「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

e0005411_138747.jpg昨日の昼過ぎ@職場で仕事中。
横浜上空、黒い雲がみるみるうちに立ち込めたかと思うと、耳を劈く落雷と共にバケツを引っくり返したかのような激しい雨。その轟きは建物の中まで響いた。
!!!!!!☆??????
目の前が真っ暗になった。
土用干しの梅がぁぁぁぁぁぁぁ。最終日なのに・・・・
この時ばかりは留守を守る雷嫌いのあーくのことより梅干が気になった。
絶対に、もうダメだと思った。



奇跡です☆梅は無事。
横浜はあんなに激しい雷雨だったのに、湘南は雷だけ鳴ったようだ。
信じられない!お天気の神様。ありがとう。

一方・・・柴犬・あーくは相当のパニックだったらしい。。
掃きだし窓の網戸を体当たりして外し、ベランダを疾走したようだ。お勝手の折りたたみ網戸も開いていた。
マンションの廊下まであーくのクンクンなく声が聞こえた。玄関のドアを開けるや否や力いっぱい飛びついてき、興奮していた。家の中では、つかず離れずの距離を保つクールなあーくが私から片時も離れようとしなかった。
浴室にまでついてきて、水しぶきが跳ねるのもお構いなしに、隅っこに座って私の入浴シーンを鑑賞していた。(風呂嫌いなのに、ありえない行動・・・)
怖かったね。もう大丈夫だよ。

本文とは関係ありませんが、休日の朝ごはんに食べた김밥・キンパッ(韓国海苔巻き)。
[PR]
e0005411_1131084.jpg実家から貰った梅5kg。
大きな容器がなかったためバケツで代用した・命名「バケツ梅」e0005411_11333629.jpg











職場の梅干漬け名人に指南をいただき、わが子同然に手塩にかけ、無事土用干しを迎えました。
初めてにしちゃ~上出来だと自負。それらしく漬かっているじゃん♪かわいい。
ところどころ黄色いマーブルな梅が混ざっているのは赤シソを入れるタイミングが遅かったためのご愛嬌。
我が家のベランダで一番日の当たる南西に陣を構える。真夏のギラギラ太陽光線をフンダンに浴びなさい。
風が吹くたびに梅の甘酸っぱい香りが部屋に広がる天然のアロマテラピー。
夕立が心配され不安定な天候に見舞われた3日間だったが今日で終了。あと数時間、雨が降りませんように。

梅干って一度漬けはじめたら3年は続けて漬けないといけないという古い言い伝えがあるそう。続けないとなにやら家に悪いことが起こるとか・・・漬け始めてから叔母から聞いた話。
え~っ!それって全国的な話ですか?漬けないと何が起こるのですか?誰かが死ぬとか・・・?怖い。
それを知っていたら漬けなかったかも!
はぁ。来年も頑張ります。

今日はもう一つ・・・腑に落ちない話。
e0005411_11355819.jpg

以前に、私のblogで最近のわんこのお散歩事情が変わってきたという話を取り上げました。
一部の方に限ってですが、ペットボトルを持参しわんこの尿を流して回っていると!
道端に限らず公園内の草土の部分まで!ちょっと神経質すぎませんか?と申しました。
このblogに遊びに来てくださる方も「それはいきすぎだ」と同感してくださる方が多く力強く感じました。
あの後もペットボトルであーくの尿を流すことなく過ごしていたのですが・・・もちろん人様の門扉にはさせませんよ。
ところがですねぇ~。
すごい看板が立てられたんですよ!!!

←こちらはよくある看板。これは私も納得。
フンの処理は飼い主の最低限のマナー。道端にフンが落ちているのは、同じわんこ飼いとしても許せない!!

でも・・・

e0005411_11361373.jpg

「はい?」
トイレは自宅でって!どういうことですか?
私はあーくのトイレを済ませるために散歩しているのですが・・・他のわんこは違うのですか?
ウチのあーくは家ではしないよう躾ましたのよ。
いずれにしても我が街のルール。
ペットボトル持参で散歩にでないといけないようですね・・・
[PR]
e0005411_1312592.jpg月に一度のお楽しみの韓国伝統料理教室。
ウキウキ気分で一歩外にでると、元気いっぱいなギラギラした真夏の太陽にいく手を阻まれる。
駅までの炎天下の道のりはひたすら暑い!暑い!
10時の時点で余裕の30度超え。私が小さい時は30度を上回るといったら相当に危険な状態だったけどこのごろはフツーに超えてるよね。
アスファルトの輻射熱に溶けちゃいそうになったけど、実際化粧は溶けちゃったけど、がんばった。
どんなに暑くても食欲だけは落ちない。miw@という食の煩悩に支配された人体の神秘。

