<   2007年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

e0005411_1020315.jpg
見ぃつけたぁ~♪
blogのお友達minminさんが教えてくれた四葉(すうよう)きゅうり

e0005411_10321596.jpgこのきゅうりは、いぼいぼが多く、ちりめんのように表面にしわが寄っているのが特徴。一般的なきゅうりよりも長く大きさは1.5倍ほど。皮が薄くパリパリと歯切れがよく、味がしみこみやすいため漬物に向いているとか。
東海漬物の看板商品「きゅうりのキューちゃん」は、四葉(すうよう)きゅうりで作られているそうです。
漬物といえば・・・そう!私の十八番「オイキムチ」に適しているということ!
minminさんは普通のキムチは水っぽいので、オイキムチにはこの四葉(すうよう)きゅうりで作るとおっしゃっている。
オイキムチ好きとしては、味の違いを確かめたい!
といっても、この辺じゃ手に入らないだろうなぁ~と思っていたら・・・・
あるじゃな~い!
大型スーパーの有機野菜のコーナーに。全く、気づかなかったわ。
普段は1袋・6本で100円の安売りのきゅうり一直線でしたからね。

今年は、「四葉(すうよう)きゅうり」でワンランク上のオイキムチに挑戦します!
[PR]
e0005411_10462535.jpg
久しぶりに地元ネタ。
2週間ほど前の話になりますが、私の実家・葉山にあるこんなお店に行ってきました。
「焼肉韓厨房 雅娘(アラン)」
東京・麻布十番にある韓国料理雅娘(アラン)の葉山店。韓国食いだおれの聖地「全羅道」の家庭料理を地元のブランド牛・葉山牛やその日に水揚げされた海の幸など旬の厳選された素材でいただけるのがうり。定番の料理から湘南にちなんだ「しらすのチヂミ」や「鮑焼き~韓国風」などオリジナルメニューもあります。
e0005411_10465040.jpgそれまで葉山で韓国料理といえば、長柄交差点そばの「友琉館」
ここは昔ながらの古典的な日本式焼肉屋さん。
実は私。学生時代に短期間のバイトをしていました。当時は米沢牛を扱っており、決して安くはないのですが、その肉の確かな味から人気店になり、遠方からのわざわざやってくるお客さんが多かった。週末の駐車場はいつも満杯。夜は目が回るほど忙しく、いつもクタクタ&顔は脂でギトギトになっていました。
当時の賄いはもちろんお店のメニューから。食べないことが多かったのですが(その時はダイエットしていた)、頼むときは「ユッケジャンクッパ」をお願いしてましたっけ。

e0005411_10471512.jpg葉山の韓国料理=「友琉館」と不動の地位にいたところへ、2年前に雅娘(アラン)が挑戦状を叩きつけた!
といっても全くタイプが違うので、競合することはないでしょう。
店内のインテリアは食器の細部までこだわり、李朝時代の家具をモダンに現代風にコーディネートされている「雅娘(アラン)」はカップルが初デートでもOKのお店。
対して昭和・平成と歴史を重ねてきた「友琉館」は一線を越えたカップルor気取らない間柄向け。山の手Vs庶民派。客層が違うのよ。
e0005411_11295231.jpg
e0005411_11303777.jpgランチで入りましたが食べたいランチセットがなかったので、私は単品で「ビビム麺」。
初めて入ったお店は、まず大好物の「ビビム麺」の味を確かめるのが私の流儀。
盛り付けが美しい・・・わかめが入っているところが葉山風?さくらんぼの下で波打っているのはトマトです。2秒後には、グルグルにかき混ぜちゃうんですけど。
冷たいスープがついてきました。「辛かったら入れてください」とのこと。
余裕の辛さだったので、スープは入れずにフツーに飲み干しました。
e0005411_11354591.jpg
旦那様が注文したのは、「柔らかカルビタン」+ライス(中)。トロケるほど柔らかいお肉と地元の新鮮野菜が惜しげもなく入っています。
「うぉ~でっかいね~!」と感激していたら、なんと2人前がきていた。お会計のときに慌てた。なんの疑いもなく「ペロリ」と食べつくした旦那よ。さすがじゃ。

ちなみに「葉山カード」使えます。

「葉山カード」とは
葉山町の加盟店を利用した際に、100円ごとに1ポイント印字され、450ポイントで満点カードになる。 満点カードで500円の買い物ができ、さらに複数枚ためるといろいろなイベント参加などもできたりする。

