<   2009年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

e0005411_1385061.jpgこの4日間が一つのヤマだった。
「原発性 緑内障」を発症してしまった今、次のステージは外科的な手術・・・眼球摘出を行うか否か。
月曜日に病院へ駆け込んだ時のあーくの眼圧は50(通常20以下)を超えていて、すでに薬は効かない状態だった。もし人間が50まで眼圧が上昇したら、尖痛でのた打ち回りながら緊急搬送されるほどの痛みがあるそうだ。
あーくは緊急処置として眼球の房水を抜いて、眼圧を正常の範囲内まで下げる手術をうけた。
手術は軽い鎮静剤を投与して、細い管を黒目と白目の境に差して眼球に過剰に溜まった房水を抜くというもの。あくまでも一時的なもので、数日もすればまた眼圧は上がってしまうという。
再び眼圧が上昇することは、眼の機能が停止したことを意味する。
機能が停止した眼に残るのは、痛みのみ。
先生の話の雲行きは怪しかった。
左目の視力を失ったことだけでもショックなのに、畳み掛けるように眼球摘出には3パターンの方法があると説明を始めた。
私は聞いていなかった。いや・・・ショックが大きすぎて全く耳に入ってこなかった。
この先生は平気でひどいことを言うなぁとぼんやりしていた。

家に戻り、時間の経過と共にショック死した頭と感情が動きだした。先生の言葉がフラッシュバックする。
眼をとるなんて絶対にさせない!!
眼圧さえ安定すれば、眼球摘出手術は免れる。眼圧が安定すれば・・・
ひたすら祈った。何に?なんでもいい。眼圧を下げる点眼薬に念力をおくった。
あーくは大丈夫と自分を奮い立たせるよう祈った。
あーくにしてあげられることは、祈るしかなかった。

翌日1回目の眼圧の検査。12~18(20以下が正常値)クリア。
そしていよいよ今日、術後2回目の眼圧の検査。
待合室でもずーっと念仏のようにブツブツ祈った。
祈り・・・そして、
あーくは奇跡をおこしました。
点眼薬が効いたのです。
恐らく効果ないだろうという予想を裏切り、眼圧が正常値(18)を維持しているのです。
肥大していた瞳孔が縮小しており、青白かった目の色が、あーく本来の澄んだダークブラウンに。
50を超える眼圧がかかっても眼の機能は死んではいなかった。再生しようとする力が残っていた。
あのマイナス思考の先生も、「めったにない症例」と驚く。みたか!!!あーくの底力!!
筆舌できないほどの喜び。今の涙は嬉涙です。

画像は今さっき撮影したあーくです。
コメントをいただいた皆さん。本当にありがとうございました。
どんなに勇気付けられたことか!涙で画面がにじみました。
もちろん。あーくの左目は視力を失ったことに変わりなく、薬もいつまで効いてくれるか分からない。
いつかその日が来るかもしれませんが、皆さんからの温かいコメントを糧にあーくと闘っていきます!
ありがとう。
[PR]
e0005411_9131820.jpg
悪い夢でも見ているようだった。
階段から転げ落ちるような展開のスピードに頭と感情がついていかなかった。だから、昨日は他人事のように冷静だった。
朝がきた。昨日とは違う今日。でも今日は昨日の続きだった。
夢じゃなかった。揺ぎのない現実として起こったことだった。
そして実感が溢れる感情と共に襲いかかってきた。
あーくの左目が・・・失明しました。
異変に気がついたのは日曜日の行楽先。
日の光に透けると、左目が右目に比べて明らかに違う。青白っぽい。
何か異常を感じたらすぐに連れてきてもらっていいですよと病院から言われていたので、すぐにでも連れて行きたかったが、その日は生憎、休診日だった。
月曜日。
本犬は全く気にしている様子もないのでたいしたことないだろうと思いつつも、念のために朝イチで夫に病院へ連れて行ってもらった。
当初、検査はすぐに終わるという見通しだった。ところが、実際に検査が始まると時間がかかるいう。
夫は一旦帰宅し自宅待機。
2時間後、再び病院から呼び出され、検査結果の告知そして緊急手術が決まった。
「薬が効かない。手術することになった。」と仕事先で夫から連絡を受けたとき、心は乱れに乱れたが「あーくは大丈夫!」と根拠のない自信に私は支えられていた。だから早退もせず、最後まで仕事をこなした。
仕事が終わるや否やはじけるように病院にかけつけた。この時ほど電車がのろいと思ったことはない。
あーくは夫の胸に抱かれていた。
麻酔が効いているせいで少しぐったりしてはいたが、左目はしっかり開いていた。
私が来たのが分かったようで嬉そうに甘えるいつもの仕草をした。
「ほ~ら。やっぱりあーくは大丈夫!」私は安堵した。
そして、その後の先生の説明。朗報を期待した。
ところが先生は変なことをいいだした。
「残念ながら、あーく君の左目はもう見えていない。」
一瞬体がぐらっとしたが、嘘だと信じなかった。だってあーくはさっき私のことが分かったもの。
先生はたった3ヶ月の付き合いじゃない。私はあーくが小さい時からずっと一緒なの。あーくのことは私が一番良く分かってる。その時はそう思った。

