<   2013年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

e0005411_7413757.jpg

1月30日はあーくの11回目のお誕生日でした。

人の年に換算すると、60~65歳位かな。
あーくは11歳のかわいいお爺ちゃんになりました。

e0005411_74159100.jpg
仕事帰り。
駅前のモールでわんこ用のケーキを買って、みんなでお祝いしました。
夫も早く帰ってきた。
ハウルは・・・何事!?とやや戸惑い気味。
ケーキの匂いを嗅ぎ当てると、興奮気味。
そうでしょう。そうでしょう。ケーキを見たのは初めてでしょうからね。
あーくと半分づつ(プレートのビッケはあーく)あげました。
ハウルはガッツリ完食。
あーくはフルーツだけを器用に残した・・・。
e0005411_742581.jpg

HAPPY BIRTHDAY dear ARK!!

e0005411_7444963.jpg
あーくのお誕生日はちょっと切なくもなる日でもある。
11歳・・・もう11歳か。
結婚して1年後にあーくを迎え、共に歩いてきた11年。
いつもあーくが家族の中心にいました。
7歳で緑内障を発症し、8歳で全盲になりました。
あーくの光を守ろうと全身全霊で病気と戦った1年7ケ月。
辛い経験でしたが、子供のいない私たちを親へと成長させ、
家族としての絆が深まりました。
目は見えなくなったけど・・・。
心と心で手をつないで、どこへだって歩いていきます。
あーくのブルーグレーの義眼には私たちの愛がいっぱい詰まってます。
ハンデを背負っても、何も変わらないあーくの逞しさが誇り。

10歳を過ぎて目立ってきた白髪の一本一本までも愛おしいあーく。
ひとつだけお願いがあるよ。
どうか。
ゆっくりゆっくり年をとってね。

大好きだよ!
[PR]
e0005411_172493.jpg
週末。
ハウルを連れて一家でお出かけいたしました。
ハウルにとっては初めての「家族deお出かけ」です。
ハウルの車移動は新しく購入したバリケンin。
車に酔うことなく大人しく乗っているので、助かります。

行先はいつもの箱根。
『箱根芦ノ湖パノラマパーク』(旧:箱根ピクニックガーデン)
自然の地形を利用した80,000㎡もの公園は、
広い芝生とドックランがあり、
富士山や芦ノ湖&箱根の峰々がパノラマに広がった絶景と、
解放感溢れるお気に入りの公園です。
e0005411_1731021.jpg
朝一番のり。
人っ子一人いない我が家の貸切状態。
入場料おとな500円×2・わんこ300円×2。
入り口で受付を済ませると、
「今日は先週の雪が芝生に残っていて・・・コンディションが悪く・・・。」
と係員が頭を下げる。

雪でコンディションが悪い?

ぜ~ん然。
最高じゃありませんか!

さて。
広い芝生に到着して、ハウル大興奮と思うでしょ。
反対です。
ハウルは知らないことや知らない場所は、喜ぶどころか怯えて震えます。
好奇心が旺盛で一見怖いモノ知らずのようですが、
実はビビり。

香川県の劣悪な多頭飼育崩壊現場から『UKC JAPAN』のシェルターにきた犬は、
揃いも揃ってビビりです。
それも当然。
ほとんど世話をしてもらえない不衛生で狭隘な場所で、
つながれっぱなし。
あるいは閉じ込められぱなし。
地元のボランティアさんに保護されるまで 
人の愛情を知らず、家庭を知らず、世間を知らず、弱肉強食の犬社会で生きてきましたから。

ハウルにとってこの世界は大きすぎる。

シェルターでは弾けていたハウルもご多聞に漏れずのビビりだった・・・
ということが、家に来てから分かりました。

e0005411_1731188.jpg
最初はあーくに促されるようにお散歩をしておりましたが、
次第に落ち着いて調子が出てきました。

ハウル。初めてのドックラン。

逃走犯よ!
さぁ。

思う存分走りたまえ!

e0005411_1733132.jpg
ところが、やっぱりビビり。
ドックランに入っても、どうしていいか分からないよう・・・。
遊ぶだろうと思って持ってきたボールも興味なし。
私が投げて私が拾う。なんだこれ?
あーくに追いかけられるだけで、仕舞いにはランの外に出たがる始末だった。
e0005411_1733077.jpg
一方のあーくはとっても楽しそう。
飛び切りの笑顔でハウルの後を追いかけます。
お正月の雪山よりも、いい笑顔です。
昔のように兎走りはしなくなりましたが、小走りで一生懸命ハウルに着いてく。
それがもう~かわいくて仕方がない。
e0005411_1734927.jpg
あ~あ。ドックランで勝手に走ってくれればいいのに・・・。
夫と代わる代わるハウルと疾走し、息ぜ~ぜ~。