この日のメニューは
・宮廷式ビビン麺
・オイキムチ
・わかめときゅうりの冷汁

宮廷式ビビン麺は初めて食べた。
私の大好物のビビン麺は汁のないコチュジャンをベースとした激辛のタレに、コシの強い韓国麺をまっ赤・赤になるまで混ぜて食べるタイプのものですが、「宮廷式」は違う。やはり上品だ。
小麦粉が原料の麺は素麺より太く稲庭うどんよりやや細い。小麦粉は昔、いもやそばが原料の韓国麺よりはるかに高級品で庶民の口には入らなかったそうだ。
別添えのタレは醤油ベースで辛くない。具材は牛肉を炒めたもの・干しいたけを炒めたもの・きゅうりの酢漬け・錦糸卵。
放射状に持りつけた具材の真ん中にさらに高く盛られた卵の黄色は、王様を象徴している。
それをタレをかけて満遍なくかきましていただく。「韓国版ぶっかけうどん」といった趣。

e0005411_13421145.jpgオイキムチは中に大根や人参を挟むものでなく、きゅうりをヤンニョンジャンで漬け込むシンプルなタイプ。アミの塩辛をふんだんに入れて発酵させる。細く切ってから塩漬けするので手早く作れるのがいい。
甘みに梨か林檎を摩り下ろしたものを入る。ただし林檎は発酵が早く酸味が強いのであくまで梨のない季節の代用。爽やかな甘みのある梨の方がオイキムチには断然いいそうだ。

3回目ともなると人見知りの私も場の雰囲気に慣れてきた。先生と一緒に写真撮っちゃった!
来月8月はお休み。次回は9月。つまんないなぁ。

すぐにお返事ができないかもしれませんが(ごめんなさい)、コメント蘭復活します。
[PR]
e0005411_10473273.jpg
昨日のblogで愛犬あーくからの報告もあったとおり、山中湖に一泊旅行に行きました。
怒涛のような忙しいお中元期間を無事に乗り切った自分へのご褒美&その間留守を守ってくれたあーくへの感謝。
韓国にいっちゃう?なんて話もでましたが、ここ最近あーくと旅していないねという話から国内に。
あーくが一緒だと移動は車。原油高騰の折、遠出はけっこうな出費が嵩む。ナビを搭載していない愛車で右も左も分からない土地に行くのは、夫婦喧嘩の火種になり、かえって疲れるので、手軽で勝手知ったる県近郊の富士山周辺にしました。
富士周辺は私のお気に入りの場所でありパワースポット。雄大な富士に抱かれると元気がでてくるの。
今回の旅行の、テーマはずばり「洋」!
狙ったわけではないのですが、犬OKの場所ってどういうわけか揃いも揃って「洋」なんですよ。
わんこ大歓迎の和風温泉宿ってないのよね。
そんな宿があればちょっと高くても泊まるんだけど!


■お昼ごはん
e0005411_10475486.jpg
外ランチといえば、そば・回転寿司・そば・そば・・・時々ラーメンという我が家のスタイルにはありえない光景です。ザ・イタリアンでございます。店の名は・・・なんだっけ?舌を噛みそうなオサレな名前でしたので忘れてしまいました。
わんこ連れということで、芝生のテラス席に。
前菜のサラダにパスタ3種類・ピザ3種類のいづれかから1つをチョイスします。
両方食べたかったので、夫はパスタ・「辛いトマトのパスタ」。私はピザの定番「マルゲリータ」にしました。
ピザは私が好きな生地が薄いタイプでまあまあ美味しかったけど、パスタは・・・!?
まず味が薄い。ぼけている。辛いって!どこが?何でタケノコが入っているの?
タバスコを貰って味を誤魔化そうと思ったら、でてきたのはオリーブ油に輪切りの唐辛子を漬けた代物で、かければかけるほど油っぽくなってしまった。だめだこりゃ。


今宵のお宿はペンションChipumunk(チップマンク)。インターネットで検索しました。
宿泊料金がお手頃で、オリジナルの食事が決め手。食事は旅行の楽しみの98%を占めますからね。
「胃袋の満足こそ旅の満足也」我が家の旅の鉄則です。