「原発性 緑内障」あーくの診断結果です。突然発症して視力を奪う怖い病気。
今まで患っていた目の房水が濁る病気とは関連がないそうです。
関連はないけど、10月からの患っていた病気と緑内障の症状がにているために発見が遅れました。
そして顕著な異変に気がついた日が、病院の休診日だったという不幸が重なりました。
これだけ注意深く経過を見守っていたのに・・・
今はただ、あーくの左眼を守ってあげられなかったことが悲しく、そして苦しい。
[PR]
e0005411_14584462.jpg
タミフルによる異常行動もなく、無事完治。生還いたしました。
ご心配いただいた皆様。本当にありがとございます。
が、ちょっと(だいぶ)心配事ができまして、気もそぞろ・・・明日には報告できると思います。
雪原を全力疾走するあーくでお茶を濁してごめんなさい。
今日はこれにて失礼します。
e0005411_1456463.jpg

[PR]
e0005411_12333787.jpg

昨晩遅く、激しい悪寒・嘔吐・発熱…こりゃ~ただことじゃないと朝イチで病院へ。検査の結果、インフルエンザでした。現在、38.3度。身体中がキシンでます。しばらくblogを休みますね。皆さまもお気をつけ下さい。
[PR]
e0005411_10192310.jpgまるで初夏を思わせるような、大暖冬にふさわしい暖かさとなった湘南の休日。
トンカツが食べたいね~という話になり、お昼ごはんは外食することに。
湘南でトンカツを喰らうならココがオススメ!という、味とボリュームが自慢のこちらでたらふく食べて、こちらで一風呂浴びて、昼寝して~と天下泰平な一日でした。ちゃんちゃん♪
あ!いや。
ちょっとした痛い事故はあったっけ。塩サウナなるものに挑戦しました。
普通のサウナよりも温度が低く、80度前後。熱いのは心臓がドキドキして息苦しくなるので、この温度はちょうどいい。
入室後、しっとり汗をかきはじめたら、備え付けの天然塩を体に塗りマッサージ。
特に顔に塗ると新陳代謝が促進。毛穴に詰まった老廃物が汗と共に流れ、ツルツルの肌になるらしい。お肌の角を曲がり切った肌には朗報。
特に念入りにすり込んでマッサージしてみた。
3分後・・・目が痛い。
流れる汗塩が目にしみる。いたたたたた・・・助けてくれい!
目を拭きたくても、手拭きタオルもオマタで塩漬け。目を洗わなくては!
目が開かないので、前が見えない。
出入り口のドアにぶつかり鈍い音。引いたら開くのか押したら開くのかが分からなくなってしまいプチパニック。
隠すものを隠すのも忘れ、ダッシュで洗眼に走った私のお尻姿は、さぞかし間抜けだったに違いない。

ばんごはん。
カンフェというセリやネギを茹でて巻いた物をチョコチュジャン(唐辛子酢味噌)をつけて食べる韓国料理。ちょっとこじゃれているでしょ?最近本で覚えた料理。
芹は春の代表的な野草。
香味系の野菜の苦味がちょっと苦手ではありますが、旬ですから我慢していただきましょう。
茹でた芹に、戻した干ししいたけに塩コショウしたものとドライマンゴーで巻きました。
芹の代わりにワケギでも干ししいたけの代わりにイカやタコなど海産物でもお肉でも。
彩りが良いので、おもてなし料理に出すと食卓に映えます。

e0005411_10194972.jpg
こちらは갈치조림(カルチジョリム)太刀魚の煮物。
大根に味が染みて、普通に美味い。
残った煮汁は捨てずに、冷蔵庫で1晩寝かせて煮こごりに。
ご飯にかけて食べる。

