<   2010年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

e0005411_5515933.jpg
GWもいよいよ本番!
例年ならば茨城にある両親の別宅で過ごすのですが、
夫の仕事は相変わらず忙しく5日のうち3日しか休めないし、
しばらくはあーくをそっとしてあげたいってことで、miw@家は自宅でのんびりです。
東京の病院であーくの診察を予定している以外は、スケジュールは白紙。
あっ。狂犬病の注射もまだだった。まだいいかな。ぎりぎりで・・・
全般的に畑仕事に精を出します。

GW期間中は更新をお休みします。
少しづつ、あーくにコメントを下さった方お一人お一人に(blogを持っている方に限定されてしまいますが・・・)、
お礼参りに伺いたいと思います。
伺った時には優しくしてくださいね(笑)!

皆様にとって、想い出に残る素敵なGWになりますように☆

miw@&Ark
[PR]
e0005411_8595759.jpg
たくさんのあーくへ励ましのメールやコメントをいただきました。
皆さんの温かい言葉の一つ一つに目を通しているうちに、涙があふれて画面が見えなくなりました。
こんなにも多くの皆さんがあーくを見守っていてくださったのだと・・・
こんなにも多くの皆さんの心をあーくが動かしていたのだと・・・
心から感謝の気持ちで一杯です。

突然視力を失った日曜日。
あーくは自分の目が急に見えなくなった不安から戸惑っていました。
すぐ側にいる私もわからずにパニックになり、あちこち頭をぶつけながら私を探していました。
私を確認するとやっと安心し体の一部分を私に押し付け、寝るわけでもなく、ただただぼんやりとしていました。
それから4日目。
家の中では不自由なく過ごせるようになりました。
頭をぶつける回数も減り、水飲み場(2カ所あります)も探せますし、呼べば迷いなくきます。
ソファやベットだって上り下りします。帰宅すると2本足でピョンピョンと飛びついてきます。
ただし、お散歩はいまいち。
明るいうちは、割としっかりした足取りで私の先頭に立ちますが、夜が全然ダメです。
私が手や足を叩いて音であーくを誘導します。
脇を横切る車やバイクを恐がり、ちょっとした段差につまづき、電柱に頭をぶつけます。
途中、方向を見失ってその場にうずくまることも・・・

わずかな視力の反応はあります。
家の中の動きだけを見ると視力が少しは回復しているようにも見えます。
でも、それは動物本来の優れた感覚による慣れなのかもしれません・・・まだ、判断がつかない状態です。
そして困ったことに、眼圧が依然高いままです。(30mmHP~50mmHp)を推移しています。
眼圧計の数値と相談して点眼してますが、昼夜問わずほぼ2時間おき。
幸いにもあーくは痛みを感じていないらしく、目はしっかり開いています。
例え視力がなくなっても、眼圧さえ安定すれば・・・義眼の手術をしなくてもいいのですが・・・。

e0005411_19432479.jpg
視力がなくなってすぐ、
散歩を恐がり丸一日以上便通がなかったので、あーくをお気に入りの広い公園に連れて行きました。
この公園に連れて行くと100%便通があります。左目の義眼の手術の後には何度もお世話になりました。
公園では大きな鯉のぼりが大空を気持ちよさそうに泳いでいました。

「いつか見えなくなる」
この日を想像しては得もいえない不安にさいなまれ、幾度も押しつぶされそうになりました。
私の顔が分からなくなる?・・・この世界が見えなくなる?有り得ない。
あーくはどうなってしまうの?
見えない恐怖から自分の世界にこもり、あーくは変わってしまうのではないか。
あまりのショックから悲しみに暮れ、私は立ち直れないんじゃないか。
そう想像してました。