■お楽しみの晩ごはん
前菜の魚介サラダ&舌平目のソテー
e0005411_104811100.jpg
e0005411_10482395.jpg

サーロインステーキ&グリンピースのポタージュe0005411_10483722.jpge0005411_10485296.jpg

ご覧のとおり、こちらでも我が家の晩ごはんからは、かけ離れた素敵メニューのラインナップでございます。フランス料理のように一品づつ登場しますが、あまりのんびり食べていると強制的に次の料理がでてきます。
前半で飲んだ白ワインとコロナビールの酔いが回ったようですね。後半の写真はいい加減に写しているのがバレバレ。肉はてかってまずそう。スープの写真にいたってはカメラのモードがズレてるし、おまけに私の影が落ちています。
最後のデザートにチョコレートケーキを食べたはずなのに、この頃には写真どこではなくなっている(笑)
酔っ払いの醜態。

■爽やかな朝ごはん
e0005411_1049675.jpg

早朝5時から起きて、山中湖まで1時間ほどあーくと散歩し、お腹はペコペコ。
8時からという朝食開始の時間まで、気の遠くなるほど待ち遠しかった。
よって食堂1番乗り。
普段から米飯で力をつけている我が胃袋にロールパン4個じゃ足りるわけもなく、夫と2つ追加に頼んだ。
ジャガイモや玉ねぎ・とうもろこし・ほうれん草・人参などの野菜がごろごろ入ったオープンオムレツが美味しかった。
今度家でも作ってみようっと。
蛇足ですがこの食卓にはあーくはいません。パン好きのあーくが目の色変えてオネダリ攻撃をするのは目に見えてますもの。周りに迷惑をかけるのでお部屋でお留守番です。

■帰宅途中の昼ごはん。
写真はありません。ええ。
なぜなら「洋」はお腹いっぱい。お腹は空いているけどお腹いっぱい。
「あっさりしたものが食べたいね~」と夫婦の意見は合致。
そば屋の暖簾をくぐる。
「富士おろしそば」などというネーミングの大根おろしを富士の雪に見立てたぶっかけそばに舌鼓を打つ。やっぱり、和食が一番落ち着くわ~としみじみ思ったのでした。
[PR]
e0005411_10541341.jpg
miw@がやっと連続のお休みがとれたよ。
ずっとお留守番していたご褒美にって、大好きな車に乗って、山梨県にある富士五湖の一つ「山中湖」へ連れて行ってくれた。
e0005411_10595626.jpg

梅雨が明けたばかりで天気は抜群!と思いきや、雲が多く富士山が見られなくて残念。
でも、ノーリードで森の中をたくさん散歩したよ。山中湖はわんこOKの遊び場所が多いの。
ランチにはわんこも入れるレストランの芝生が気持ちいいテラスで食べたよ。
おすそ分けに、ピザの端っこのカリカリの部分をもらった。美味しかったな。
この2日間は一分一秒たりとも、わんこをひとりぼっちにしないってmiw@たちは決めたらしい。忙しい間ずっとひとり(一匹)で帰りを待っていたから。
今日はどこに行くのも何をするのも一緒。「待て!」はなしだって!

e0005411_1102149.jpg



換毛がすすんでだいぶ衣替えしたけど、それでも真冬のダウンジャケットを脱いで、ジャンパーなった程度。
人間がこのクソ暑い時期にジャンパーなんて着ていたらよっぽどイカレ野郎だろ?
わんこは我慢強いよ。
それにしても暑い暑いねぇ~。頭から湯気がでちゃうよ。
曇っていて日が照っていないとはいえ、バテバテだよ。わんこには辛い季節。夏は嫌い。
舌もべろ~んとでちゃうよ。
途中歩きたくないって引っ張ったら、miw@が抱っこしてくれたけど、はっきりいって迷惑。
体温で余計に暑いんだよね。自力で歩いたほうがまし。
だけど、ちょっとだけ休ませて。

e0005411_1114366.jpg

湖畔にあるペンションに泊まったよ。
露天風呂や富士山が見える(見えなかったけど)展望風呂が自慢の宿。しかも貸切で入れるんだよ。わんこには関係がない話だけど。それに風呂嫌いだし。
コーギーやシーズー・M.ダックスなどわんこのお客がたくさんいた。色々なわんこの匂いがプンプンするもんだから消してやろうかと足をあげたら、miw@に叱られた。マーキングはオスの習性。散々歩いてきた後だったから「しっこ」は一滴もでなかったけどね。
そうそう同じ柴犬のお客もいた。夕飯の時食堂で目が合った瞬間「ガウガウ」されてカチンときた。売られたケンカは買うよ。
先にケンカをしかけた柴犬は部屋に強制退場。かわいそうだけど公共の場ではマナーを守らないとね。