e0005411_10201072.jpg
バレンタインデーでしたね。
夫が頂いてきた義理チョコちゃん。
同じ部の女子の皆さん。こんな夫のためにお金を使わせてすみません。
私が、ありがたく頂戴いたします♪
(夫は甘いものがダメ。だから私は毎年あげない。)
[PR]
e0005411_8492925.jpg月一回のお楽しみ。
お料理教室に行って来ました。
元来人見知りの性分で、初めのころは歳の離れた他の生徒さん達と何を話したらいいか分からず言葉数少なめ。多分浮いていたんじゃないかな。でも、今じゃ~すっかり馴染んでいます(と思う)
「お元気でしたか~?」と生徒さんに会い会話をすることも楽しみになりました。
お料理の説明の途中でも疑問に思ったことは、その場で積極的に質問ができるようになった。(未だドキドキするけど・・・)
これって変化なんです。
でも、私の声って通りにくいのが難点。
会話の合間。
タイミングをねらって大きな声で質問したはずが、先生には全く聞こえず、まさかのスルー。
周りにはもちろん、私の質問が聞こえていたわけで、「あらら・・・」とバツが悪い雰囲気。恥ずかしい。
すると一人の方が「いい質問!ほら、もう一度言って~」と助け舟を出してくれた。
同時に先生のアシスタントさんが私の質問をフォローし、流れを戻してくれた。
このお料理教室は少人数制でとってもアットフォーム。
先生は雑誌に紹介されるような天上人なのに、垣根が全くない。こじゃれた難しい料理ではなく日本でも馴染みのある具材で作る家庭的な韓国料理は、夫にも好評。
また来月が待ち遠しい。

e0005411_8495183.jpge0005411_850440.jpg

e0005411_8502076.jpg
*本日の献立*
・鱈のスープ
・牡蠣のカットゥギ(大根キムチ)
・カムジャ ジョリム(じゃがいもの煮物)

カムジャジョリムは小さな新じゃがを皮付きのままで作るのが正統。この日は手に入らなかったらしい。日持ちするので、お弁当に重宝するの。


ちなみに私の質問?
カムジャジョリムには水あめが入りますが、「水あめがない場合に、代用できるのは何ですか?」
答え:「お水と砂糖を煮つめて作ってみてください。」
なるほど。
[PR]
e0005411_2023151.jpg
立春を過ぎ梅の花がほころび初め、湘南では冬らしい寒さもないまま春を告げる使者達の足音がすぐそこに聞こえてきました。今週末には春一番かという予報がでています。
今年は厳しい寒さもなく、とうとう湘南で雪を観測することはありませんでした。大暖冬なのかな。
家計的には光熱費は安くすみそう。暖房器具の出番はほとんどありませんでした。ファンヒーターやエアコンを点けたのはほんの数日ほんの数時間。このままでいくと初冬に買った灯油はあまるな。こたつの暖だけで充分でした。でも、冬らしい冬日があってこそ次の暖かい季節が待ち遠しいわけで・・・残った灯油とともに不完全燃焼。
と越冬隊長の柴犬・あーく弁。

隊長!冬は残ってますよ。雪を見にいきましょうか!!!

建国記念日の2月11日。
いざ東北道を北へ北へと進路をとる!湘南からひたすら走ること4時間。
栃木県「那須塩原高原」。
あーくが大好きな雪だよ~!!!
e0005411_20231955.jpge0005411_20233222.jpg

e0005411_2024443.jpge0005411_20244049.jpg

e0005411_2025362.jpg

e0005411_2030404.jpg

隊長!どうですか~楽しんでますか?
e0005411_2036195.jpg

先日はあーくに、たくさんのあたたかいお祝いメッセージをありがとうございました。
みなさん。本当に本当に嬉しかったです。
[PR]
e0005411_10164947.jpg韓国旅行前の1月30日。
あーくは7歳になりました。
チビだチビだ~と思っていたのに、人間の歳に換算すると40代後半。
あっという間に私を超えた。これが人間の子だったら小学校2年生。そう思うと感慨深い。
子供に恵まれない私達にとっては、あーくは特別な存在。
ペット以上子供未満。
昨年から左目に疾患を患い心配は尽きないが、あーくの存在は私の精神的な支えとなり癒しとなっている。
夕方、仕事から帰りドアを開けるやいなや、飛びついてくるあーく。全身で喜びを表し狂喜乱舞。毎日が生き別れた親子の感動の再会のよう。
この瞬間が一番嬉しい。疲れも吹っ飛ぶ。毎日毎日なんでこんなにも派手に喜んでくれるのか。
あーくがいるから出来ないことよりも、あーくがいるからこそ出来ることの方が遥かに多い。
これからも全力で守る大事な家族。