[PR]
e0005411_10112191.jpg
大変です!
私のパート先が郵政民営化のあおりを受けて、解散するかも・・・
現在、経営トップと郵政各省との話合いは大詰めを迎えています。来月には白黒はっきりするらしい。全員解雇か?私!失業か!?
妊娠するまでと軽い気持ちで勤めにでて早6年。
仕事はすっかりベテランになりました。
通勤が遠いだの、時給が安いだの、疲れるだの、仕事がつまらないだの、飽きただの、気に食わない親父がいる(この親父は退職した)だの散々いいたいこと言ってきたけど、なんだかんだいっても続いたのは、居心地が良かったから。
失いそうになって初めて気づくありがたみ。会社なくなんないで欲しいなぁ~

さて、話は変わりますが、路地モノのきゅうりが安くなってきましたね。
私の近所では、10本入りで100円なんていうのも登場しました。
早速オイキムチ・・・と行きたいところですが、少々の手間がかかります。時間があるときでないと。
そこできゅうりのみで簡単にできる浅漬けをガンガン食べています。
基本は、板摺りしてきゅうりをしんなりさせた後、醤油・砂糖・ごま油で1時間。
即席のオイキムチ風にしたいときは、上記にしょうがとにんにくとコチュジャンを加えるだけ。
梅昆布茶に漬けてもさっぱりしていてナイス!いくらでも食べられちゃう。
もちろん生でもポリポリ。
お気に入りは、マヨネーズと味噌・一味唐辛子を混ぜたディップ。大根やセロリ・ニンジンスティックなどにも合います。

もうじき「オイキムチ」を仕込みますよ!レシピのせますのでお楽しみ~♪
[PR]
e0005411_13201338.jpg
この週末。
旦那と新宿コマ劇場シアターブルで「JUMP]を見てきました。
「JUMP」とは台詞がなく、韓国の伝統武術であるテコンドーと格闘技によるアクロバティックなアクションでコメディータッチのストーリを展開し、観客を魅了する韓国の舞台。
キッチン用具をたたくリズムと役者の表情のみで演技をするキッチン・パフォーマンス「NANTA」の猛烈格闘技バージョン。
行こうと決めていたものの土日は何かしら予定が入って延び延びになっていましたが、東京の最終公演に間に合いました。
湘南から新宿までは、JRの「湘南新宿ライン」に乗って1時間弱。
便利になったものです。
久しぶりの大江戸にすっかりおのぼりさ~ん。新宿駅ではアルタのある東口にでるべきところを東南口に出てしまい迷子。
まさか東南口に出たとはわからず、道端でティッシュを配っているお姉さんに「アルタはどこですか?」と聞いたら「えっ!反対側ですよ!」とびっくりされこちらもびっくり!恥ずかしい・・・。
全くもお!夫婦そろって方向音痴と来る。軽く責任をなすりつけ合いつつ歩くこと10分。
無事、公演会場の新宿コマ劇場を見つけて一安心した私たち。ちょっと前のいざこざはすっかり忘れる。
「まずは腹ごしらえね!!!(意気投合)」
「JUNP」の上演は12時から。時間がくるとお腹がすいていようががすいてまいがきっちり食べる私たちにとって、この状況下でランチをどのようにとるべきか重要な課題。上演中お腹がすいたら一大事ですもの。
結果選んだのは、「らーめん」
e0005411_1494927.jpge0005411_14101159.jpg

舞台が終わったら、ガッツリ食べますからね。ここは軽めに麺で。旦那は「チャーシュー麺(さっぱり味)」私は「冷やし中華(醤油味)」
新宿コマ劇場近くのラーメン屋さんに入ったのですが、あまり美味しくなかった・・・ガッツリ食べる予定がなかったら、暴れていたかもしれません。とりあえず腹に流し込んだという事実のみ。満足感なし。

さて!いよいよ開演!
こちらは文句なくすばらしかった!とにかく笑えた!
演技+武術+アクロバットという超ハードな舞台をこなすのは、元武術家や体操選手など、そうそうたる顔触れ。観客を巻き込んでの演出は舞台との一体感がありました。
舞台から降りてきた役者さんに手を握られて立たされた時は、リアクションに困ったけどね。突然のことで頭の中が真っ白になっちゃたよ。でも貴重な経験です。
「JUMP」という題名にふさわしく、空中で滞空時間の長いアクロバットは鳥肌がたちました!子供から大人まで家族で楽しめます。
blogのお友達ぐっさんサンも賞賛しております。
東京公演は24日で終了しましたが、大阪公演が大阪厚生年金会館芸術ホールで28日から上演されます。関西近郊にお住まいの皆様!おすすめですぞ!