それらの想像は全て杞憂でした。
私は泣いていません。しっかり立っています。

あーくが緑内障を発症してから、私たち夫婦にできる精一杯の愛情で病気に向き合ってきました。
旅行も外食も夜の付き合いも無期延期。友人との誘いも断り、明日のスケジュールはあーくの眼圧次第。
高額な診察費・高額な眼圧計の保証金とレンタル料、高額な点眼薬・・・お金で解決できることは、例え家計が火の車・・・いえ火達磨になっても支出を惜しみませんでした。
長期にわたる1日十回近い眼圧の測定。仕事以外の外出は2時間以内。
点眼薬の時間になれば、どこにいても家に戻りあーくに点眼を施しました。
真夜中の測定も一日たりとも寝過ごしたことはありませんでした。
仕事を1ヶ月間、休職したこともありました。

全てがあーく最優先。
残された視力を守るために必死で毎日を全力で走り続けました。
辛いとか大変だとか、息切れは一度もありませんでした。
だから今、一点の後悔もありません。
視力がなくなってしまったのは残念なことには違いありません。
でも、新緑が美しく輝き、生命力が天地に満ちるこの季節でよかった。
あーくはこの自然の息吹が放つ強いエネルギーを、残された全身の感覚で「感じている」はず。
そのオーラはあーくの心を照らし、光のさす方向へ歩みを導いてくれるでしょう。

日々出来ることが増えてきました。
あーくは少しも変わっていません。
そして私達夫婦のあーくへの愛情も変わりません。
これからもずっとです。
あーくを家族に迎えいれたことは、何にも変えられない宝物です。

e0005411_16224649.jpg

お気持ちの一つ一つに返信をしたいのですが、
この更新をもって皆様へのコメントの返信とすることを許してください。
本当に本当にたくさんのコメントをありがとうございます。

miw@
[PR]
e0005411_1871231.jpg
いつかこの日が来るとは思っていました。
でもその瞬間がずっとずっと先のことであって欲しいと願っていました。

日曜日。
あーくの目の容態が急変しました。
早朝3時の眼圧測定(57mmHP)を皮切りに眼圧は上昇。
点眼薬も虎の子の頓服薬も全く効かず、瞳孔が開き目の色が白濁していきました。
幾度となく高眼圧の発作を起こしても平然としていたあーくが目を瞑り、痛みに耐えています。
そして一番恐れていたことが・・・あーく・・・見えていない・・・
私達の呼びかけにあさっての方向に顔をもたげ、視線は宙を彷徨っていました。

この日は東京の病院の休診日。
いちかばちかで係りつけの地元の病院へ駆け込みました。
一か八かというのは・・・筋金入りの病院嫌いのあーく。
指一本触れられることを拒み、どこにそんな力があるんだろうと思うほど全力で治療を拒否します。
不名誉なことですが、狂犬病の注射にも大人3人かかりで押さえつけます。
以前眼圧の発作があった時、この病院に駆け込みましたが、その時も手を施せないほどあーくは暴れました。
できるだろうか・・・

e0005411_18191719.jpg
あーくは2種類の点滴のため、半日緊急入院しました。
血管の確保ができたのです。
私はこれであーくは大丈夫!そう思いました。

迎えに行ったとき、あーくはとても元気になっていました。
一目散に私の腕の中に飛び込んできて、顔中を嘗め回されました。
でも・・・あーくの残された右眼の視力はもう元に戻ってくれませんでした。

e0005411_19243323.jpg
この写真はあーくが病院にいく前。
少しでもリラックスさせようと、あーくのお気に入りの公園へ立ち寄りました。
この時、あーくはほとんど見えていません。
突然視力を失い困惑しており、へっぴり腰で1歩1歩こわごわ歩いています。

いつかこの日が来ると思ってました。
その日はずっとずっと来なければと思ってました。

あーくはいつだって土壇場で底力を発揮してくれる!
今回も絶対乗り越えられる!そう思いました。
奇跡を祈りました。残念です。

ごめん。あーく。ごめんね。


昨晩はあーくと夫と私と3人で同じ部屋で寝ました。
あーくが私達の温もりを感じていてくれるよう・・・
あーくは子犬の頃と変わらない寝顔でした。


コメントの返信できないかもですが、開きます。
[PR]
e0005411_18493188.jpg
柴犬・ミッチーちゃん。気持ちよさそうにお昼寝中・・・
でも・・・あの~もしもし?
いちおゲスト(あーく&miw@)が遊びに来てるのですけど・・・
てんで関心なしの姐さんですの。

