カテゴリ:+おでかけ( 105 )

e0005411_922934.jpg
端午の節句だった5月5日。
あーくとハウルを連れて、ピクニックに行ってきました。
e0005411_924212.jpg
向かった先は神奈川県北西部にある清川村・宮ケ瀬湖周辺。
我が家から車で1時間ほど。
丹沢山系のほとりにある宮ケ瀬湖にはダムがあり、湖畔は公園が整備されています。
e0005411_925428.jpg
ダムに隣接するあいかわ公園の丘の上にある「風の丘」の芝生の上で日向ぼっこ。
宮ケ瀬のダムをバックに晴れた日には横浜のランドマークまで見え、眺望抜群。
さわやかな5月の風が気持ちのいい。
あーくもハウルも気持ちよさそうです。
それにしてもハウル満面の笑みは「おにぎり」みたいじゃない?
e0005411_93740.jpg
あーくは大の水嫌いですが、ハウルは今のところへっちゃら。
公園内にある噴水ではしゃいでおりました。
もしかしたら、海で泳ぐかもしれないねぇ。
e0005411_931691.jpg
我が家の行楽弁当の定番はキンパッ(韓国海苔巻き)。
早起きして頑張りました!
ぼんやり写っているおかずは、鷄の唐揚げにスナップエンドウと煮玉子をそれぞれ散らした。
煮玉子があるため、今回のキンパッの具材は卵焼き抜きです。
キンパッ専用のお弁当箱は、数年前に友人に韓国で買ってきてもらいました。
重宝してます。
e0005411_932636.jpg
あーくとハウルは木陰で一休み。
2匹の分もちゃんとオヤツを用意してきましたよ。
e0005411_933921.jpg
ランチ後はのんびり宮ケ瀬湖畔園地内をお散歩しました。
シンクロしている2匹がかわいい。
e0005411_934794.jpg
この後ろ姿を見ると自然に笑みがこぼれる。
あーくとハウルが楽し気にお散歩していると私も嬉しくなる。

新緑の中のお散歩を満喫した一日でした。
残り僅かなGW。皆さんもよい休日をお過ごし下さ~い。
[PR]
e0005411_9321116.jpg
今週は仕事にプライベートにゴタゴタしており気がつけば・・・
旅行記を一週間も引っ張ってしまいました。

伊勢・志摩へ家族旅行3日目・最終日の朝。

最近のあーくとハウルの写真を見てお気づきの方もいらっしゃるかな。
ハウルは「待て!」ができるようになりました。
「よし!」というまでその場でじっとしています。
宿併設の貸切のドックランでは、私のそばを離れても呼べば戻ってきた。
「呼び戻しもできるねぇ~♪」と私は上機嫌でした。

ひと騒動起きたのは、
朝の散歩に出かけた島のプライベートビーチ。
誰の気兼ねなく記念写真を撮り終えた後、ハウルを呼び寄せた。
e0005411_13501827.jpg
e0005411_13503267.jpg

あん?

満面の笑みで迎える私の目前で踵を返し、猛ダッシュでまさかのフレームアウト。
ビーチを飛び出し、
ハウルは明後日の方向へ走り去って行きました・・・。
お~い。私はこっちだよぉおお。

ハウル。逃走っ!再び。

あ~あ。行っちまった・・・。
さよなら・・・ハウル。
短い期間だったけど、貴様に会えてよかったよ。
どうか海の藻屑と化し、
的矢湾のプランクトンとなって牡蠣の養殖に一役かっておくれ。

ちっくしょぉお~!この出っ歯め!

いつもは愛嬌のあるかわいい歯も、人をおちょくっているように見える。

ここは孤島。周りは海。
車一台走っていない袋小路です。
夫の手によって10分ほどの逃走劇であえなく御用となりました。
e0005411_9325084.jpg

家庭犬として3ケ月。
日々是修行の身。外の世界はまだまだ好奇心の塊です。
油断した私が悪い。リードは絶対に離せませんな。

気を取り直して・・・。
e0005411_13505275.jpg
朝ごはんを食べましょう。
純和風の松花堂弁当式。
茶碗蒸しに素麺が入っていた!こちらの地方はそうなのかな。
伊勢エビの出汁が濃厚の味噌汁が、胃に染み渡った。

3日間お世話になった宿をあとにし、立ち寄った「二見興玉(おきたま)神社」。
お天気が良ければお伊勢さん帰りに行く予定でした。
e0005411_9332454.jpg
沖合に夫婦岩を拝む海岸に社殿があり、
縁結びの神様として女性から人気のあるパワースポットです。
結婚記念日の旅行として、どうしてもお参りしたかった場所。
夫婦円満・家内安全を祈願いたしました。

その後。一般道を一路松阪市内へ。
目的はもちろん。
e0005411_135158.jpg
これ!