夫。
トライアル当初は反対してましたが、元来犬好き。
帰るコールは開口一番「ハウルは大丈夫?」と問い、
ハウルがリビングのフローリングで丸まって寝ていると、
「そんな固いとこで寝ちゃ~体が痛くなるよ。」と座布団をさしだし、
日中の用事で、ハウルだけを連れてお散歩に出かけたりしてます。

夫とハウルの距離も接近中。

e0005411_1735363.jpg
こんなおどけた表情も見せてくれました。
かわいい♪~というより、口が裂けて怖いぜぃ。

e0005411_1741224.jpg
この日。一番のお気に入りの一枚。
2匹が私の方に向かって走ってきます。かわいい♪

今日から仕事復帰しました!
仕事リズムを取り戻すべく~新しい1週間を頑張ります。

**前述の記事にコメントを下さった皆さんへ。
ハウル逃走の記事に、たくさんのコメントを頂きました。
一つ一つ隅から隅まで嬉しく拝見しております。
ハウルはあの逃走劇から、
すぐに同型でワンサイズ小さいハーネスを買い直し、
首にはチョーク(シェルターの)と2重のガードでお散歩に出ています。
コメントでご紹介いただいた抜けにくいハーネスを知ったのは、
買い変えた後でした・・・。早まった・・・。
ですが、今のは予備にしてもいいので、後々検討させていただきますね。
貴重なアドバイスをありがとうございました。
そして、逃走犯ハウルを心配して下さってありがとうございました!
笑い話としてご報告出来て、本当によかった。
一時は狼狽し、最悪なことを考えました。
ハウルが家に帰ってくれたこと~より家族として絆が深まったできごとになりました。
[PR]
e0005411_8523136.jpg
今週末で育児休暇も終わり。

週明けの月曜日から仕事復帰します。
2週間ちょっとも仕事を休んだのは、あーくが闘病中に1ケ月間休職して以来。
のんびりが楽しかったのは最初だけ、

仕事が待ち遠しかった。

毎日毎日2匹のわんこと顔を付き合わせ、会話は「夫」だけ・・・なんて日もありました。
ストレスが溜まるぅ。
つくづく家に篭って家事をするタイプではないことを痛感。

昨晩は会社の新年会。
毎年某ホテルの宴会会場で開催され、
酒池肉林&ビンゴの景品つきの宴ではありましたが、
なぜか私はぐったり・・・。
e0005411_855497.jpg
この僅か数時間前。
私は町内を血眼で全力疾走しておりました。

ハウルが・・・
ハウルが・・・

逃走ぉ!!!!

夕方から出かける前にあーくとハウルのお散歩にでかけました。
軽く公園を一周してマンションに戻り、カートに2匹を入れようとした時です。
あーくをカートにいれようと抱っこした瞬間、カートにまだ慣れないハウルが抵抗し、
「すぽっ!」とハーネスが外れた。

!!!!

ヤバイと思った瞬間には、
ハウルは脱兎のごとく国道に向かって走り去ってしまった。


!!!!

すぐに追いかけようにも、全盲あーくが足でまとい。
エントランスで園児バスのお迎えを待っていたお母さん(知らない人)に、
「ちょっと、お願いします。」
とあーくのリードを半ば強引に預け、逃走犯確保へと向かった。

リードを持って走っていると、通行人の方々から、
「犬?あっちの方に走っていきましたよ。」と次々と目撃情報が寄せられ、
一旦はハウルを見つけた。
が、私を見ると余計に逃げてしまう。
「ハウル!おいで!」そんな呼び戻しは出来る訳はない。
次第に私の息はあがり、足は重くなり・・・。
どう考えたって、全力で逃げる犬に鈍足が追いつけるはずもない。
国道を渡って住宅街に入り込んだという目撃情報を最後に、
ハウルはいなくなった。

頭が真っ白になった。

とりあえず、あーくをいつまでも見知らぬ人様に預けておけない。
携帯も持って出なかったので、
一先ずあーくを家に連れ仕切り直すことにした。

e0005411_8524180.jpg
どうしよう・・・。

家に戻るや否や「UKC JAPAN」の代表に電話。
この最悪な状況で一番最初に頭に浮かんだのが代表だった。
パニックに陥り、電話口の私の声はろれつが回らず泣いていたかもしれない。