ここはミッチー家。
昨日(木曜日)はお仕事がお休み。
ミッチー家の近くに用事があったので、ミッチーちゃんに会いに行ってきました。
ミッチーちゃんはご存知あーくとりきちゃんと共に湘南で緑内障と闘う「GFC(Glaucoma Friendship circle 緑内障友の会)同盟 Michy-Papaさん命名」の紅一点です。
昨日は生憎とっても冷たい雨が降っていたんですが、Michyさんは私たちを温かく迎えいれて下さいました。

e0005411_18495053.jpg
あーくって「超」がつく食いしん坊で人が食べているものは何でも欲しがるのですが、一歩外に出るととても神経質な犬。
大好物が目の前にあっても、外では食べようとしない。
ましてや慣れない場所ではウロウロと落ち着かず、寝る!なんてことはありえないのに・・・見てくださいこれ!
ミッチーちゃんのソファでくつろいでいます。リラックスしています。
ミッチー家マジック!

でも。あーくの気持ちがよく分かります。
そここに飾られているミッチーちゃんの写真、リビングの日向ぼっこの特等席にあるミッチーちゃんのベット、ミッチーちゃん専用のソファ、ミッチーちゃんお気に入りのかわいいおもちゃ。
それらが優しく温かい光線をはなっていています。
本当にミッチー家って快適でアットフォームなんです。
気取らない気さくな家人のお人柄のまんま。
私も図々しくすっかりくつろいで、Michyさんとの茶飲み話に花が咲く。
話題の中心はやはりお互いのわんこの近況。
この日の午前中、ミッチーちゃんは動物病院に眼圧を測りに行き、花丸(正常値以下)を貰って帰ってきました。
あーくもここ数日は眼圧が安定しています。あーくも花丸。
「ワンコの眼圧の上下がそのまんま飼い主の気分の浮き沈みですよね。」
側らで眠る互いのワンコをなでながら、心から笑い、穏やかな時間が過ぎていきました。

せっかくだからあーくとミッチーちゃんの2ショットを・・・と
わんこ達を無理やり起こしての記念撮影を試みる。
e0005411_11311030.jpg
ダイニングテーブルの下から無理やり引きずりだされたミッチーちゃんは明らかに迷惑そう・・・大あくび。
e0005411_185079.jpg
ミッチーちゃんがお出ましなったというのに・・・なんでしょうかこの写真は!
わんこの2ショット写真は難しい・・・
もっと2匹が近づいてくれるといいんですが、大人の柴同士はすぐに腹を割ったりしない。
微妙空気がつきまとう。
e0005411_18501872.jpg
「私は眠いの~。」
引きずり出された先でもその場でウトウト・・・隙あらば寝ようとするミッチーちゃん。
e0005411_11313459.jpg
眠り姫、ミッチーちゃん。
ミッチーちゃんの百年の深い眠りを覚ます王子様になるよう、あーくの男を磨いて・・・
また何度でも出直すからね~♪

Michyさんがこの日のことをblogに更新してくださいました!
記事は→コチラ♪をクリック!
ぼんやり私の顔出しがあります(笑)

More...貰いっぱなし!
[PR]
e0005411_9503877.jpg
世間の目が桜に向いていた間に、こんなに梅の実がふっくらしていました。鈴なりになる実がかわいい♪
これは私の実家の裏にある梅林です。
あーくと箱根に行った日。
仕事を終えた夫と最寄の駅で合流し、葉山に里帰りしました。
e0005411_9504813.jpg
葉山で晩ごはん。
結婚当時は夫と実家を訪ねるとご馳走といわれるものがそこには鎮座しておりましたが、
10年も経てばフツーの食卓です。
地鶏の塩焼きをメインに焼きうどん・太刀魚の煮付け・鮭の粕汁など。
「娘婿」が特別な扱いじゃなく、本当に私の家族の「一員」になったと感じるのが食卓。
これが私のソウルフード。原点ですから!
誰!?写真を撮っているのに、地鶏に箸をのばす人は!
miw@母でした。

e0005411_9505844.jpg
このコもこのblogではメジャーな存在になってきたかな。
そうです。実の娘・息子よりも溺愛されている小姑犬・チョラニ(パピヨン・♂・5歳)です。
あーくの弟分であります。
黙っていれば、とっても愛らしくかわいい。

e0005411_951963.jpg
この2ショットを撮るのはたいへんでした。
実はこの2匹。
微妙な関係・・・といいますか、はっきり言って仲がよろしいとはいえない。
性格が真逆なんです。

