「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

e0005411_853176.jpg
週末。
miw@母が「フランメンコを見に行かない?」と私を誘い出してくれた。
フラメンコ?
スペインの民族音楽舞踊。情熱なダンス。
カスタネットを叩き、地団駄を踏みながらバラを加えて「オーレ!?」・・・こんなイメージ。
実はmiw@母。
あのドラム缶ボディで、あの象に踏まれたような顔で、あの運動神経で(身内lには愛ある酷評(笑))、自身を省みず夢中になっている母の習い事がフラメンコであった。実家に帰ると変なリズムでカスタネットを叩いていることがある。
面白そうじゃない?母娘のデートもたまにはいいね。しかも銀座でっすせ!

そうだ!
こんな風に公に夜遊びができる機会はめったにない!
横浜「みなとみらい」の夜景を撮るチャンスだ。
待ち合わせの時間よりちょっと早めに、だいぶ荷物になるけど愛用の一眼レフと三脚を持って出かけた。
e0005411_9401291.jpg
夜景の撮影はかなり難しい。
最近のデジカメの性能じゃ~コンデジの方が簡単に綺麗に写るんじゃない?
空に陰影が残る日没後から十数分間が撮影の狙い目。
吹きっさらしの大さん橋国際客船ターミナルは風がビュービュー。三脚が揺れる。ブレは大敵。
時間もなかった。待ち合わせの時間に遅れてしまった。(母よすまなかった)
もっと腰を据えて撮りたかったな。またチャレンジしたい。

e0005411_854131.jpg
『小島章司フラメンコ2009』
その業界では有名な人らしいが私は全く知識がない。
でも古希を超えて尚も舞台に立てるのはすごいなぁと思った。

まぁ。予想はしていたけど・・・初めは物珍しく見ていましたが、踊りのパターンに途中から飽きてしまった。
そして違うものに目がいってしまった。
主役の男の人がキレのある回転をするたび度、何かが飛んだ。
360度にほとばしる汗だった。
まるで脱水機だった。
あんなに汗をかいて大丈夫だろうか・・・衣装が張り付いているよ・・・共演者にあの汗はひっかかってるんだろうなぁ。
そればかり気になってしまった。


でも、久しぶりの母娘のデートは貴重な時間でした。

e0005411_8543695.jpg
「恋人たちのヨコハマ」
絵になってますよ~。
[PR]
e0005411_17193656.jpg
東京の病院でのあーくの検査結果を・・・でもここはなぜか横浜です。
湘南の自宅から茨城の別宅までは高速を飛ばして約2時間半(閑散時)。
連休となると所要時間は未知数。
あーくは車に乗るのが大好きで長時間のドライブもへっちゃらですが、1時間に1回は休憩をとるようにしています。茨城までの第一中継地点として横浜を少しお散歩しました。
この横浜スタジアムから港へ続く銀杏並木は私がうら若きOL時代の通勤路でした。
数年経過して・・・この道をあーくと一緒に歩くなんてね。
あの時は一人で通っていたのに・・・楽しい。
地下鉄が通り、ここいらは大分変わりました。変わらないのは銀杏の木。匂い。
e0005411_1719541.jpg
山下公園沿いの銀杏並木。ここは大木ぞろいです。私が勤めていた会社のすぐ前。
e0005411_17201051.jpg
大好きな街です。
e0005411_17251254.jpg
話は本題に。
あーく君。
結論から申し上げますと・・・
この日に予定されていた精密検査を受診することができませんでした。
右目の眼底視神経や血流の状態等、現状の詳細を調べるべく検査だったのですが・・・
この検査を受けるためには前日の夜から点眼薬を中止し、12時間以上あけて薬効を切る必要があります。
なのに・・・あーくは検査までのその12時間。眼圧を正常値に維持することができませんでした。
茨城から東京の病院へ向け立ち寄ったサービスエリア。最後の点眼からちょうど12時間。嫌な予感はありました。
眼圧の上昇をチェックすると、28mmHP(正常20mmHP以下)。
25mmHP以上になると視神経の圧迫が始まります。一刻も早く眼圧を下げないとどんどん視力が失われてしまいます。