松阪牛のステーキです。

牛肉の脂が得意でない私は、
シェフおすすめの「松坂牛ヒレステーキ(3500円)」のランチ。
e0005411_13512563.jpg
「ビーフクラブ ノエル」
直営の精肉店だからこそのリーズナブルなお値段でいただける、地元に人気のお店。

事前にリサーチしていた、
「和田金」や「牛銀」といった松阪牛を扱う有名どこの老舗は、「すき焼き」。
どうしてもステーキを食べたいという夫の意向で、
現地で「食べログ」りました。
「食べログ」特典で、ドリンクとデザートがサービス♪
e0005411_9334081.jpg
夫は・・・いっちゃいました。
食べなはれ。食べなはれ。
正真正銘。
A5ランクの松阪牛サーロインステーキ!(200g)です。
e0005411_13531614.jpg
そのお値段。
単品で堂々の一万円です!
美味しいって?そりゃそうでしょう。
その一口で軽く千円だぞ。
皿まで舐める勢いだったその姿で言葉はいらぬってもんです。

さぁ。
もうやり残したことはない。
湘南に帰りましょう!
e0005411_9335647.jpg
帰り道はところどころのSAであーくとハウルを遊ばせて。
最近のSAはわんこの施設も充実して助かるぅ。
e0005411_934671.jpg
静岡に入ると、富士山がお帰り~と迎えてくれました。

こうして。
だ~いぶ贅沢な味を堪能した伊勢・志摩の旅は終わりました。
こんな旅行もう2度とないだろうなぁ・・・。

夫よ。
またlotoを当てて下され(笑)!

長い旅行記にお付き合いくださってありがとうございました。
次回の更新から通常に戻りま~す。
[PR]
e0005411_12384657.jpg
伊勢・志摩滞在2日目。

「一生に一度は!」と言われるお伊勢さんへ。

はるか古来から日本最高峰の神々が宿る聖地への参拝は絶対に外せません。
この日の三重県地方は辛くも爆弾低気圧の影響で、午後から荒れるに荒れる予報。
「花散らしの雨」ならまだかわいい。
暴風雨だと?
花ハゲる嵐。
こりゃ~午前中勝負じゃ!と判断し、宿を早くに出発することにしました。

e0005411_12575687.jpg

「朝早いので、朝食はいりません。」
と辞退したら、前夜に作ったお弁当を持たせてくれた。
温かい気配り。
そして嫌な顔一つせず、我々の時間に合わせて船の手配もしてくれた。
家族的で人情派のアットホームのお宿です。

宿の人に見送られ、一般道を走ること小一時間。
伊勢神宮に到着しました。
伊勢神宮は「外宮」と「内宮」を中心とした125社の総称で、
「外宮」から「内宮」の順に参拝することが古くからの習わしです。

「外宮(豊受大神宮)」
あらゆる生活の基盤。衣食住を司る神様です。
e0005411_12583016.jpg

「内宮(皇大神宮)」
万物を育む太陽に例えられる、日本人の総氏神・天照大神が鎮座します。
e0005411_12583551.jpg

神聖な聖域ですのでわんこ同伴はもちろんNG!
入口の観光案内所で参拝中犬を預かってはくれますが、おすすめできません。
見知らぬ場所でゲージに押し込められたら、
あーくもハウルも捨てられたと思ってしまうでしょうからね。
不安なストレスは与えたくない。
慣れた車の中で待機してもらいました。
2匹とも大人しく寝て待ってくれるので、そちらの方が安心です。

「おはらい町・おかげ横丁」
e0005411_1259490.jpg

内宮の門前町の風情ある通りには、由緒ある老舗のお土産店が軒を連ねます。

参拝を終え、
清々しい気持ちで散策していると・・・。

降ってきた!

いよいよ雨が降りだしました。

この日はもう一箇所パワースポットと呼ばれる神社に足を運び、
その近くであーくとハウルを遊ばせる予定でおりましたが・・・。
雨風が強まってきたため、断念。

せめて。
ここいらの名物でランチしようと、スマホで「食べログ」り鳥羽方面へ。
選んだランチは牡蠣三昧!
e0005411_12592697.jpg
e0005411_1352950.jpg
「あじ蔵~かろかろ」
大人の隠れ家的レストランで牡蠣の創作会席料理を頂きました。

静かな伊勢・志摩湾は牡蠣の養殖が盛んで、
至るところに「牡蠣食べ放題!」の看板が目に付きます。
宿では的矢湾の牡蠣。
こちらは浦村町の生浦湾(おおのうらわん)で養殖 されるカキ。
品種はマガキで、一粒が大きい!
牡蠣好きにはたまらない食べ比べ。
潮の香りが引き立つ濃厚でジューシィーな肉質は、海のミルクそのもの。
なんて美味いんだ!