あーくの性格は、おっとりしていて我慢強い。
感情が表に出にくく口下手(吠えない)の甘え下手。天邪鬼なところがあります。
ところがチョラニは高飛車で自己中で気分屋で感情表現がストレート。横行闊歩。
一日中落ち着きがなく、少しの物音に過敏に反応し吠えまくるおしゃべり犬。
ありえんことに、機嫌が悪いと飼い主を噛みます。血が出るほど。
人間だったら傷害罪で捕まります。確実に人間界では嫌われるタイプ。
この可愛い顔に騙されてはいけない。

喧嘩の原因は2パターンあります。
あーくに家族の注目が集まると面白くないチョラニが、あーくをどついて喧嘩になるというのが1パターン。
王様気質のチョラニは、常に自分に注目が集まっていないと気に入らない。
あーくも男ですから、売られた喧嘩は買います。

また、チョラニは王様らしく美食家で、お口に合わないものは召し上がりません。
オヤツを貰ってもすぐに食べずにしばらく遊んでいます。
そして飽きるとそっとオヤツから離れます。
1秒で食べ終わるあーくはチョラニがいらないんだと思って、食べに行く・・・そこへチョラニがカブッ!
罠です。
あーくが欲しがるのを知っていてわざと挑発する。
あーくも男ですから、売られた喧嘩はきっちり買います。

それで大騒ぎになるという。
時に犬たちの諍いが人間に波及することもあります。
「チョラニの前であーくをかわいがるからだろ!」だとか、
「ちゃんとチョラニをおさえていないからでしょ!」だとか・・・
やれやれ。

内弁慶のチョラニに対して、外弁慶のあーく。
なにからなにまで正反対の二匹ですが、
どちらも愛すべき我が家の家族の一員です。

More...父母からの贈り物。
[PR]
e0005411_16141022.jpg
かか様(miw@)のblogを遊びに来てくださるみなさん。
いつもあーくの目を心配してくれてありがとう。
時々、右眼が「が~ん!」ってすることがあるけど、とと様とかか様がすぐに目薬をしてくれるから大丈夫。
応援してくれるみなさんの声もあーくの力になっているからね!

先週はすごく寒かったよね。風邪ひいてない?
かか様がテレビの映像をみて「すごいねぇ~!!あーくぅ~41年振りだってよ!」って妙に興奮していた。
ゆ・き?とか言ってたけど、湘南は冷たい雨だったんだよ。あーくは雨は嫌い。
雨だと散歩も行きたくないし、ウン○もする気分になれないんだ。
それなのに、かか様は嬉しそうなんだ。なんでだろ。
いつもは「ウン○しなさ~い!」って怒られるのにね。
土曜日。かか様は朝からそわそわしていた。
休みの日の朝食終了後はゆっくり時間をかけて新聞を読むのが日課なのに、かか様はすぐさま身支度をはじめたんだ。
仕事じゃないよね?今日はお休みだよね。どこか行くの?