点眼。

検査ができない。
正直。ほっとしました。


眼視鏡検査を嫌がりマズル(口輪)を装着しつつも暴れる悲痛なあーくの叫びを聞かないで済むし、検査結果が数値となり、画像となり、先生の確固たる言葉となり、現実を目の当たりにすることはなくなったから。
詳しい検査はできなかったけど、できる範囲で受けた検査では前回と大方変わりませんでした。。
現状を知るために検査を希望したのに、出来ないことを喜ぶなんて全く矛盾も甚だしい。
でも、その時は心底そう思いました。
そして東京の病院へ行ってから2日経ち・・・
今も相変わらず正常値ぎりぎりの高い眼圧を刻むあーく。
「検査ができない。」ということが、なによりも雄弁にあーくの深刻な症状を物語っていることに気がつきました。
私は馬鹿だね。
あーくの病状から目をそらしてどうする?
病院に行ったって検査じゃ治らない。アタリマエ。もう手術以外の治療はないもの。
私が思っているよりも遥かに早いスピードで緑内障は進行しているんだ。
やめてよ。

キサラタン。
トルソプト。
チモプトール。
あーくの3種類の点眼薬の名前です。
私は呪文のようなその薬の名すっかりを覚えてしまった。
呪文よ。かかって!
あーくから光を奪わないで!!!



コメントの返信できないかもしれません。
でも・・・コメントを公開します。
あぁ~矛盾だらけ。私って情けない。
[PR]
e0005411_1836970.jpg
茨城に滞在中のお決まりの散歩コース。やっぱり柴犬は田舎の風景に馴染みます。
関東の東北。こちらの朝晩は湘南より5度は寒い。
夜中、あまりの寒さに電気毛布のスイッチを入れ、あーくアンカを抱え丸まって寝ました。

e0005411_18362881.jpg
平地の紅葉は大分すすんでおりました。今が身頃。
e0005411_18371839.jpg
私たちを迎えてくれたのは、小さいながらも堂々とした風格漂うこのわんこ。
e0005411_1837465.jpg
実家の小姑犬「チョラニ」♂・4歳。
結婚して独立した子供たちに代わり両親の愛情を一身に受け、家族一えばっている。
タカビーなわんこに成長しました。
月に一回の美容院かよい。高級シャンプーの香りがする。爪の先から、お尻の穴まで磨かれる。
確実に私よりいい暮らしをしている。

本当はあーくと一緒に行きたかったけど・・・無理をさせられない。
中日はmiw@父にあーくをお願いし、miw@母と夫と三人で「袋田の滝」へ出かけた。
e0005411_1838954.jpg
日本三名瀑のひとつに数えられる「袋田の滝」。滝川が4段に岩肌を落ちることから別名「四度の滝」といわれています。
冬には全面凍結しますが、ここのところの温暖化で見られない年もあります。
ここは紅葉の名所としても有名なのです。が何?この寒々した風景!
季節は一歩先へすすんでいました。
ほぼ落葉済み。はずした。
e0005411_18382781.jpg
変わりにマイナスイオンをたっぷり吸収し、鮎の塩焼き&こんにゃくの味噌田楽で腹を満たしました。

この後、益子にも立ち寄り、しっかり新しい器を購入。
Myコレクションが増えましたよ。

e0005411_18384268.jpg
わざわざ遠くに行かなくても・・・別宅の周りの紅葉が一番綺麗でした。
e0005411_18445650.jpg


紅葉を堪能した茨城の帰り道は・・・あーくの東京の病院にて恐怖の検査です。
その模様は次回に・・・。

男前が目印です・・・
[PR]
e0005411_18231989.jpg
3連休。
実家の別宅のある茨城へ行ってきま~す!
最終日に東京の病院であーくの眼の検診も控えているので手放しの休暇ではありませんが、あーくは茨城が大好きなので一緒に楽しんできます。
e0005411_18234227.jpg
今週末は紅葉が見ごろになりそうですね。

よい三連休をお過ごしください。

miw@&あーく。
[PR]
e0005411_1436083.jpg
休職生活。
基本退屈しております。
年賀状を作り始めました。
例年適当にネットから素材を拾って仕上げ、ギリギリにポストへ投函。
元旦に届いたためしがない。
今年は、年内に届くかもしれない。

基本退屈しております。
あーくの顔を観察しました。
鼻には、ほくろのような白い点が2つあります。

基本退屈しています。
夕方早い時間から、時間をかけてごはんを作ります。
e0005411_14485670.jpg
酢で〆た鯖で巻き寿司。
海苔を内側に入れて、白菜の青い部分で巻いてみました。
e0005411_14394697.jpg

豆腐まるごと一丁入った若布入りの卵蒸し
いろいろ野菜の千切りサラダ
豚のしょうが焼き
里芋の中華風トロトロ煮

二人分ですけど・・・なにか?

3連休は茨城の別宅へ行ってきます。
その帰り道(23日)。東京の病院であーくの眼の検診の予約を入れてます。
コメントの返信は連休明けになります。
みなさんもよい休日をお過ごしくださいね!