大満足の夢見心地で思う存分牡蠣を堪能し、
お料理が終盤に差し掛かったその時…。
携帯に連絡が入り、現実に引き戻される。

波浪警報が発令されました。」
ハロー!?
宿からです。

波浪警報=帰宅命令です。

やばいぞ!
船がでなければ~宿に帰れなくなる。

e0005411_135473.jpg
海がシケル前になんとか宿に戻りました。

しかし・・・時刻は午後14時過ぎ。
e0005411_136193.jpg
結局わんこ2匹はほとんどを車の中で過ごし・・・。
e0005411_1361877.jpg
帰ってきました。

外は暴風雨。
ここは孤島。
宿に戻ったところでな~んにもすることがなく、
とりあえずビールを飲み、ビールを飲んで、ビールを飲む。
お風呂に入って、再びビールを飲み。ひたすらビールを飲んだら、眠くなる。

目が覚めたのは、晩ごはんのコール。
予約が入っていたお客さんは悪天候のためキャンセルとなり、
我々家族だけの貸切です。
e0005411_1364698.jpg
乾杯~♪
で、改めてビールを飲む。

食卓はりつき隊のあーくに見守られながら、今宵もずらずらと海の幸が並びました。
e0005411_137232.jpg
e0005411_1372129.jpg
e0005411_1374057.jpg

飲んで食べて~。
ちょっとわんこには気の毒だったけど、
のんびり宿で過ごして充電した2日目でした。

翌朝は・・・
e0005411_1375534.jpg
晴れたっ!

夜のうちに低気圧は通り過ぎました。
最終日。ハウルがひと騒動巻き起こします。

つづく・・・。
[PR]
e0005411_11484525.jpg
4月5日~7日の2泊3日で三重県「伊勢・志摩」へ家族旅行に行ってきました。

実は13回目の結婚記念日の旅行でした。
とはいっても当初は全く計画になく、
お祝いは近くのレストランで細やかな食事でも?と考えていた。
旅行は突如としてふって沸いた話。
我が家に降ってきた幸運・・・。

それは、「金」です。マネーです。

先々週、夫が的中したlotoの当選金は、奇跡のウン十万。
びっくらこいたねぇ。
まっ。
夫が当てたお金なのだから好きに使うがいいと殊勝に申していたら、
「じゃ。旅行に行こうか!」と言い出した。
やった♪そうこなくっちゃ。
所詮あぶく銭じゃ~!ぱっ~と使ってやれぃ!!!
そんなんだから我が家はお金がちっとも貯まらないのよねぇ。あはは。

行先はすぐに決まりました。
先月。家族のようにお付き合いしている麿ママ夫婦がでかけた「伊勢・志摩」。
お土産話をたくさん聞いて是非!行きたいっ!と思ったとこ。
こんなに早く機会が訪れるとは・・・。

東名高速を約6時間ひた走り、第一の目的地は「伊勢地中海村」
e0005411_1149925.jpg

東京ドーム2つ分の敷地に、南欧の地中海をイメージした異国情緒あふれるリゾート複合施設です。

e0005411_11493032.jpg

こういうとこって行ってみてがっかりというところが多いのですが、
なかなか完成度が高く、細部までこだわってます!
地中海なんぞは行ったことはないけど、想像するそのまんまの世界。

e0005411_11495777.jpg

ウッドデッキから一望できる英虜(あご)湾。一気にリゾート気分です。
ウッドチェアにしばし横たわり、長時間のドライブの疲れを癒しました。

e0005411_11501650.jpg

あーくとハウルとプチ海外旅行気分を味わった後は・・・。

伊勢志摩国立公園の横山展望台へ。
e0005411_11504031.jpg

日本屈指の造形美を誇る志摩英虜湾のリアス式海岸線を眼下に見渡しながら、
のんびりと散策いたしました。

さぁて。
そろそろお宿へ参りますか!
今夜のお宿はいつもと趣がちょいと違いますよ。
e0005411_1151242.jpg
島で~す。

今宵の宿は、牡蠣で有名な的矢湾に浮かぶ小さな観光の島・渡鹿野(わたかの)島。
船着き場に隣接する駐車場から宿に連絡をいれるとすぐに、
渡し船のお迎えが参ります。
e0005411_11512630.jpg
尻込みするハウルを半ば強引に引っ張り、船は出発。
e0005411_11523260.jpg
ハウル初めての船。
e0005411_11583162.jpg
ナ~イス♪リアクション♪
e0005411_1152544.jpg

夫に励ましてもらって、少し落ち着きました。
ちなみに。
乗り物大好きあーくはぜ~ぜん大丈夫。
多分、全盲のあーくはここが海の上だということが分かってない。
夫に抱っこされ、気持ちよさ気に潮風を切っていました。

乗船時間は5分。
e0005411_11524768.jpg
あっという間に渡鹿野(わたかの)島に上陸です。
今宵の宿はその名も「「わたかの荘」

こちらで2泊お世話になります。
e0005411_1152593.jpg

昭和の香りのする建物は少々古ぼけていますが、11室全室オーシャンビュー。
というか海近っ!
部屋はオーソドックスな12畳の和室。
この日は我が家ともう一組、吠えるのが趣味だというマルチーズ2匹のお客さんだけ。

わんこ大歓迎のお宿。
裏手にあるテニスコート一面分のアジリティ&ドックランが併設。
e0005411_11534993.jpg
e0005411_115477.jpg

ハウルはすっかり立ち直ったようです。
この男・・・旅行中にちょっとした騒ぎを引き起こすのですけどね・・・。

e0005411_11532951.jpg
一っ風呂浴びた後は、乾杯っ!