えっ?あーくも一緒に?いいの?やった!
車に1時間半ほど乗ったよ。
e0005411_16143291.jpg
おや?・・・足元が・・・冷たいですね・・・


「かか様。もしかして・・・
 これは雪じゃないですか?
   雪は終わりだったんじゃ~ないのですか?」

「例のヤツ・・・やっちゃってもいいですか?」


e0005411_16145462.jpg


「雪ぃぃぃ!最高ぅぅぅ~!!!」

e0005411_1615776.jpg
かか様、ここはいいところですね。箱根・「強羅公園」
湘南は雨だったけど、都心で雪が降ったと聞いたかか様はいてももたってもいられなくなったみたい。
本当はとと様とも一緒がよかったけど仕事だったんだ。とと様はGWまでは忙しい。
かか様はドライブが大好きで、一人でもフットワーク軽いよ~!
あーくの喜ぶ顔が見たいって言ってたけど・・・一番「名残雪」を楽しんでいるのはかか様だね。

この後、かか様は温泉へ。
かか様が行く温泉はいつも決まってるんだ。十代の頃から箱根で湯治といったら「天山湯治郷 天山」
「天山」以上の日帰り温泉を求めて箱根の湯を巡った時期もあったけど、結局古巣に帰った。
祝祭日ともなるとすっごい大人気な日帰り温泉。でも午前中はガラガラだって。
そりゃそうだよね~遊びに来てイキナリ温泉に入る人ってかか様ぐらいだよ。
ツルぴかになって帰ってきたかか様は、とっても上機嫌だったよ。
「お帰り~」って尻尾を振って火照ったほっぺを舐めたら、かか様はぎゅっとあーくを抱きしめてくれた。

e0005411_16152181.jpg

箱根は散りかけの桜が冷蔵保存され、青空の下の桜がまた見れたね!
この日記は後半もあるよ。

More・・・miw@より
[PR]
e0005411_115958.jpg
韓国のお友達・itukiさんのお母様の全面協力の下、韓国から野菜の種が届きました。
エホバッ(韓国かぼちゃ)・えごまの葉・サンチュ・チョンガッ大根(キムチ用の小さい大根)・・・
私がリクエストしたモノ以外にも、日本ではみかけない韓国産の葉物野菜の種まで送って下さった。
とても嬉しい。楽しみ度MAX!!!
早くMyふぁ~むに撒きたい。

まずは植え方・育て方を訳さなくっちゃ!

e0005411_11591652.jpg
カメラチングのきみどんさんから、任意の一点だけの色を抽出する画像の加工法を教えてもらった。
写真ワールドが広がります。これは遊べます。面白いです。
きみどんさんは本当になんでもよく知ってらっしゃる。勉強させてもらっています。

blogから広がる世界。

□■あーくの4月15日(木)の眼圧■□
(正常値20mmHP以下。
25~30mmHP以上で視神経が圧迫され、痛みなどの症状が出るといわれてます)
最高眼圧・・・70mmHP
最低眼圧・・・15mmHP
眼圧測定回数10回。点眼回数4回。

昨日、私の仕事はお休みでした。
私が家にいるとやっぱり安心できるのか眼圧は落ち着いて低い傾向にある。
この日のあーくの眼圧は何時間にわたって10台をキープしていた。
正常値以下。「すごい!よかったね!」って思いますよね?
でも、これって素直に喜べない。ここ最近顕著になってきたある予兆・・・

それは突然やってくる。
夜11時。『きた~っっっっ!!!70mmHP!』
気持ちよさそうに寝ているあーくを起こしての眼圧測定。
70mmHPなんてとんでもない数値を記録しても、測定が終わるとすぐに眠りこけてしまう。
人間がこの数値まで上昇するとノタウチ回るほどの強烈な痛みが襲うという。
おい。あーく。痛くないのか?寝てる場合じゃないぞ。
それとも痛みで気を失っているのか?
すぐに点眼薬を施し、この日は事なきを得た。
朝は何事もなかったかのように、元気いっぱいでした。

10台が出ると怖い。
まるで、津波の前の引き潮だ。
少々高めでも20~30mmHP台で落ち着いているのが、安心していられる。
[PR]
e0005411_1218527.jpg
今日の湘南地方は天気が悪く、冬のように寒い・・・
そんな日はちょっぴりおセンチになり・・・今日はあーくの『緑内障』のことに関して書きます。