e0005411_1124563.jpg

早朝5時に山中湖まで散歩に行った。miw@と一時間くらい歩いたよ。いつも30分くらいしか散歩しないmiw@がどういう風の吹き回しだろう?
途中、野生の鹿の親子がすぐ目の前をぴょ~んと横切った。びっくりしたねぇ。感激したねぇ。
空気がヒンヤリ気持ちよくって、思わず地面にすりすりしたよ。
いつもは「汚れるからダメ!」って言われるのに、この日は好きなだけスリスリさせてくれた。さんきゅう♪

e0005411_1153378.jpg
2日目は富士サファリパークに行きたかったけど、電話で確認したらわんこはダメだって・・・やっぱりね。ライオンに食べられちゃうといけないもんね。
仕方がないから予定を変更して御殿場の「プレミアムアウトレット」によったよ。
ここは人がたくさんいて暑いだけ。
miw@の長い買い物に付き合うのなんて、ちっともつまらなかった。それにしても予定になかったわりにはmiw@はずいぶん買い込んでいたねぇ。鞄、また買ったの?
店の前で待っていると、「かわいい」って通りがかりの人にたくさん頭をなでられたよ。

e0005411_11103372.jpg
今週末からコメント蘭を復活させるってさ!それまでもう少し待っててね!
                                           by:あーく
[PR]
e0005411_13414243.jpg私の大好物な果物。참외(チャメ)。
日本名では「まくわうり」といいます。見てみて~♪こんなにたくさん!いや。一部なんです。

韓国好きがご縁で知り合ったminminさんからのありがた~い贈り物。
憧れの家庭菜園で採れた新鮮なミニトマトやきゅうり・エホバッ(韓国かぼちゃ)まで!感激です。
まるでminminさんのblogから私の元に飛び出してきたみたい。

このところの激務により心身ともに弱っていた私。
パート先の仕事もさることながら、次から次へとやらなければいけないことが立て込んでいる。
さすがに疲れがたまっていた。
普段ならさほど気にならない夫の「脱ぎっぱなし・あけっぱなし・やりっぱなし」の三大「ぱなし」が勘にさわり、あーくが言うことを聞かないとイライラしていた。
めったにしない夫婦ケンカが勃発した。
芸能人が離婚の理由の一つに多忙による「すれ違い」をあげるが、なんとなく気持ちが分かる。
「忙しい」という漢字は心を亡くすと書く。心に余裕がなくなると人に優しくできず、自分のことしか見えなくなる。思い通りに行かないとイライラする。つい当たってしまう。疲れを理由に我がままになる。目が吊り上がり表情がきつくなる。まさにマイナスのスパイラル。
そんな中届いた暖かい贈り物。
참외(チャメ)の清涼感溢れる爽やかな甘い果実を口いっぱい頬張ると、「イライラ」がすっと溶けていった。変わりに私の心は再び「やる気」で満タンになった。
チャージ完了!もう一踏ん張りがんばります!

e0005411_13495667.jpg

エホバッ(韓国かぼちゃ)が手に入らないから、ズッキーニで代用して作っていた「된장찌개・テンジャンチゲ(味噌鍋)。
今日は正真正銘の本物よ。
[PR]
e0005411_11214058.jpg週末は、実家の両親が泊まりにきた。
土曜日は私は仕事だったが夫は休み。
私が不在でも夕方から来たmiw@父の相手を喜んで買ってくれる夫は本当にありがたいと思う。
帰りの電車では、遅れてきたmiw@母とたまたま一緒になった。
到着駅ホームで「miw@ちゃ~ん!!」と手を振りながら満面の笑みで大声で叫ぶ母。恥ずかしいじゃない。
私と母が帰った時、既に父と夫はビールから日本酒にシフトチェンジし盛り上がっていた。おまけにリビングはエアコンまでついていて、カラッと快適だった。
我が家のエアコンはインテリア。真夏でもよっぽどでない限り使わないケチケチ夫が、miw@父に敬意を表した最高のおもてなしだ。
母が買ってきたお寿司&餃子、私が買ってきた牛のタタキ。冷蔵庫の常備菜や漬けておいたオイキムチなどを肴に大宴会。
久しぶりに飲んで飲んで~と宴は続く。当然次の日は二日酔い気味。
平塚の七夕まつりを見に行く予定だったが、とてもそんな気にはならなかった。

