自然光で撮りたいのですが、土曜日は日没までに出来なかった。
その反省を踏まえて、昨日は4時ごろからお料理を開始した。
お得意の「めんどくせぇ」の常套句は封印。レシピ通り忠実に母様の味を再現しました。
が、一つだけ違います。

イカ好きなので、イカの量は2倍です!

1時間かかって完成した夕日を浴びる「フリッター」。
サクサクふんわり絶妙な食感に出来上がりました。めっちゃ満足!
リピ必至。
e0005411_6145341.jpg
「フリッター」の写真を撮っていると、あーくが覗き込んできた。
ごめんね。イカは食べられないよん。
後で代わりにジャーキーをあげるからね。

あーくはとにかく・・・生きているだけで、かわいい♪

一週間が始まりました!今週も頑張ります!
[PR]
e0005411_18331955.jpg
たろー母邸にて、母様手作りの中華料理を堪能したオフ会。
一口目に頂いて、直球で気に入った「トマトのマリネ」はその場でレシピを頂いたのですが、
後日。母様から他のレシピたちを頂戴しました!
FAXのない我が家は郵便にて、コピーを送っていただいたんです!
郵便・・・ぷっ。アナログでしょ。(笑)
でも、手紙の温かさを再認識しました。
待っている時間も楽しかったし、母様は字もとってもお上手なんですよ!
母様の達筆な文字で書かれた封筒。私の名前がなんだか「えらそう」に見えた♪

先日のお休みに、全て作りました!
自然光で撮影したかったので、昼過ぎから料理開始。
一品一品づつ丁寧に取り掛かり、母様直伝の「片付けながらの調理」を実践しながら~で、
調理時間に3時間近くもかかってしまった。手際が悪過ぎだぁ。
e0005411_1833308.jpg
「トマトのマリネ」
これはちょっと前に作ったもの。
「サラダ油・酢・砂糖・塩」のドレッシングに湯むきしたトマトを一晩漬け込むだけの簡単レシピ。
ルビーのように光り輝くフォルムとジューシーなトマトの味付けが気に入ってます。
日持ちするのでお弁当にも重宝するし!何度も作っています。
e0005411_18333982.jpg
「野菜の甘酢漬け」
材料の一部、今が旬のキャベツ・ニンジン・かぶ・唐辛子はMyふぁ~む産。
時期はずれのセロリときゅうりだけ買って来ました。
「g」単位のレシピを寸分違わず忠実に守り、ほぼ母様と同じ味になりました。ごま油がいい香り♪大満足♪
今度はMyふぁ~むのジャンボ白菜の芯で作ってみよう。
e0005411_18335117.jpg
「手羽中のパイナップル煮」
これは夫がとても気に入ったレシピ。
手羽中をパイナップルベースの醤油タレで煮込むのですが、
味は同じなのに母様の仕上がりと、ちと違う。
私のは中まで味がしみこんでないし、骨からほろっと外れるような身離れと柔らかさががない!
聞くところによると、母様は深いなべを用いて弱火でコトコトと1時間以上かけて煮込むそう。
私は中華なべのような広く浅い鍋で煮たもんだから、30分も経たずに煮汁がなくなってしまった!
邪道ですが・・・写真を撮った後。水を足してもう一度煮込みなおしました。
ほっほ~柔らかくなったぞ!
このレシピは豚肉のスペアリブにも応用できそう。
e0005411_18413395.jpg
こちらは「のほほんな日々」スイーツの女王youziさんから頂戴したル・ププランのスイーツ。
聖蹟桜ヶ丘にある「ル・ププラン」は期間限定のモンブランが超有名です。
このチョコみたいな焼き菓子!
(あっという間に食べてしまったので、名前すら確認しなかった。)
サクサクと香ばしくてスナック感覚。甘すぎずほんのりした塩気がとっても美味しかった!