お誕生日おめでとう。

我が家のリビングに飾ってある写真です。
お気に入りの写真が出来るたびに、一枚一枚増えていきます。

e0005411_10171553.jpge0005411_10172724.jpg

誕生日プレゼントには毎年豚のスペアリブを焼いてあげるのが定番なのですが、シニアの年齢に突入して、少々コレステロールが気になるところ。
今年はわんこ友達に犬用のケーキがあることを聞いた。
横浜そごうのペットコーナー。行ってみて驚いた。本当に犬用?値段も人間並み。
ケーキの他に、ハンバーグのセットをプレゼントしてあげた。

「こんなん食べていいの~!」とばかりに、私の顔を見上げるあーくがかわいかった。
そして、ものの1分もかからず食べ終えてしまった。美味かった証拠。

e0005411_10173999.jpg

今年もたくさん一緒に遊ぼうぜぃ!!
[PR]
e0005411_10513520.jpg
昨年は寒波の影響で全く咲いていなかった梅
完全なフライングで、まるで枯れ木を見に行ったかのようだった。
おまけに曇っていて寒く、心まで冷たい風が染み入った。
春はどこ?そんな寒々しい思いをして帰ってきた。

今年はリベンジを果たしました。「小田原 梅まつり」
私、しつこいタイプですの。
昨日の日曜日は暖かく絶好のお天気でした。
多少の霞がかかっているものの、富士山ビュー。やったね!
この風景は「かながわ景観50選」のひとつ。
e0005411_10474517.jpge0005411_10475636.jpg

e0005411_10481855.jpge0005411_10482982.jpg

e0005411_1191132.jpg梅は6分~7分といった感じ。
寒風の中で仄かでも馥郁たる香りを漂わせる梅は、桜のような華麗さはないけどその健気さは心を惹きつけるものがある。百花に先駆け、春の使者ともいわれますね。
梅林は多くの見物客が訪れ、散策したり写真を撮ったりと思い思いに梅を愛でていた。
中には酒盛りで真っ只中のグループも。
いいねぇ~私も仲間に入れてください(笑)
イベント会場では屋台が並び、小田原のちょうちん踊りや太鼓など催し物などが開かれてすごい人だった。
NHKが取材に来ていた。夜のニュースに注目していたが、やる気配はなかった。ちえっ。

e0005411_10484148.jpg

e0005411_10485722.jpg

あーくにとっては、ガラガラの人出だった昨年の方が歩きやすかったね。
花より団子のこやつには、梅が咲こうが咲くまいが眼中にない。

大あくび。


e0005411_10515626.jpg
立派な梅の味を付けておくれ。


            ************************


そんな季節の移り変わりの早さを感じた日の晩ごはん。
e0005411_10523452.jpg
오징어볶음(オジンオポックン)イカの辛味噌炒め。
全く季節と関係のない食卓です。
[PR]
*1日目 夜食*
e0005411_11171353.jpg
e0005411_11163871.jpg金浦空港に降り立ち、ホテルにチェックインしたのは深夜の23時半すぎ。眠い。でも寝てはいけません。晩ごはんは機内食で済ませたけど、とりあえず何か食べる?
深夜こそ盛り上がる東大門市場に行くか、近くで済ませるか・・・しばし悩む。
そうだ!ホテルの近くの普門市場(ポムンシジャン)という在来市場には、新鮮で美味しい貝焼きが・・・。ココへは、2度目のご来店。ご主人も奥様も元気そう。
貝焼きの中サイズ(20000W)をご注文。中とはいえゴロゴロ出てくる。そうそうこれこれ。
お好みで酢味噌か白だしに山葵をといたようなタレをつけて食べる。これも変らない。
美味しい。
ご主人と奥さんは1年前に来た我々のことを覚えていた。恐らく私の上をいく豪傑miw@父のインパクトが強かったのであろう。「今回は留守番です。」と言うと残念そうであった。


*2日目 朝食*
e0005411_11204015.jpg

e0005411_11435170.jpg明洞にて。
ソルロンタン(牛の頭・足・ひじ肉・骨・内蔵などを煮たスープ)で有名な신선설농탕(シンソンソルロンタン)を食べよう!とはりきっていたのに、お店は日本人で占拠されていた。ツアーに組み込まれるようになったか、店内は予約のみで入れない。店の外にも日本人が溢れかえっていた。
ひやぁ~。
せっかく韓国に来たのに、日本人に囲まれて食事をしたくない。
観光客を避けるように、場当たりで入った「辛い牛肉のスープ」が自慢のお店。
私は「あわび粥」12000W。夫は名物の「辛い牛肉のスープ」6000W。色々の部位と共に血の塊りが入っていた。夫はこれが苦手。残しておりました。