お土産に実家で採れた梅の実を大量に持ってきてくれた。家の中がふくよかな甘い匂いで包まれた。
ジュースにするか梅酒にするか・・・そうだ!梅干にしよう!ちょうどなくなって困っていた。買うと高いしね。
ということで、両親が帰った午後はのんびり梅仕事。
この時期にしか出来ない梅の仕込みは日本版「キムジャン」(韓国で11月頃一冬分のキムチを漬ける作業)と似ている。
おへその部分を楊枝で取り除き、一晩水につけて灰汁抜き。
今朝焼酎で洗って塩漬けにした。この塩梅が難しい。13%の塩分濃度にした。
それにしても大量の梅。ちょうどいいサイズの漬ける容器がなく、我が家で一番大きなバケツを消毒して対応した。命名「バケツ梅」。
写真はテールなどを煮込む一番大きな寸胴と一番大きなボールに分けて灰汁抜きしているところ。

e0005411_11492612.jpg晩ごはんは、「닭개장(タッケジャン)鶏の辛いスープ」&「전(ジョン)ニラのチヂミ」。
その他残り物もろもろ。
写真にちょっこと写りこんでいる「アボガドとエビのサラダ」を作ってみたが、夫には不評。
アボガドって好き嫌いがはっきりわかれる食材。
私も実はそんなに好きでないが、miw@母が大好物で持ってきた。
まったりねっとりした食感が少しくどい。
たくさん食べると気持ち悪くなりませんか?




おまけ↓

このこはだあれ?
[PR]
e0005411_11212679.jpg今日はスナック出勤日。
日勤のパートが終わって急いで家にもどり、あーくの散歩をささぁ~と済ませ食事をあげてから自分の仕度にとりかかる。
この3日間、職場で着付けを習っていた人に帯結びのご教授をいただいて、何度となく練習しているうちにだんだん様になってきた。
私ってばやればできる子だったのねぇ~
夫にも、着て(無理やり)見せた。
一人で着れたことを褒めて欲しかったのに、今年新調した白地の浴衣より、以前着ていた紺地のほうが私に似合うといいだす。
余計なことは言わないで下さい。私は白地で行くよ。

ここ数日間は浴衣を一人で着ることに集中していたため、メニューまで頭が回らなかった。ちょっと手抜き。
・タコ足のやわらか煮
・枝豆の白和え
・ほうれん草のナムル
3品のうち1品は韓国料理にすることになっているけど、「ほうれん草のナムル」だけじゃさすがにどうか?と思って「オイキムチ」も加えることにした。
タコのやわらか煮はシンプルだけど、茹でれれば茹でるほど固くなるタコを相手に、冷めても柔らかく中まで味が染みるよう仕上げるために「サイダー」で煮るという技を使っています。
スナックのお客さんって、時間をかけてちびちびつまみながら飲むから、冷めても美味しくいただけるよう気を使っている。。
のに!
先週の客の入りは常連さん2人だった。悲惨だ・・・疲れちゃう・・・
今晩は「七夕祭り」から流れてくるお客さんが入るといいな。そのために浴衣まで着て気合を入れているのですから!
湘南地方。
夕方から激しい雷雨の予報がでているのが、ちと気になるところですが・・・・
[PR]
by miwappeA | 2008-07-04 11:54
e0005411_10345443.jpg今週末の金曜日から湘南の三大祭ともゆえる「平塚・七夕まつり」が4日間開かれる。
仙台ほど大規模ではないが、平塚市民はこの祭りに一年の全てをかけているんじゃないかと思うほど力の入った豪華絢爛な七夕の竹飾りが街を彩る。湘南の夏の到来を告げる風物詩だ。
期間中はものすごい人手でごったがえすそうだ。
と推測形なのは、実は私。コチラに引っ越してきてからまだ一度も行ったことがない。湘南に住むからには一度は行ってみなくてはと思っているが、不幸にもお中元戦線の真っ只中で休みがない。今年も残念だが無理だと思う。
しかし、お祭り開催の初日に当たる金曜日の夜は叔母のスナックのお手伝い日。
折角だから、店に来てくれるお客さんのお祭り気分を盛り上げようと、私の提案で「浴衣」を着ようという話になった。
と言っては見たものの・・・あれ?自力で着られないじゃん!
盛り上がるだけ盛り上がって墓穴を掘るのは私の悪い癖。着付けをしてもらおうとアテにしていた近所のおばさんの都合もつかなかった。
さぁ~ 困った。困った。
目下、インターネットを頼りに猛特訓中!人は簡単だというが・・・どこが?
何とか見られるようにしなくっちゃ。          あーくはヒトゴト・・・・
[PR]