オフ会の時に参加した皆様から色々なお土産を頂戴し、貯金が潤ってます。
どれもこの日のために考え選んでくださった素敵な品々ばかり!
小出しに紹介していきますね。
今日から怒涛の10日間連続勤務です!母様のレシピで体力チャージOK!です。

More...これは失敗。
[PR]
by miwappeA | 2011-11-30 10:47 | +ごはん
e0005411_6473438.jpg
先日はあーくが起こした雪山での「小さな奇跡」にたくさんのコメントを頂きありがとうございました。
泣かせるつもりで~作ったわけではないのですが、多くの皆さんが涙して下さり・・・。
わが家のあーくが小さな感動を与えることができて、とても嬉しいです。
時間がかかりますが、お一人お一人にコメントをお返しします。

さて。本日は「七草粥」ですね。
一年の無病息災を願って1月7日に春の七草を使って作る七草粥。
のん兵衛わが家。晩ごはんで「米」を食べないので、朝食で炊きました。

無病息災・・・ですよね?
e0005411_6482691.jpg
粥を食している最中・・・虫歯の詰め物が

取れた!

無病息災ですよね!?
ということで今日は歯医者に行ってきます。
とほほ・・・です。
[PR]
by miwappeA | 2011-01-07 06:58 | +ごはん
e0005411_6271347.jpg
家と会社の往復の毎日で家の写真が続きます。

真っ赤に煮込んだおかず。
韓流のmiw@家のことだから・・・コチュジャンで煮込んだ辛い!辛い!おかずだ!と思った方!
ぶっぶぅぅぅ~×××!!です。
『いたりあ~ん♪』のトマト煮込みでございます。
でもね。煮込んだ素材・・・そこはmiw@家

豚足で~す♪

私の大好物。コラーゲンの塊よっ。
小さい頃からフツーに食卓に上っていたので、全く抵抗なし。
韓国では秘伝のスパイスで数時間煮込みスライスした豚足に、お好みのたくさんの野菜を巻いていただきますが、
私は日本のただボイルした豚足を酢味噌でシンプルに食べるのが一番好きっっっ♪
でも、夫の食いつきは非常に悪い。
夫は私と結婚するまで豚足など食べたことありませんでしたから・・・
豚足をニコニコと買う妻を初めて見たときは、それはそれは驚愕しておりました。
で!トマトで煮込んでみました。クリームチーズ添え。

夫の反応。
「味はまぁまぁ~だけど。そこまでして食べたくない。」ですって!(怒)
[PR]
by miwappeA | 2010-12-08 11:49 | +ごはん
e0005411_763750.jpg
土日・祝日は家族サービスのためにblogの更新を基本的にお休みしています。
代わりに週始めは100%近い更新率を誇っていますが、昨日は仕事の都合により更新できませんでした。
遊びに来てくださって「おや?」と心配してくださった方が、もしかしているかも?
大丈夫で~す。
あーくは相変わらず「おハゲ」ですし、私も家族も元気です。
畑も台風の影響は受けませんでした。

日曜日の夕方。とても嬉しいお届け物がありました。
贈り主はblogを通じて交流が深まり、私が「秋田のオンマ」と慕う郷土料理の達人・momoさんからでした。
momoさんはとても感性の豊かな方。
季節の息吹を生活の一部に上手に取り入れて・・・
中でも四季折々の旬の食材を用いたお料理は見ているだけでもほっこりしてしまいます。
「食」を大切にするライフスタイルは私の憧れ。
荷物を受け取った瞬間、うっ重い!腰にきた~っ!!13kg近くあります。
開けてみて二度驚いた!
一つ一つ丁寧に梱包された秋田の食材がびっしり!隙間がありません。
「あきたこまち」の新米や「地ビール」まで!これが重かったのね。

momoさんが私に食べさせたかったもの。

e0005411_764996.jpg
秋田が誇るご当地鍋「きりたんぽ」
傷みやすい鶏肉と長ネギ以外の食材は、全て「Made In 秋田」
秋田がまるごと湘南にやってきた。
あまり買い置きはしない方なのですが、この日たまたま冷蔵庫には鶏肉が!
まるでこの荷物が届くのを予感していたようです。
e0005411_7727.jpg
momoさんおススメの「きりたんぽ」。
炊きたての米をついて潰し、太い杉の串に竹輪のように練りつけて焼いたものです。
市内で美味しいと有名な専門店にわざわざ足を運んでくださいました。
鶏肉・舞茸・なら茸・なめこ・ごぼう・せり・長ネギ・・・
野山の恵みたっぷりの野趣溢れるスープをたっぷり染み込みフルフル。
新米の甘味が相まって口いっぱいにじゅわっ~と秋が広がります。