*2日目 昼食*
e0005411_11443751.jpg
この旅行一番のメイン。 간장게장(カンジャンケジャン)蟹の醤油漬け。
カンジャンケジャンといえば新沙洞(シンサドン)が有名ですが、ソウルだったらここが一番!という知人の紹介で、景福宮(キョンボックン)近くの専門店へ。
e0005411_11234188.jpge0005411_11234613.jpg

e0005411_13563084.jpg両班(上流階級貴族)の韓屋を再現した店構え。
ここは高級よ。お一人様44,000W。駐車場には外車が止まっていたもの。
お膳にずらりと出てきたバンチャン(つきだし)は宮廷料理っぽい。
おお。タンピョンチェ(緑豆の寒天の和え物)に黒ゴマ粥とは、宮廷料理の前菜の王道じゃない。
そんな高級な店内でお行儀悪く蟹の足をちゅうちゅうと吸いつき、蟹味噌たっぷりの甲羅の部分にご飯と韓国海苔入れて混ぜ混ぜ。これが流儀。
とろり甘い誘惑。蟹の甘みと濃厚な旨味・秘伝の醤油ダレが口の中一杯に広がって、生きてて良かったという味。
カンジャンケジャンはその濃厚さゆえ、調子にのって食べ過ぎると胸やけするのが珠に傷だが、この店の漬けタレはがさっぱりおりそれが緩和してくれるのか、いくら食べても気持ちが悪くならなかった。
e0005411_1153230.jpg

*2日目 夕飯(Part1)*
e0005411_11264338.jpg

e0005411_11293181.jpge0005411_11294554.jpg

この日の夕飯は夫に全権利を委託した。
いつもの韓国旅行は食奉行であるmiw@父が仕切ってしまうから、娘婿殿に選択の余地はない。今宵、奉行は留守ぞ!好きなものを食べたまえ。
広蔵市場(クァンジャンシジャン)の巨大テント下にずらっと並ぶ屋台。漂う湯気。吊るしランプがなんともいえない味をだす。圧巻デス。
その中の一軒に腰を降ろす。へぇ~このベンチ電気が通ってるよ。暖かい。
どの屋台にもあった何だか分からない赤い肉を注文(5000W)。正体はなんなのか質問したけど良く分からない。食べて見ても良く分からない。美味しいのかも分からない。モツ系はモツ系だろうけど。牛の肺(フワ)かな?
雰囲気だけ味わい次ぎ行こ。次。

*2日目 夕飯(Part2)
e0005411_11301469.jpg

e0005411_11502135.jpg

e0005411_11305371.jpg東大門市場の外れにて。
夫が散々迷った挙句に決めた店。焼肉ですか。
そういえば、ココのところ韓国に来ても焼肉は食べなかったね。家でもだけど!
韓国=焼肉って思われているけど牛の肉って韓国でも意外に高い。庶民は豚肉。
夫が選んだのは水原(スゥウォン)カルビ。ハングル文字が読めないのに鼻が効くじゃない。
水原カルビは現在の焼肉スタイルの発祥の地といわれていて、牝牛の肉を使い塩ベースのタレに漬け込んでいるのが特徴。1人前22000W×2。
カルチジョリム(太刀魚の煮込み)を追加注文。
なんちゅ~貧弱なと思ったら下からたくさん出てきた。腹一杯。

*3日目 朝ごはん*
e0005411_11312816.jpg
あっという間に帰国。お迎えの集合は5時半だった。起床4時。4時って・・・さすがに眠いよ。
こんな朝っぱらなのに、キムチのお土産屋さんだけはしっかり立ち寄るのね。
朝ごはんは金浦空港にて。ファーストフードもあったけど、やっぱり韓国料理が食べたいじゃない?選ぶ余地なく1軒しか開いていなかった。
私が頼んだのは、「북어국(プゴクッ)干タラのスープ」。夫は上等の焼肉をたらふく食らい腹がびっくりしたようだ。お腹に優しい「あわび粥」を食べていた。

e0005411_11363542.jpge0005411_11365173.jpg

アシアナ航空の機内食。
アシアナの機内食はボリュームがあって好き。キムチもデザートもついているよ。
行き(左)はイカの揚げ物をオイスターソースベースのあんかけにしたもの・野菜サラダ。
帰り(右)は白身魚の揚げ物を中華のようなあんかけとシュリンプサラダ。さすがに朝8時のフライトではビールが飲みたくなかった。
素面で飛行機に乗ったのは高校生(未成年)以来の珍事。
e0005411_11374233.jpg
帰国してすぐに食べたもの。お昼ごはん。
醤油らーめん。

お土産物は。
[PR]