代表は少しも慌てず、
「絶対帰ってくるから!とにかく落ち着くように。
まず、関係各署に迷子犬の連絡をいれるように。」と指示をくれた。

この日、シェルターでボラっていたMichyさんも電話口に出てくれ、
「今からすぐに行くから!大丈夫!落ち着いてね!」
ボラ作業を投げ出してハウルの捜索に来てくれるという。
とても力強い言葉に動揺が少し収まった。

e0005411_1154857.jpg
関係各署。
保健所に連絡を入れると、
茅ヶ崎市役所&寒川町役場及び市内動物病院に、
迷子犬の情報が一斉にFAX送信されるらしい。
警察署や動物保護センターの電話番号も教えてくれた。

動物保護センターに電話をしている時だった。

私の携帯が鳴った。

「ハウル君!捕まえたわよ!すぐに来て!」

近所の方からだった。
ハウルを捜索していた時にたまたま出くわし、
その後もずっと探してくれていたのだ。

ハウルを捕まえてくれた場所・・・。

それは、マンションの前だった・・・。

ハウルが帰ってきた!
里親に迎えて間もないハウルに帰巣本能があるとすれば、
それは我が家ではなく寒川のシェルターだと思ってた。

ハウルは帰ってきた!

すぐに迎えに行くと・・・私に怒られると思ったのでしょう。
身をすくめ小刻みに震えていた。

私は・・・私はその震える体を抱きしめてやった。
我が家に帰ってきてくれて、ありがとう。

無事に帰ってきてくれて、ありがとう…。

e0005411_8525282.jpg
私のミスが引き起こしたハウルの逃走劇は、
時間にすると1時間半ほど。
その時間がとてつもなく長く感じました。

代表をはじめ、ご近所の皆さん、そして関係各署に、
多大なご迷惑とご心配をおかけしました。
パニックになり狼狽してしまいましたが、
代表の力強い言葉に支えられました。
そしてMichyさん。
何はさておいて、いの一番にマンションに向かってくれてありがとう。
(Michyさんの到着前にハウルは捕獲されました。)
Michyさんの励ましと行動は、本当に嬉しかった。
町内を駆けずり回った後の私の落ち武者姿は・・・どうか、忘れてください。

おまけ。韓食。
e0005411_853517.jpg
土曜日の朝ごはん。
白菜キムチとエゴマの葉の醤油漬け。
キムチは朝ごはんには欠かせません。

ちなみにぼんやり写っているシュウマイは、新年会帰りに夫へのお土産。
横浜名物「崎陽軒」のシュウマイ!

明日は一家でお出かけ予定です。
皆様もよい週末をお過ごし下さい。
[PR]
e0005411_9193279.jpg

ハウルには勿体無いほどのネーム入りフードボールを、
ON/OFF共に親しくしていただいているたろっち母様より頂きました♪
このボールはネット販売はしておらず、
母様はお店のある東京の白金台まで出かけてくださいました。

e0005411_9194374.jpg
あーくとお揃い♪
名前の裏側には、それぞれのお誕生日が刻まれております。
ハウルは「UKC JAPAN」のシェルターからお迎えした1月14日です。
本当はハウルとの写真を撮りたかったけど、無芸無理っ。
「待て!」のコマンドは修行中。
写真にはいつも協力的な(ご褒美目当て)あーくにお願いしました。

さて。
昨日は同じマンションに住み、家族同然のお付き合いをしている麿ママと、
costco座間店に行ってきました。
e0005411_9195482.jpg
思い切りアメリカンな開放的な雰囲気とそのシステムに、
初入店の麿ママは「遊園地に来たみたい。」と大興奮。
コストコ内のフードコートにあるコーナーで、
ホットドック(飲み放題のドリンク付180円)とピザ(チーズ)で休憩を取りながら、
飲み放題のドリンクを何度も補充しながら、
時間をかけて館内全体を舐めるように歩きました。

で。見つけたのがこれ。
e0005411_920487.jpg
マンションの共有部分は駐車場に至るまで、敷地内の犬の歩行は禁止です。
今は2匹とも別々に抱っこ。
あーくとハウルを同時に運べるカートを探していたのです。

大きさは十分。深さもまあまあ。
耐荷重量は45kg。
折りたたみ式でコンパクトに収納でき、しかも軽くて丈夫。

そしてお値段。
驚きの3998円!