大盛況の公演後、パンフレット(1000円)で購入した人に、出演者によるサイン会と握手会がありました。
舞台に感激した私には心揺れるイベントでしたが、興奮冷めやまぬ人ですでに長蛇の列でごったがえす。
後ろ髪をひかれつつ、私は先を急いでいたので、パスすることに。



私が先を急いでいた理由・・・
e0005411_14404859.jpg

e0005411_1442739.jpge0005411_14423154.jpg

e0005411_15322240.jpg

e0005411_14442073.jpg
「サムギョプサル~」
新宿とくれば新大久保。
新大久保とくれば「コリアタウン」。
2年ブリでございますわ。
韓国料理店「てじまうる」は、山形県・平田牧場直送の平牧金華豚・桃園豚・三元豚のみを使用をするこだわりのお店。
事前にネットで調べて、「ここだ!」と決めておりましたの。もちろん!ネットからDLした10%OFFクーポン持参。
私たちが頼んだのは、「平牧三元豚骨付きサムギョップサル」。1人前1480円×2。
なんと!ダイナミックに骨付きでございますことよ。
「Pi」似の(思うのは私だけ?)イケメンの韓国人のお兄さんが、お肉が焼けるまで丁寧に御給仕してくださいます。

「韓国済州島直伝のミョルチ塩辛+タマネギスライス+サンチュ+ネギサラダなど豊富なトッピングを添えてどうぞ。」
「は~い♪(^o^)丿」
e0005411_14572775.jpg


コリアンタウンでお買い物♪
[PR]
e0005411_11211830.jpg

市場で買ってきた牛スジ肉1.5kgを半分使用して煮込みを作りました。
関東で牛スジ肉は馴染みが薄い部位ですよね。関西では「おでん」に必ず入るそうですが、関東では居酒屋の味、あるいは玄人好みのモツのような存在。家庭料理として使用する方は限られているかもしれません。
その理由の一つに下処理が面倒なことにあるかな。
以下私独自の方法ですが、まずは牛スジ肉を真水に30分ほどつけて血抜きをします。その後水から茹でこぼし、長ネギの青い部分・しょうが・にんにくを入れて3時間ほどコトコト煮込みます。
それから一旦冷やして上澄みの白い脂やアクを取り除き、再び煮込みます。この時点で半日ほど要します。
圧力鍋があればこの工程はあっという間ですが、私は持っていませんの。
だからといって、特に不便には思っていません。時間をかけて、気にかけて、フルフル~&ぷるんぷるんに出来上がったときの喜びは極上モノです。
一番のポイントは一旦冷やすことで脂を綺麗に取り除くこと、さっぱりとした仕上がりになり、カロリーダウンです。
今回は醤油と砂糖・酒の和風仕立て。途中卵をいれて煮卵にしました。
万能ネギをたっぷり散らして、さあ召し上がれ!
私の煮込みは冷めても柔らかいのよ♪
残りの牛スジ肉は、大根・長ネギ・ごぼう・ニンジンを入れて味噌仕立てやコチュジャンを入れて韓国風に。カレーやビーフシチュー・肉じゃがになる予定です。
いくらなんでも、そんなに量残っていないか・・・

さて、家のあーく。
お陰様でめでたく産毛が生えてきて「ハゲ」とはいえなくなってきました。
blogのお友達mitonさんayaiwaさんに、胸のハートマークは「キューティーハニー」みたいといわれ、それまではハゲててみっともないと思っていましたが、「見ようによってはかわいいかも♪」とすっかりハゲマークが気に入りました。
わんこ友達にも「見て♪見て♪キューティーハニーみたいでしょ♪」とあーくのハゲをさらしています。(←バカ^^;
あーくは♂なので、正しくは「ハニー」じゃなく「ハ郎」(ハロー)かな。へへっ^^
「ハ郎」君。このあいだ暑さのせいか、へそを上にして寝ていました。
普段は非常に寝相のいい「ハ郎」なので(絶対に仰向けに寝ない)、このショットは貴重です。
e0005411_11371714.jpg

[PR]
e0005411_102912.jpg
e0005411_10292727.jpg先週末の土曜日・早朝。
葉山のmiw@両親と共にコチラの市場に買出しに行きました。そこで発見したものすごく立派な網走産のしじみ。
大きさはアサリ程あり、ふっくらと盛り上がっていて見るからに「いいダシ出します!!」という風体。
100g80円とお値段も手頃だったので即決買いでした。
毎晩ビールを麦茶代わりに飲む「のん兵衛夫婦」にしじみは、最上級MUSTな必須食材。言わずと知れた、肝臓の薬ですよね。
なので、我が家の味噌汁の具といえば「しじみ」。豆腐もわかめもなめこもありません。味噌汁=ひたすら「しじみ」でございます(笑)
この日は、ビックしじみから出るダシの風味を存分に味わいたくて、「おすまし仕立て」にしました。沸騰して貝の口が開いたとたん真っ白になるスープに感動。灰汁の量もキング級。
お味はもちろん「おいしぃ~♪」
他のダシは一切入っていないのにもかかわらず濃厚。
噛みごたえのある大きな身からじゅっと出る海のエキスは、必ずや私の肝臓を元気にしてくれることでしょう!