[PR]
e0005411_7593955.jpg

某最寄の駅@20時。
もうすぐあの歩道橋の階段をあの人が降りてくる。

e0005411_7595640.jpg

見よ!この真剣な顔!

e0005411_801366.jpg

「・・・まだかな・・・・」

帰ってきた!
[PR]
e0005411_9331280.jpg
銀杏の産地ってご存知ですか?
愛知県の祖父江町だそうです。知らなかった~。
先月産地からたくさんの銀杏がわが家に届きました。
横浜の銀杏並木の色づきは7割程度だけど、一足お先に私は大量にいいただいておりました。
「銀杏はきついので一日10粒にしてください。」と注意書きがあった。きつい?
何がきついのだろう。鼻血がでるとか?とかなんとか思いつつ、こんな美味しいもの10粒じゃおさまらない。
茶色の封筒に銀杏を入れレンジで1分。独特のムレタ香り。
かたい殻を取り除くと綺麗なエメラルドグリーンが顔をだす。
e0005411_9332641.jpg
シンプル銀杏
一つまた一つ。あとひく。
e0005411_9333986.jpg
銀杏と桜海老の炊き込みごはん
酒・醤油・塩少々で味付けて炊き上げる。ダシは桜海老。
奥にぼんやり写っているのは、「蕪とイワシのつみれの汁物」

momoさん。ごちそうさまでした!
e0005411_9335877.jpg
あーくのお散歩道にも落ち葉がたくさん!
さくさくさくさく・・・乾いた葉音が耳心地いい。

箱入り息子・・・
[PR]
e0005411_10203052.jpg
ご心配をおかけいたしました。
私、全快しました。
一時はあまりにも厳しい腹の痛みに、胆石か?大腸炎か?盲腸か?死ぬのか?とあれこれ悶々と考えたりもしましたが、診断名は「胃腸炎」。恐らくストレス性のものであると・・・
先週はロクなものしか口にしない(そもそも食欲がなかった)割には出る一方で、結果やせたというよりは「やつれ」てしまいました。
いかん!体力をつけなくては!
あーくを連れてわんこOK!の近所のイタリアンレストランへ出かけました。

ランチコース(お一人様1890円)をオーダー。
普段のランチから比べると少々お高いですが、今日は「快気祝い」であります。
e0005411_10205026.jpg
前菜:シーザーサラダ(ほとんど食べ終わってます)&ピザ:マルゲリータ
ピザというと馬鹿の一つ覚えのようにマルゲリータ。このシンプルさがいい。
店内の窯で一気に焼き上げたピザはさっくりもちもち。端っこはクリスピー。
e0005411_1021524.jpg
パスタ:魚介のペスカトーレ
「いい塩梅のアルデンテだね!」と夫に言うと「??そんな名前のパスタだっけ?」
「・・・」
夫よ。アルデンテを知らんのかい!?
e0005411_10212131.jpg
本日のドルチェ:フルーツタルト&ショートケーキ
甘いものは苦手なのですが・・・闘病生活(大げさ)でアルコールがすっかり抜け、体が糖分を欲していた。ペロリ。
数種類のフルーツがふんだんに盛られていて、果物をかじっているようだった。

e0005411_10213433.jpg
あーく君。
正常高数値でありますが、眼圧は安定しています。
一緒にいられるようにこのレストランを選んだのに、この日のあーくはご機嫌ななめ。憂い顔。
ウロウロ・クンクン落ち着かないので、退場となりました。車で待っているほうがいいらしい。