コスパに惚れたねぇ♪
理想系のカートを見つけ小躍りでお買い上げ。

で。表題にもあるハウルの体の秘密。

シェルター当時は「デブ」だと思ってましたが、以外に軽い。
トリミングによってそのほとんどがムダ毛だったことが発覚。
獣医師からは「今のままでダイエットの必要はない。」と言われました。
異常に発達した胸部は、脂肪ではなく筋肉なんだそう。

まさかの・・・マッスル。
どんだけ香川の飼育現場で、筋トレをしていたのでしょう。
サークルをよじ登るのなんて、ヤツの筋力を以てすれば朝飯前なのです。

そして。現在体重は13kgちょうど。
トライアルを始めた頃は、13.8kgありましたので、800g落ちました。
朝晩の食事と散歩で、適正な体重に落ち着くでしょう。

e0005411_9202798.jpg
そして・・・。
残念なことにフィラリア検査は「陽性」です。
香川の劣悪な飼育環境で保護されるまでロクに面倒を見てもらえず、
酷い仕打ちを受けておりましたから、
当然といえば当然の話です。

フィラリア予防薬の投与を開始しました。
フィラリアに感染した犬は通年の服用が必要となります。
ただ・・・健康な犬と同様に服用させると心臓に大きな負担をかけるので、
ショックを和らげる事前薬を服用させます。
陽性反応は菌の感染によっても「陽性」に反応がでることから、
1ケ月間の抗生剤も処方されました。

根気よく続けていれば「陰性」に反転すると聞いているので、
不安はありません。
お友達の健ゴロ母さんの悟郎兄さんと一緒に頑張るのだ!
e0005411_9201545.jpg
このとこ話題に登らないあーく。
フリーにするとハウルに煙たがれながら、ぴったり寄り添ってます。
ストーカーもここまでしつこくないんじゃない?
あんなに寝坊助だったのに・・・。
早起きになり、ハウルのゲージの前でお散歩を待ってるんだなぁ。

あーくにとってハウルをゲージに入れ外出する私は、
さながら二人の間を引き裂く恋敵かも。
ご飯と夜寝る時以外は私のソバに来なくて、ちと寂しい(笑)

e0005411_9203867.jpg
でも。
こんな二匹をみていると幸せだなぁと思います。

おまけ。今日の韓食。
e0005411_9204822.jpg
ユッケ風のお刺身のオードブル。
黄身と和えると美味し。

今日の夜。私は会社の新年会です。
夕方から夫の帰りまで、2匹はお留守番で~す。
[PR]
e0005411_834943.jpg
ハウルを迎えて1週間が経ちました。

毎朝5時起床。
お弁当を作った後、5時半頃から夫とあーくと一緒に40分のお散歩。
朝ごはんを食べたあとはフリータイム。
私が外出しなければ、ほとんどの時間をリビングフリーで過ごしています。
夕方の散歩は別々に1頭づつ。
ハウルは40分。あーくは30分ほど。
いずれは2頭引きで散歩をするつもりですが、今は育児休暇中のための時間はたくさんある。
そして夜の9時にはゲージに戻し就寝。
我が家の生活リズムに早く慣れて貰うために、規則正しい生活を心がけています。

我が家の生活時間で一番長いもの。
平時、私は仕事で家にいない。日中はお留守番が基本です。
お留守番は2匹の重要な仕事。

さぁ。
留守番じゃ。

毎週火曜日は「UKC JAPAN」シェルターでボラリ。
仲良しのMichyさんたろっち母様と出かけてきました。

朝から冷たい雨が降りしきる生憎の空模様でしたが、
シェルター到着早々に心温まる旅立ちが・・・。
e0005411_86586.jpg

福島で被災犬として保護されたA棟の「いちご」ちゃん。

シェルターで癖のあるコや手のかかるコはどうしても目立ちますが、
「いちごちゃん」は温厚で控えめで地味な立ち位置。
そんな、大人しい「いちごちゃん」に大抜擢されたのは、
92歳のおばあちゃんの茶飲み友達!
長年連れ添ったわんこを亡くして寂しい思いをしていたところに、
シェルターとの縁がつながりました。
「いちごちゃん」を推薦したのはタッズ母(代表の奥様)。
里親さんはひと目で「いちごちゃん」を気に入ったそうです。
タッズ母さすがの千眼力!