あーくの左目が義眼になって1年が経過しました。
残された右眼も一進一退を繰り返し、危険な状態には変わりありませんが、なんとか視力は維持しています。
犬の緑内障のメカニズムは残念ながら、解明されておりません。
人間の緑内障のように長い年月にわたり徐々に進行するものではなく、発症すると急性的に視力を失うのが特徴です。
症状に気が付いて病院に連れて行っても手遅れの場合がほとんど。
残酷な不治の病です。
決定的な治療はありません。
進行をできるだけ食い止めるべく、数種類の点眼薬で眼圧をコントロールしていきます。
点眼薬でコントロールできなければ外科的な手術もありますが、その手術も絶対ではありません。
あくまでも視力の延命処置の1手段にしか過ぎず・・・いづれ・・・これは書きたくないのですが・・・
完全失明です。

一日でも長く見えてほしいと、一時は手術を受けさせようと思った時期もありました。
(実際手術の予約をしました。手術当日でキャンセルになりました。その時の記事は→コチラコチラ
あーくは治療を全く理解しない犬。
診察すら全力で拒みます。
指一本触れさせません。
発作的に眼圧が急上昇して緊急で駆け込んだ病院でも、処置を施せなかったなんてこともありました。
臆病で神経質で・・・そんなあーくには手術はできません。
点眼薬だけが光をつなぐ唯一の命綱です。

今年に入ってから、「キサラタン」という眼圧をコントロールする点眼薬が効かなくなりました。
「キサラタン」が効かなくなれば、それ以上強力な点眼薬はない最悪な状態。
そんな崖っぷちで「タプロス」という後発の新薬の存在を知ったのは、藁をも掴む思いで必死で駆け巡ったNET。
人間用として開発されたものでした。
躊躇している間はありません。すぐに行動を興しました。
調べてみると、緑内障の治療点眼薬で「タプロス」を扱う動物病院はほとんどありませんでした。
そこで、あーくが日常的にお世話になっている地元の病院で取り寄せてもらうことになりました。
「タプロス」は一縷の望み。一光でした。


「タプロス」の点眼を開始してから、2ヶ月が経過しました。

昨日、初回に購入したタプロスがわずかになったので新しく注文しました。
取り寄せていただいている病院では使用予定がないため、ばら売りはしてくれません。
製薬メーカーが販売する1梱包の5本をまとめて購入します。
その額21,000円。1本当たり4,200円です。
あーくは他に単価の高い2種類の目薬(チモプトール・トルソプト)も使っています。
目薬代だけで月に1万円を超えます。
これは決して安い金額ではありません。家計へ大きな負担になります。
でも、私はこの目薬を買いにいくことが、とても嬉しいのです。
「キサラタン」が効かなくなった時はもうダメだと思いました。試合終了のホイッスルが聞こえた気がしました。
でも、あーくは「タプロス」のおかげで延長戦を闘っています。

「一滴入魂!」毎日そんな思いです。

e0005411_12183141.jpg

□■あーくの4月14日(水)の眼圧■□
(正常値20mmHP以下。
25~30mmHP以上で視神経が圧迫され、痛みなどの症状が出るといわれてます)
最高眼圧・・・42mmHP
最低眼圧・・・22mmHP
眼圧測定回数10回。点眼回数4回。

※4/15 19:15 記事内リンクを追加しました
[PR]
e0005411_19141627.jpg
風邪は大分良くなりました。
ただ、すっごい鼻声は抜けず・・・半音低いまま。
80%の完治率でしょうか。あとちょい。
飲酒生活はお先に100%のもどり。