船で渡らなくてはならないという交通の便の悪さ。
そしてお部屋やお風呂はいたってフツーのよくある和風旅館ですが、
評判なのはお食事!
食道楽の麿ママご夫婦ご推薦の宿の食事は、とても楽しみにしていました。

e0005411_11542451.jpg

並びに並んだ海の幸は一部です。
わんこと一緒に個室の別室でいただきます。
名物の伊勢エビや的矢牡蠣をメインにテーブルを所狭しと並びました。
的矢牡蠣はそろそろシーズンがオフですが、
「牡蠣好き!」夫婦のリクエストにこたえて調達してくれた!

結婚記念日ということで、お祝いの鯛をサービスしてくれたぞ。

e0005411_11544569.jpg

私が特に気に入ったのは「もずく粥」。
ごはん?もう食えねぇ~だったのですが、サラサラと胃袋に納まった。

お腹は、はち切れんばかり。苦しい。
乗船前にしこたま買った二次会用のアルコールは一切手をつけず、
そのまんま眠ってしまったなんて初めてじゃない?

e0005411_15372039.jpg

お天気がいいのはここまで・・・。
この旅行は、晴れ→曇→雨→暴風雨とお天気のフルコースです。

2日目は「お伊勢参り」と続く・・・。
[PR]
e0005411_1601361.jpg
桜が満開になった日曜日。
あーくとハウルを連れてお花見散歩に出かけてきました。

お花見散歩はmiw@家の年中行事。
毎年決まった市内の桜の名所の公園に出かけています。
桜の時期は駐車場が閉鎖になってしまうので、夫に往復の送迎を頼み、
あーくと二人だけでお花見デート。
が、今年からは2わんこ。
おまけに満開が週末に重なり、
例年にも増して早朝からのお花見客で賑わうと予想されます。
2わんこを連れて桜の写真を撮るのは無理っ。
助手(夫)の協力が必要です。

昨年。穴場を発見っ!
「ここの桜が咲いたらすごいかも!」と思っていた場所。
今年はそちらへと決めておりました。

e0005411_15551171.jpg

小田原市の国道一号線沿いの小さなドブ川です。
川沿いに桜並木が数百メートル続き、狭い川幅を桜のトンネルが覆います。
こんなに見事な桜並木なのに、歩いているのは犬を連れた近所の散歩くらい。

e0005411_15551587.jpg

あーくとハウルと川沿いの土手を1時間かけてお散歩しました。

e0005411_15553948.jpg

今年もあーくと桜の写真が撮れたね♪

e0005411_15553872.jpg

ハウルは桜を見たことがあるのかな?
あるにしても、ここまで見事な桜は初めてでしょう。
橋の欄干からいやに真剣な表情で桜を見入っていました。

桜をたっぷり愛でた後は、お腹もね。
e0005411_15555924.jpg
小田原市の魚市場でランチ。

新規オープンしたお店に入ったのですが、イマイチだった。
私オーダーの「漁師まかない丼」は漬の味が濃くごま油がきつい。
ゴマタレの味がくどく、魚の旨味を殺してる。
だいたい盛り付けから、とっ散らかっている気に入らない。
散らかっているのは細かく切った油揚げを炊いたもの。
油揚げって何よ?

夫オーダーの「地魚3点盛り丼」も、値段の割には特別な特徴もなくたいしたことない。
サイドで追加した「青さの味噌汁」はぬるい。
ということで、お店の名前はスルーです。

もう行かない。
貴重な一食分を損した。
e0005411_1555579.jpg
食後はあーくとハウルと海辺を散歩。
海嫌いのあーくはちょっとびびって、ハウルに寄り添う姿がかわいい。

ここで。追記です。
ハウルのことで私は重要な報告を忘れていました。
1ケ月前に受けた血液検査。
病院であまりにも無抵抗のハウルに、獣医師から「甲状腺低下症」を疑われ、
基本の検査に加えて、甲状腺関係の追加項目をお願いしていました。

検査結果。


e0005411_15561771.jpg

異常なし。

フツーの犬は怒って嫌がることも、なすがまま無抵抗のハウル。
もちろん。
抱っこもできます。(ハウルの体重は約12kg)。
ただ、下へ降ろす時には足を地面につけてやらないと、
抱っこの姿勢のまま「ぼてっ。」と落ちます。
ぼってと落ちてそのまんま固まる。
反射的な受け身すらとらないなんて、そんな犬いるかい?