市場でごはん♪
[PR]
e0005411_656522.jpg
韓国で「チャメ」はスイカと並んで夏を代表する庶民派のフルーツ。
日本語では「まくわうり」と訳されます。大きさはゲンコツ2つ分位。しゃりしゃりした固い食感はうり、味は安いメロン。さっぱりしていて淡白で控えめな甘さが人気です。
この「チャメ」は残念ながら日本のスーパーでは見かけません。日本でも昔は作られていたのですが、メロンの人気に押され、現在は東北の一部でわずかに栽培されている程度だとか。
大好物なのに~。国産のチャメ食べてみたい!
農家の方、是非とも「チャメ」を復活させていただけませんか?
私は、横浜橋商店街の韓国食材店で手に入れました。1つ450円。
e0005411_65715100.jpg
切るとこんな感じの真っ白な果肉で、中央に小さな種がぎっしり詰まっています。
私のこの切り方は日本式のメロンの切り方。正式ではありません。
韓国では、皮を剥いて輪切りにし、種ごと食べます。が、この種は曲者で非常に消化が悪い。翌朝、原型をとどめた形で出てくるそうです。腸が弱い私は、種を綺麗にとりのぞきました。
また、体をかなり冷やす果物なので、食べ過ぎてもお腹を壊すそうですよ。ご用心。
[PR]
今年も我が愛犬・あーく君ハゲました。
e0005411_10171344.jpg
毎年毎年季節の変わり目になると、どっかしらハゲてしまう皮膚の弱いあーく。

前回のハゲは→こちら

柴犬という犬種は皮膚の弱い子が多いのですが、あーくは異常。
ストレスを与えただけでもハゲてしまう。
何年か前の海外旅行で茅ヶ崎の実家に1週間あーくを預けたときも2ヶ所ほどハゲをこしらえてきました。まったく困った体質。
今回は胸元がぱっくり。
初めてあーくにハゲが出来たときは、こりゃ一大事だと大騒ぎしてすぐさま動物病院に連れて行ったのですが、毎度のことなのでハゲ慣れ。
最初は小指大ほどの「プチハゲ」でした。少しカサブタになっていたので「オロナイン」をつけてやり過ごそうとしたら、あっという間に500円大になってしまいました。
さすがに病院に強制連行。
診察の為、ハゲの周りを更にバリカンで刈られてしまったので、ハゲ記録史上最大の「ビックハゲ」になりました。しかも、暴れたので虎刈り・・・
原因は不明
皮膚を採取して顕微鏡で調べてもらったのですが、皮下に食らうダニではないようです。
先生曰くあーくは「敏感肌」。カサブタなどオデキができると、過剰に皮膚が反応して毛が抜けてしまうのではないかと。なんと!な・・・軟弱な・・・
飲み薬2種類とハゲに付ける塗り薬をもらって、釈放となりました。
痛々しいのですが、本人(犬)は全く気にしていません。触っても平気。
風通しが良くなってかえって気に入っているかも。
[PR]
e0005411_1017103.jpg
私には毎朝の日課としていることがあります。
それは、玄関の拭き掃除。
こう書くと「なんてマメな奥様!」と賞賛の声があがりそうですが、玄関だけ。
仕事があるのでそうのんびりとしていられない。朝の限られた時間の中で最大限こなす家事は、弁当作り・食器の後片付け・洗濯(2日に1回程度)・そして玄関の掃除なのです。
玄関といってもマンションなので、ドアから一歩外に出れば管理会社のクリーンスタッフが清掃してくれます。なので、たいした労力ではなくドアの内側、畳半畳程のタタキの部分を毎朝拭いています。
そういうことになったのは単純な理由。聞きかじった風水。
「玄関は気の入り口であり、外との結界。邪気も病気も幸運も金運も玄関から入ってくる。いい気だけが舞い込んでくるには、常に綺麗にしておくことが大事だ。」と、何かの番組で芸能界一掃除の鬼・松居一代が言っていたのです。その時、外からの問題に巻き込まれ運気が停滞気味だったので、「これだ!」と飛びついたんですね。
靴は出しっぱなしにしない。掃除は水拭きでOK!さらに風水的な効果をプラスするなら塩を一つまみ入れると効果がUP。簡単でしょ?
良い気が入ってくるように願いながら、「継続は力なり・・・」と今年から毎日実践しているのです。初めは忘れがちでしたが、徐々に習慣になってくると「歯を磨く」ように朝の儀式として定着してきました。今じゃ、拭かないと一日が始まらない。気持ちが悪い。
運気が上がったかって?気の持ちようでしょうね。
ちなみに・・・他の風水は、西の黄色(西の方位に黄色いモノを置くと金運が上がる)位しか知りません。さらに、「松居棒」は持っていません。