「きりたんぽ」が主役なら「せり」は名脇役。
三関せり。秋田のブランドせりです。
葉や茎が太く、長く伸びた根が白くしっかりしているのが特徴で、根っこも食べます。
根っこか・・・普段はなんの迷いなく切り捨てますが、思い切って食べてみた!
シャキシャキとした歯触りとほどよいほろ苦さ、ほのかな土の香り。
鶏肉と一緒に食べると抜群の相性でした!
e0005411_771613.jpg
食卓の張り込み犬。
「ガン見」ならぬ、あーくの場合は「ガン臭」かな。美味しい匂いがたまらないね。
きりたんぽと鶏肉をお裾分け。

「秋田」
いつか訪れたい街の一つです。
momoさんの温かいお人柄と秋田に思いを馳せ、お腹も心もいっぱいになった美味しい夜でした。

e0005411_7729100.jpg
朝ごはん。
残ったきりたんぽをポロポロになるまで煮込んで、卵でとじ、「おじや風」にしました。
おこげの香ばしさが美味きことこの上なし!
口(幸)福者でございます。
[PR]
e0005411_703079.jpg
「あーくは食べ物のアレルギーがありますか?」という質問がありました。
解答:ありません。

「食いしんぼう万歳☆犬」の飼い主も、もちろん食べ物のアレルギーなどありません。
ちょこちょこ苦手なもの(甘い(過ぎる)ものとか、牛の脂とか、)はありますが、
食べられないほど嫌いな食材は思い当たりません。
食べること!美味しいものには目がない。
食後には次の食事のことを考えていますから・・・へへっ。
この食事への情熱ほど、学生時代勉学へ傾けていたのなら・・・
きっと私の人生は大きく変わっていたと思ふ。

生粋の面倒くさがり屋ですが、食べることとなると話は別です。

極上の生の筋子を購入しました。
筋子からいくらへの華麗なる転身。
薄膜をそおっ~と繊細な作業です。一粒たりとも潰してはいけません。
しょうゆとみりんを煮きり、昆布を入れた漬け汁に一晩。
眩しいいくら丼。

e0005411_704528.jpg
生産者直売店で大きな生栗を買いました。
鬼皮むきに1時間もかかりました。手が痛いし、足も痺れた。
美味しいものほど手がかかる。でも、この後食べれると思えばどうってことない。
旬の栗ごはん。と豆乳のシチュー。

我が家の食卓。
晩酌を欠かさないのん兵衛なので、晩にごはんは食べないのは、もう承知の助ですよね。
ふふっ。これら2食は「朝ごはん」です。

私には朝抜きの人が信じられませ~ん。
[PR]
e0005411_695525.jpg
毎年この時期に、お庭に自生しているという茗荷を両手いっぱい頂きます。
薬味としてチマチマ使っていたんじゃ~とても食べきらない量。
大量消費として決まって「茗荷と油揚げの炊き込みごはん」を作ります。
茗荷の香り、独特のさわやかさと土の香り。
盛夏の候、一風吹いたような清涼な気分にしてくれます。
・・・と大人になった今は思いますが、
子供の頃は茗荷の香りが大嫌いで、食べる意味が分からない食材でした。
e0005411_610919.jpg
Myふぁ~むのナスでキムチを作りました。
このナスを最後に夏採りは休止。秋ナスに向け株を短く切りつめ、根を休ませています。
きゅうりの生産はファイナル。
今年はひと夏で1年分食べたんじゃないかしら・・・河童も顔負け。
Myふぁ~むのアイドル・トマトのアイコちゃん’sは・・・先日のゲリラ的豪雨&強風で実が落ちたり弾けたり。
ほぼ壊滅的な被害に合って強制的に解散とあいなりました。
今はピーマンと韓国かぼちゃ&オクラが細々と生産を続けています。
あと数日でトウモロコシが食べごろを迎える見込み。夏野菜最後の楽しみです。

今日はコメント欄を閉じま~す。特に深い意味はありません。
[PR]
by miwappeA | 2010-08-04 06:10 | +ごはん