それは・・・。
香川の厳しい修行で無我の境地に至った、
ハウルの性格によるものでした。

新しい一週間が始まりました。
今週からは、冬期休業中だったMyふぁ~むの畑活動を再開するぞ!
[PR]
e0005411_9565311.jpg
辻堂で「UKC JAPAN」街頭募金活動のお手伝いをした翌、日曜日。
miw@一家は雪山におりました。

実はあまり乗り気ではなかった・・・。
日曜日は完全休養をきめこみ、のんびりとblogの更新でもしようと思っていたのに、
夫が「今シーズン最後の雪山へ!」と燃えていた。
まぁ・・・早く起きれたらね(どうせ起きれまい)・・・。
などと生返事しておりましたが・・・。

夫。4時半起床!
はりきっておる。

しゃ~ない。
行きますか!

向かった先は、家から関越道路を経由して約4時間のドライブ。
群馬県の草津「草津国際スキー場」。

このスキー場は、小さいころ両親に連れられて、よく遊びに来ておりました。
miw@実家のある葉山町は、草津町と姉妹都市関係にあり交流が深いのです。
ちなみに~スキーの腕は昔取った杵柄といいましょうか~私はそこそこ出来るコです。

この日の日本列島。
低気圧の影響を受け北日本は大荒れ、
海沿いの東日本は気温がぐんぐん上昇し強風が吹き荒れました。
草津はちょうど真ん中~低気圧のへりに当ったようで、お天気が目まぐるしく変化しました。

ゲレンデに到着したら、雨が降り出した。

e0005411_9571419.jpg
雨の日はお散歩拒否のあーくですが、雪の上では別の話。
雪バカ☆隊長のこの笑顔を見ると、やっぱり来てよかったと思ふ。

ハウルの反応は薄~い。
喜ぶわけでもなく、嫌がるわけでもなく、いたって素。

もっと遊ばせたかったけど、雨風が強くなってしまったので早々に退散。
私の一眼レフは防水じゃないのが、辛い。

e0005411_9573299.jpg
場所を変えて、日本三名泉の1つである草津温泉のシンボル「湯畑」へ。
雨が止んだ。
e0005411_10115756.jpg
温泉街の湯けむりの中を散策。

ハウルは大分お出かけに慣れてきたみたい。
初めての場所はとりあえずビビっておりましたが、落ち着いてきました。
日常の何もかもが初めてだらけですらね。
いちいちビビらなくても、私達と一緒なら怖くないことが分かってきたかな。

観光地を2わんこと闊歩していると否が応でも人目につき、
特にハウルの愛嬌のある歯は人々の目を釘付け。
一度スルーして、振り返って二度見されたりする。ぷっ。
外国人観光客など腹を抱えて爆笑しておった。
かわいっしょ♪ウチのハウル。
たくさんの人に撫でてもらって、2頭引きの夫はちょっと得意げ。

麺食い夫婦のお昼ごはん。(わんこは車中留守番)
e0005411_958448.jpg
私チョイス。e0005411_9582199.jpg
夫チョイス。e0005411_9583137.jpg
食後のデザート♪
甘塩っぱくて、なかなか乙な味でした。
e0005411_95924.jpg
こんな記念の写真も。

私が後ろで二匹を抱えて頭をひっこめてます。
すげぇ~辛い姿勢。あーくとハウル合わせて総重量20kg超ですよ。
ちっ!
ハウルがそっぽ向いているのが残念だ!
私だったらわんこの目線をいただくのになりふり構わず~ですが、
ギャラリーを取り囲んでの夫撮影ですので・・・しょぼん。
e0005411_1012977.jpg
散策中はどうにか日差しにも恵まれましたが、この後天気は急変。
雪が降り出しました。
立ち寄った日帰り温泉「大滝の湯」では雪見風呂でご満悦♪
草津の湯は「恋わずらい」以外、何でも効くといわれる万能のお湯です。

なんだかんだと2わんこ共々リフレッシュ。
今シーズンを締めくくる雪山でした!
[PR]
e0005411_820154.jpg
2月9・10日の雪山合宿のお泊り編。
ぐずぐずしていたら、もう週末間近じゃないですか。

今回のお宿。
栃木県那須塩原高原の”温泉郷”の近くの緑豊かな森の中にある
『Hotel Foresta(フォレスタ)』
ネットから検索しました。
参考までにお出かけの時、私がいつもお世話になっているのは→こちらのサイト
e0005411_8203184.jpg
元々は会員制のホテルだったのを、
2011年冬、わんこ大歓迎のホテルとしてリメイクされました。
白を基調とした外観で全客室のバルコニーから、日光連山が眺めます。
温泉以外全館わんこフリー。
ベットにあがるな、わんこだけで留守番させるな。などとケチなことは申しません。
小・中型わんこは5頭まで宿泊費無料という太っ腹。
e0005411_8205037.jpg
室内は16畳と広々。
バルコニーから直接、庭に出られるとのことで1階を希望しました。
スタイリッシュでシックなインテリアで統一され、あーくが上り下りしやすいローベットが嬉しい。
が、テーブルと座椅子がめっちゃ旅館風なのが・・・惜しい。
わんこ用のアメニティグッズも充実しております。
写真には写ってませんが、シングルサイズのわんこ用のベットもあります。