■된장찌개(テェンジャンチゲ)・韓国の味噌汁
韓国の味噌と日本の味噌の大きな違いは、日本の味噌は風味が逃げるので沸騰させないことに対し、韓国の味噌はグツグツ煮込んでこそ、旨みがでること。
韓国の味噌(テンジャン)は、原料が大豆だけなので、米麹や麦麹を使う日本の味噌に比べて甘みがなく、旨みと塩味が勝ったややクセのある味噌です。
その味噌(テンジャン)を使った具沢山の栄養満点な味噌汁。
具には、玉ねぎとズッキーニ、豆腐が入っています。初めに焦げ付かない鍋に、切った玉ねぎと半月切りにしたズッキーニ、韓国味噌・にんにくのすりおろしを入れて、炒めます。味噌をいためることで更に香ばしく深みのある味に仕上がります。
そこへ、米のとぎ汁&だし汁と種を取り除いた唐辛子を入れて煮込んでいきます。最後に豆腐を入れ、塩で味を調えたらできあがり~。
日本と同様、中に入る具はたくさんのバリエーションがあります。
この味噌汁は、2日目が美味しいんだなぁ。
[PR]
e0005411_10524465.jpg
何か悪いものでもを食べたか、はたまた食べすぎか、今朝は腹痛が目覚ましでした。
時~々こういうことがあります。
特に思い当たる節がないのに、お腹が大反乱。
今日がそんな日でした。朝から何回トイレにいっただろう。
寝相の悪い私は夜中に布団をはいで、お腹を冷やしたのでしょうね。
足も冷たく痺れるように痛い。
それにしても、ウォシュレットというマシーンは世紀の大発明だねぇ。
「もう一声!」という時には、マッサージになるし、お尻が綺麗さっぱりすっきりするよ。ウォシュレットがない生活なんて考えられないかも。

そういえば、ウォシュレット装着には旦那と一悶着ありましたっけ。
旦那は引っ越す前までウォシュレットを使ったことがなかった。ありがたみを知らなかった。のでマンション購入時、そんなものは必要ないと言い放ちました。
家のマンションは標準装備ではなく追加料金のオプションだったのです。
私の実家は昔からついていたし、今時、新築で標準装備じゃないなんてありえないでしょ?
「食器洗浄機(これまたオプション)はいらないからウォッシュレットは・・・」と懇願したのですが、一度いいだしたら聞かない旦那は「無理!」の一点張り。どんなに便利で気持ちのいいものか説明しても、耳を傾けず「贅沢品」として却下されました。(もちろん。もれなく食器洗浄機も)
結局、私が裏で実家に手を回し、miw@父が引越し祝いということでつけてくれました。
でも旦那はすぐに使わなかった。
「痛そう」「跳ねそう」とか意地を張って、断固拒否。私はウォシュレットがついた事で満足だったので、旦那が使おうが使うまいがご勝手に~と放っていました。
いつからだろう?いつの間にかです。今ではすっかり愛好者。
百聞は一見に如かずですね。毎朝トイレから「シャー」と快音が聞こえます。
だからいったじゃん~!
とはいうものの・・・最近じゃ会社や公衆トイレにも装着されていますが、そんなウォシュレットは使うのをためらいます。潔癖症ではないけれど、バイ菌だらけで不潔に感じるの。
やっぱり家に限るね。

■두부조림(トゥブジョリム)豆腐の煮物
豆腐(絹ごし推奨・舌触りがいいよ)はしっかり水切りをして、采の目にきります。
粉をつけて油をひいたフライパンで焼き目がつくまで焼き、一旦取り出しておきます。
同じフライパンに合わせ調味料(コチュジャン・醤油・砂糖・にんにくのすりおろし・粉唐辛子・だし汁・酒)を入れて火にかけ、焼いた豆腐を戻しいれて煮絡めたらできあがり。
わけぎを散らすと見た目も綺麗です。厚揚げでも手間なく美味しくできます。
しっかりした味なので、冷めても美味しい。私はお弁当にも入れます。
[PR]