調子が良くなると、じっとしていないのが私の性質。
3日ほどカメラに触れていなかったうちに、桜はすっかり葉っぱになってしまった。
毎年この時期に16万本ものチューリップが競うように咲き誇る「この公園」は、夫の通勤路であり、「チューリップが綺麗に咲いてるよ~!」と聞いていた。
花などまるで無関心な夫の心を動かすチューリップ。
行ってみようかな。うずうず。
あーくの目薬の時間を気にしつつ、仕事帰りに大急ぎで立ち寄ってみた。
e0005411_924380.jpg
おっ!見事でございます。
平日の午後というのにカメラを片手に撮影する人が多かった。
色とりどりのチューリップに誘われ、通りがかりに携帯で撮影していく人も!
その中に70歳はゆうに超えていると見られる猫背な「カメラ女子」の姿を発見!
そうだよなぁ~カメラって年は関係ないよなぁ~なんて、微笑ましい目で見ていたけど、
よ~く見ると・・・ぶったまげた!
そのばあさんは「スーパーカメラ女子」だった。
三脚を立て、私には手も足も尻も!出ない「Nikon D3X」という超高級一眼レフカメラを構え、バズーカ砲のようなレンズを装着し、ケーブルレリーズ(シャッターボタンを押す指の力によってカメラがブレてしまうのを防ぐためのアクセサリー)で、一心に撮影していた。
機材と撮影姿勢はプロと同格だった。
カメラだけでも50万以上はするんじゃないかと思う。アマチュアの域を超えている。
例えるなら、ばあさんがハーレー(大型バイク)を乗り回している光景をみた驚き?
どう見てもカメラを構える姿よりも、縁側でタマと日向ぼっこしているのが似合う大ばあ様よ!
作品が見てみたいなぁ~声をかけてみようかなぁ~と思ったけど、機材に圧倒されて引け目を感じてしまった。
一般で使っている人はじめて見た~「Nikon D3X」。
同じNikon製だけど、このカメラに比べたら私のはおもちゃです!

e0005411_9174216.jpg

また会えるかな。無理だろうなぁ。一期一会。
でも今度会えたら、是非声をかけたい!

□■あーくの4月13日(火)の眼圧■□
(正常値20mmHP以下。
25~30mmHP以上で視神経が圧迫され、痛みなどの症状が出るといわれてます)
最高眼圧・・・36mmHP
最低眼圧・・・24mmHP
眼圧測定回数10回。点眼回数4回。
この日は大幅なブレがなく、平均して(高めですが)落ち着いていました。
最近のあーくは大きな変わりはありません。
眼圧に波はありますが、光はつながっています。
[PR]
e0005411_16381531.jpg
風邪をひきました。
しかも熱まで出た重症。2日間寝込みました。
週末は指折り数えて、楽しみにしていた。
結婚記念第二弾として、ちょっと気取った店にランチに行こうと思っていたのに・・・
行楽を兼ねて、記念品を買いに行く予定だったのに・・・
全て延期です。無念です。

ただ、熱が出ようが槍が降ろうが、どうしても片付けなければならない案件があった。
それは
畑に「堆肥(牛糞)を撒くこと!」
週末に撒く予定で準備していたのだ。
近隣から「ベランダがウン○臭する!」なんて苦情がくる前に(実際はそれほど匂いません)、とっととどうにかしたかった。
夫は「一人でやってこようか?」・・・と言ってくれたけど、夫は講習を受けていないので「耕運機」が借りられない。
鍬や鋤で耕せないことはないけど、デスクワークで鉛筆しか持たない運動不足の体には大変な労力と時間がかかる。第一、夫一人じゃ~不安だ。
昨日の夕方。
熱は薬で下がっていたけど、まだまだ頭がフラフラしていた。
それでも根性で畑へ行きましたよ!牛糞を撒きに!
私は戦力外。あぜ道に座って作業を見守る・・・わりには口だけは達者ってやつで!
夫を右から左へ操縦し、なんとか土作りは終了しました。

そんなわけでまだ本調子じゃありません。
今日はコメント欄を閉じさせていただきますね!
皆様からのお祝いのコメントとっても嬉しかったです♪
返信が遅くなってしまっていてごめんなさい。

□■あーくの4月11日(日)の眼圧■□
(正常値20mmHP以下。
25~30mmHP以上で視神経が圧迫され、痛みなどの症状が出るといわれてます)
最高眼圧・・・60mmHP
最低眼圧・・・18mmHP
眼圧測定回数12回。点眼回数4回。
最近の傾向として、最低眼圧が18mmHPでも喜べない。
この数時間後、眼圧が急激に上昇する。まるで予兆のよう。
点眼後は2~3時間で正常値まで下がっていくけど・・・10台が出ると逆に怖い。
[PR]