さて。
チェックイン後ちょっとしたハプニングが・・・。

一息つきホテルの庭に併設されているドックランに、
あーくとハウルを連れ出そうとしたときのことです。

お隣の専用バルコニーでご主人とくつろいでいたブルドック2頭が、
こともあろうに、私とハウル目掛けて猛ダッシュで飛びかかってきた!
相手はフリー。
しかも、横綱級の巨ブル×2。
ご主人の制止を振り切り、
眼は血走り、垂れ下がった頬を上下にブルンブルン震わせ突進してくる様は、
そりゃ~迫力満点さぁ。

ヤバい!やられる!と思った。
夫はあーくを抱きかかえ、ドックランへ一目散に逃げて行ってしもうた。

・・・。

私は!?

そんな絶体絶命の状況下でも、ハウルのリードは決して放すまいと思った。
ホテルの敷地内は完全に囲われておらず、ここで放せばハウルは二度と戻らないだろう。
ハウルは必死の形相で応戦し、
不利であるはずのリードを巧みに利用して、
左右のフェイントで相手をゆさぶり、ボクサーのようにブルをかわす。

でた!

これぞ!弱肉強食の多頭飼育環境を生き抜いた、
香川の筋トレの成果じゃ!

e0005411_821090.jpg
やっとの思いでブルを振り切りドックランに・・・
ハウル、放心状態。

ブルに戦意はなかったようですが、正直私も放心でした。
私を見捨てた夫に!ぷん。

気を取り直して。
e0005411_823282.jpg

ホテル自慢の源泉かけ流しの露天温泉を堪能し~

e0005411_8211528.jpg

お楽しみの晩ごはんは、ダイニングでわんこ同伴。

e0005411_8212354.jpg
イタリアチーズ「パルミジャーノレジャーノ」を用いたイタリアンコース料理です。
那須牛のステーキがメイン。

この日のホテルは満室で、回りを見渡すと同伴わんこの博覧会のよう。
チワワからボルゾイまで実にバラエティに富んでおりましたが、
今日びのわんこは躾がなっておる。
家庭犬デビュー間もないハウルもあーくも、コストコのカートに乗って大人しく待てました。
花丸。
e0005411_8214320.jpg
おやすみなさい。
家ではゲージで寝ているハウル。
ペット用の広いシングルベットで、小さく丸くなって寝ていました。

一夜明けて・・・。
e0005411_8215082.jpg
朝ごはんを力いっぱい食べ、ホテルのサービスで家族全員わんこ同伴でプリクラを撮りました。
わんこと撮れるプリクラ!なんてそうはない。
記念になるねぇ~と思った出来上がりに爆笑!
なんじゃこりゃ。あっはっは!
(↓more...で公開します。)

チェックアウト後は、冬季閉鎖中のゴルフ場「きぬがわ高原リゾート」で雪遊び。

e0005411_8221086.jpg

スノーモービルをレンタル(250cc/20分・2000円)
簡単な操作の説明で、普通免許を持ってなくても誰でも乗ることができます!
(決まったコースのみ。フリーで乗るにはライセンス講習が必要。)

ハウルを並走させようとしたけど・・・エンジン音にビビって走らない。ちえっ。
基本。ビビりですから。
初めてのことはとりあえずビビる。
ちなみに、ハウルを引っ張っているのは私っ。
e0005411_8222462.jpg
一方。
乗り物大好きあーくはこのとおり、へっちゃら。
夫と雪原を疾走し、ご満悦。

台車・カート・自転車・車・スワン(湖に浮かぶ足こぎボート)・渡し船(ボート)・遊覧船・
電車・ロープウェーと、
あーくの乗りものの歴史に、新たに「スノーモービル」が加わりました。

e0005411_822361.jpg
エンジンを切って記念撮影。

お気づきでしょうか。
ハウルが着ているのはあーくのヤンキースのスカジャンです。
雪山では車のお留守番中にあーくに着せる。
薄毛ちゃんは寒さに震えているので、あーくのジャンパーを着せてみました。
若干パツンパツンですが、ハウルは服が気にならないみたい。

よし。
君に服を買ってやろう!
家の中で毛が飛ばなくて、一石二鳥じゃ。

お天気にも恵まれ、とても楽しく思い出に残る1泊2日の雪山合宿でした!