e0005411_10215096.jpg
「マカロニ市場」藤沢店
■〒251-0861
 藤沢市大庭5134-6
TEL.0466-88-0100

わんこと一緒に食事ができる本格的なイタリアンレストランです。
一般的にわんこOKのお店って半分外のテラス席(寒いじゃないの)に追いやられますが、ここは一般席と隔たった室内です。
入り口もわんこ連れ専用に別であります。
[PR]
e0005411_7552423.jpg
ご無沙汰してしまいました。
びっくりしました!
あたたかいコメントの数々・・・一つ一つ大切に読ませていただきました。涙がでました。
こんなにもたくさんの方々に応援していただいてあーくも私も幸せ者です。
実はこの一週間、病に臥せっていました。
先に公言したとおり、私は先週の初めから無職になりました。
休職は期間限定で一部の仕事は在宅に移行するという条件付きですが・・・
これでしばらくはのんびりと過ごせるわぁ~と思った矢先、会社と話し合いをしたその日の夜から体調がおかしくなりました。
この数ヶ月間の仕事の悩みやあーくの症状は不安やストレスという汚水になり、私が気がつかないほど心の深い場所で一滴一滴づつ、確実にその水量を増やしていたようです。
その量はもはや界面超過スレスレだったのでしょう。いつ溢れてもおかしくない状態。
そして決壊。
そのきっかけが休職。
ほっとして緊張の糸が解けたことで、負と正と絶妙なバランスで保たれていた心のダムが崩れ、堰をきったように体中に汚水が流れ出したのです。
私が感じていたよりも体はダメージを受けていました。
初めは腸にきました。時々お腹を壊すのはいつものこと。食あたりだろうと軽く思った。
が、おかしい。お腹は急降下、脂汗が出るほどの激痛。
出るものがなくなっても痛みだけが波となって腹を打つ。
その症状が何日も続き、癒えることなく胃にも違和感。
のど元までこみ上げる胃もたれによる吐き気。時に激しく厳しく痛み、胃に穴が開いたかと思った。
そしてとうとう発熱。背中を走る悪寒。体中の関節と腰がきしんだ。
さすがに病院へ。
熱があるということでインフルエンザを疑われ、待合ではばい菌扱いにされた。(時季柄仕方ないけど・・・)
少々具合が悪くても「アルコール消毒~♪」などど毎晩の晩酌を欠かさない私が、一週間(継続中)アルコールを受け付けないといえばその症状の重さが分かるでしょうか。

今週の湘南地方は私の体調と比例するようにことのほか悪天候が続きました。
こんなに痛んだ体でも時間が来ればベットから這い上がり、あーくの眼圧が上昇していないかチェックは怠りませんでした。
点眼を施しました。
その場にうずくまりたくなるような体調でも雨風強い中、あーくの散歩にでかけました。
そんな私の思いとは裏腹に雨嫌いのあーくはこんな時も一歩も歩かない。
頑張っているのに・・・愛情の空回り。雨に濡れながら、なんて自分はかわいそうなんだろうと思ってまう。
世の中の理不尽さを感じてしまう。
反面、この逆境にも負けずくじけず、なんでこんなに頑張れるのかとも思った。
私は自分以外の何かのために自己犠牲してまでも頑張ったことはあったでしょうか。

一週間、昼も夜もよく寝ました。
発熱した2日間は家事がまったくできず、3食夫が買ってきたコンビニ弁当でした。
胃腸が弱っているというのに「うどんが食べたい」といったら「天ぷらうどん」、「何でもいい」といったら、「グラタン」を買ってきた夫。
私が苦しんでいようがいまいが、のんびりマイペースなあーく。
不器用だけど世話が焼けるけど、そんな愛すべき家族のために私は頑張れるのかもしれません。

7割方体調は戻ってきました。
この不調は今まで突っ走ってきた神様がくれた休息だと思います。
全快は近いです。
ビールが早く飲みたいなぁ。

もう少し元気になったら、皆様のところへ足跡を残します!
今は読み逃げでごめんなさい!

e0005411_7554189.jpg

[PR]
e0005411_18195642.jpg

今日は休み明けですが、私は仕事を休みました。
出勤前の眼圧チェック。あーくの眼圧は24mmHP(通常20mmHP以下)
点眼薬を施した直後だったのに下がり方は鈍く、15分おきに眼圧を測るもなかなか20mmHPを切らない。
10月末から3種類になった点眼薬ですが・・・実は願いはむなしく効き目は鈍かった。
このところも20mmHP以上、時々数値は上昇していた。でもそれは夕方のこと。
朝の眼圧は安定している傾向にあった。
これはほっとけない。悪い予感がする。
「遅刻します。」との連絡は入れていたが「休む」との連絡に変えてをもう一度入れた。
今日は絶対にまずい。
悪い予感って決して第六感じゃない。
ここまであーくの眼圧と毎日向き合ってきて、数値が経験となって私に訴えかける。
そして夕方。またあーくの眼圧は急上昇した。
15時の測定時は16mmHPだった眼圧が1時間で倍。32mmHPになった。
すぐに点眼。

今の点眼薬の間隔である1日に3回、8時間おきではもたない。
8時間。私が仕事で留守する時間。あーくの眼圧はもたない。
あーくの視力のタイムリミットが迫っている。
どうしたらいいの?

今日一日考えた。
明日、会社に休職届けを出そうと思う。
「犬のために?」
あざ笑う人もいることでしょう。いいよ。笑うなら、笑ってください。
私の宝物なの。あーくが光を失うその寸前まで私を見ていて欲しい。
私の顔を、この世界を忘れないで欲しい。

しばらくコメント欄を閉じさせてくださいね。
[PR]