More...爆笑プリクラ。
[PR]
e0005411_632921.jpg
3連休。
雪バカ☆一家恒例の冬期合宿。
栃木県那須塩原高原へ1泊してきました。

立ち寄ったのは『箱の森プレイパーク』
数年通うあーくのホームグラウンドです。
ここは冬期閉園中のため、あーくを思いっきり遊ばせることができるのだ!
e0005411_634323.jpg
お正月に来た時は全くなかった雪でしたが、
芝生にはちょうどいい雪が残っていました。
e0005411_641039.jpg
ハウルの雪の反応・・・。

実は薄い。
嬉しそうにも見えますが、誘わなければ自ら走ることなく、
喜ぶことわけでもはしゃぐこわけでもない。
毎日のブラッシングで、叩くと地肌がペチペチ音がするほど無駄毛がなくなり、
寒さが身に応えるらしい。

e0005411_6418.jpg
そんなハウルにあーくはまとわりついて一緒に遊ぼうと誘う。
e0005411_642268.jpg
雪バカ☆隊長のあーくは大はしゃぎ。
一生懸命ハウルを追いかけて、とても嬉しそう。
鈴音であーくを誘導していましたが、今はハウルがあーくを導いてくれる。
それも的確に。
e0005411_6433100.jpg
家では仏頂面で無表情のあーくですが、
雪の中では小粒の瞳をいっぱいに開いて、弾けるような笑顔。
この姿。誰も全盲だとは思わないことでしょう。

この輝くような笑顔が見たいから・・・
あーくの喜ぶ顔が見たいから・・・雪山へ詣でる。
e0005411_644866.jpg
最後は2匹でRUN!

ハウル。初めての家族旅行。
お宿編へと続きま~す。しばしお付き合いください。

More...辻堂募金活動。
[PR]
e0005411_1024778.jpg

お天気に恵まれた小春日和の日曜日。

e0005411_10342.jpg

あーくとハウルを連れ、お散歩の遠征。

『二宮町 吾妻山公園』
この時期に毎年あーくとお散歩する公園なので、
覚えている方もいらっしゃるかな。

この地域は湘南の西側に位置しており冬でも温暖な気候。
あの1月の大雪警報も雪が積もることなかった。
湘南で一番早く春が訪れ、早咲きの菜の花が見ごろを迎えています。
e0005411_1083439.jpg

毎年同じ感想を書いておりますが、
「吾妻山」と名前に「山」とあるように当然、山頂の見晴し台が公園なわけで・・・。
300段の階段をあーくを担いで20分も登らなくてはならない、とても疲れる公園。
(全盲なので階段の上り下りができません。)
行きは夫にあーくを任せ、私はハウルに引っ張ってもらいました。

e0005411_1095978.jpg

吾妻山の頂上に到着すると突然ぱっ~と視界が開け、
大空のキャンバスに菜の花の鮮やかな黄色が、目に飛び込んできます。
眼下には相模湾一望でき、遠くには箱根・丹沢・富士山と360度のパノラマが広がります。

なぜ・・・今治のゆるきゃら「バディさん」が菜の花畑に!?
実は熊本の「くまもん」もいます。
2匹(?助数詞が分からん)を連れて、
各地の名所を撮影して回ってるというアマチュアカメラマンだそうで、
面白そうなので声をかけてみた。
またどこかで会いたいなぁ。

e0005411_10101580.jpg

ハウルを迎えて3週間。

あーくはとても早起きになりました。
寝るときハウルは物置部屋のゲージ。あーくは私達と一緒の寝室と離れ離れ。
以前はお散歩に連れ出すまでグズグズとベットで寝ておりましたが、
ハウルにべったりのあーくは、私たちと一緒に起床するように。
そして、一番にハウルのゲージに向かいます。かわいいんだぁ。

e0005411_10102924.jpg
この生活リズムはハウルにも浸透したようで・・・。
起床時間の5時前後になると甲高い声で短く鳴くようになった。
最初はマジ?たまたまじゃん~!?と思ったけど、土曜日も日曜日も5時に鳴くんだなぁ。
すげぇ。ハウルは時間が分かるのか!?
でもね。休日はのんびり起床なんだよ・・・。

ハウルはニワトリです。

e0005411_10105086.jpg
のんびり~のんびり2時間ほど散策しました。
e0005411_1011323.jpg
今年に入ってからお出かけ先での富士運がよく、
この公園に通い始めて一番の富士山が見えました。

さて。
昨日は節分。
e0005411_10111977.jpg
ここ近年、あっと言う間に全国区へ席巻した「恵方巻き」。
年々イベント化され盛り上がってます。

起源・由来は諸説混在し、
商魂たくましい関西の鮨屋の陰謀ではないかと思いつつ~
こういった楽しい食の歳時記は大歓迎!と我が家も慣例化になりました。
ただし。勝手にルールを変えています。
一気に丸かぶりなんて無理。
それだけでお腹が一杯になっちって、即晩ごはん終了~はつまんない。
チビチビ呑みながらチビチビ食したい呑兵衛族。
今年は手作りキンパッ(韓国海苔巻)。
具はプルコギ・卵焼き・きゅうり・かにかま・たくわん・キムチ・シソ・ほうれんそうのナムル。
恵方を向き、願い事を込めた一口を食べ終わるまで無言・・・が、我が家のゆる~い恵方巻き。

More...実はココが好き。
[PR]
e0005411_172493.jpg
週末。
ハウルを連れて一家でお出かけいたしました。
ハウルにとっては初めての「家族deお出かけ」です。
ハウルの車移動は新しく購入したバリケンin。
車に酔うことなく大人しく乗っているので、助かります。

行先はいつもの箱根。
『箱根芦ノ湖パノラマパーク』(旧:箱根ピクニックガーデン)
自然の地形を利用した80,000㎡もの公園は、
広い芝生とドックランがあり、
富士山や芦ノ湖&箱根の峰々がパノラマに広がった絶景と、
解放感溢れるお気に入りの公園です。
e0005411_1731021.jpg
朝一番のり。
人っ子一人いない我が家の貸切状態。
入場料おとな500円×2・わんこ300円×2。
入り口で受付を済ませると、
「今日は先週の雪が芝生に残っていて・・・コンディションが悪く・・・。」
と係員が頭を下げる。

雪でコンディションが悪い?

ぜ~ん然。
最高じゃありませんか!

さて。
広い芝生に到着して、ハウル大興奮と思うでしょ。
反対です。
ハウルは知らないことや知らない場所は、喜ぶどころか怯えて震えます。
好奇心が旺盛で一見怖いモノ知らずのようですが、
実はビビり。

香川県の劣悪な多頭飼育崩壊現場から『UKC JAPAN』のシェルターにきた犬は、
揃いも揃ってビビりです。
それも当然。
ほとんど世話をしてもらえない不衛生で狭隘な場所で、
つながれっぱなし。
あるいは閉じ込められぱなし。
地元のボランティアさんに保護されるまで 
人の愛情を知らず、家庭を知らず、世間を知らず、弱肉強食の犬社会で生きてきましたから。

ハウルにとってこの世界は大きすぎる。

シェルターでは弾けていたハウルもご多聞に漏れずのビビりだった・・・
ということが、家に来てから分かりました。

e0005411_1731188.jpg
最初はあーくに促されるようにお散歩をしておりましたが、
次第に落ち着いて調子が出てきました。

ハウル。初めてのドックラン。

逃走犯よ!
さぁ。

思う存分走りたまえ!

e0005411_1733132.jpg
ところが、やっぱりビビり。
ドックランに入っても、どうしていいか分からないよう・・・。
遊ぶだろうと思って持ってきたボールも興味なし。
私が投げて私が拾う。なんだこれ?
あーくに追いかけられるだけで、仕舞いにはランの外に出たがる始末だった。
e0005411_1733077.jpg
一方のあーくはとっても楽しそう。
飛び切りの笑顔でハウルの後を追いかけます。
お正月の雪山よりも、いい笑顔です。
昔のように兎走りはしなくなりましたが、小走りで一生懸命ハウルに着いてく。
それがもう~かわいくて仕方がない。
e0005411_1734927.jpg
あ~あ。ドックランで勝手に走ってくれればいいのに・・・。
夫と代わる代わるハウルと疾走し、息ぜ~ぜ~。

夫。
トライアル当初は反対してましたが、元来犬好き。
帰るコールは開口一番「ハウルは大丈夫?」と問い、
ハウルがリビングのフローリングで丸まって寝ていると、
「そんな固いとこで寝ちゃ~体が痛くなるよ。」と座布団をさしだし、
日中の用事で、ハウルだけを連れてお散歩に出かけたりしてます。

夫とハウルの距離も接近中。

e0005411_1735363.jpg
こんなおどけた表情も見せてくれました。
かわいい♪~というより、口が裂けて怖いぜぃ。

e0005411_1741224.jpg
この日。一番のお気に入りの一枚。
2匹が私の方に向かって走ってきます。かわいい♪

今日から仕事復帰しました!
仕事リズムを取り戻すべく~新しい1週間を頑張ります。

**前述の記事にコメントを下さった皆さんへ。
ハウル逃走の記事に、たくさんのコメントを頂きました。
一つ一つ隅から隅まで嬉しく拝見しております。
ハウルはあの逃走劇から、
すぐに同型でワンサイズ小さいハーネスを買い直し、
首にはチョーク(シェルターの)と2重のガードでお散歩に出ています。
コメントでご紹介いただいた抜けにくいハーネスを知ったのは、
買い変えた後でした・・・。早まった・・・。
ですが、今のは予備にしてもいいので、後々検討させていただきますね。
貴重なアドバイスをありがとうございました。
そして、逃走犯ハウルを心配して下さってありがとうございました!
笑い話としてご報告出来て、本当によかった。
一時は狼狽し、最悪なことを考えました。
ハウルが家に帰ってくれたこと~より家族として絆が深まったできごとになりました。
[PR]