e0005411_841288.jpg

新しい里親さん家族のお住まいは大阪。
大阪でっせぇ~。寒川から一体何時間かかるのでしょう。
タッズ母はまるで近所に「いちごちゃん」を送り届けるような「軽さ」で、出かけていきました。
たった一人と一匹で!
なんという機動力!
このタッズ母のバイタリティと明るい人柄が、
300匹余りのシェルターの犬猫を支え、ボランティアさんを惹きつける魅力なのでしょう。


いちごちゃん。
これからは日あたりのいい温かい居間で、
おばあちゃんと一緒にテレビを見たり、話し相手になったり、お昼寝したり、
のんびりと過ごすことでしょう。

さて。
この日も、A棟の作業を終了し昼休憩に入った13時過ぎに、
私はMichyさんよりも一足お先にシェルターを失礼しました。
たろっち母様を駅まで送り届け、買い物を済ませて家に戻ったのは15時近く。

ハウルは・・・?

家は・・・?



無事でしたぁああ!!!


e0005411_842392.jpg
やればできるじゃないか。

この日。
突き破ったゲージの天井を木枠で頑丈に固定し、
入口扉にはナスカンで鍵を2重にかけ、ラジオをつけ、
毛布でゲージを覆い目隠しして戦意喪失を図りました。

実はこの他にも行ったことがあります。
それは、サークルの中でハウルと一緒に寝ること。
サークルの中に布団を敷いて、ハウルと一緒に寝ました。
ハウルはゲージ=罰=嫌なことと認識してしまってます。
これを取り除くには私がずっとゲージのソバにいて、安心させる必要があると考えました。

これが功を奏したか・・・は分かりませんが、大きな一歩です。

めっちゃ褒めてご褒美をあげました。
ゲージで待っていればたくさん褒めてくれる・・・そう思ってくれますように。

おまけ①
e0005411_843361.jpg
あーくが闘病時代からずっと応援して下さっているSさんから、
ガマ口型のかわいいオヤツ入れをいただきました。
これ。ボランティアさんで持ってる方がいて、欲しかったんです。
色もあーくのトレードカラーの赤が嬉しい♪

おまけ②今日の韓食。
e0005411_844218.jpg
두부찌개(トゥブチゲ):豆腐のチゲ。
冬場のチゲは味噌汁替わりです。しょうが多めで温まるぅ。

**前述の記事にコメントを下さった皆さん**
たくさんの方にコメントをいただき、本当にありがとうございました。
初めてコメント下さった方もいらして、本当に嬉しかった。
一つ一つにコメントを返すことができずに申し訳ないです。
皆さんの叱咤激励。
そして、アドバイスや体験談、貴重なお話はとても参考になりました。
皆さんのわんこもなかなかやりますのぉ。
我が家はあーくパピーをを迎えて、
新築で購入したマンションがいきなり半値になりましたので、壁は元々ガジガジです。
瞬間的には怒りますが、喉元すぎれば~「まっいっか」です。
昨日。ハウルは6時間のお留守番をすることができました。
褒められてとっても嬉しそうでした。大きな一歩です。
たくさんの方が親身になり、ハウルのことを思って下さって感謝します。

追伸:まめ吉さん。よろしければ鍵コメでメルアドを教えてくださ~い。
[PR]
e0005411_7513388.jpg
週末のお散歩風景。

当初ハウルは首輪でお散歩させておりましたが、
ハウルは頭が小さい上、トリミングで大量の毛が抜けてすっきりしてしまった。
お散歩中に何度か首輪が外れそうになってしまったので、
これは危険とハーネス着用にしました。

ハウルのトレードカラーは「橙&黄」に決定。
あーくは「赤」です。
e0005411_7514351.jpg
シェルター当時から、ハウルは誰とでも楽しそうにお散歩する子でしたが、
拍車がかかっております。
見るもの全てに興味を示し、はしゃぎ、時にはビビリながら、
あーくと朝晩の散歩に出ています。
e0005411_7515252.jpg
お散歩にはあまり積極的ではないあーくもハウルに釣られ、
ハウルと一緒ならどこでも嬉しいようです。

ハウルは、あーくの執拗なラブコールにも耐え、
無駄ぼえは全くしないし、家の中でマーキングもしない。
食欲は旺盛でなんでも食べますが、反面。
食事時は人の食べるものには興味を示さない。
皆が集まるリビングがお気に入りのようで、ソファに丸まって寝るのが好きみたい。
恐らく~マンションの隣住民は我が家に犬が一匹増えたことに気づいてない。
明るく愛嬌があり、本当に手のかからないいい子。

お留守番以外は・・・。

土曜日の午後。
夫と買い物のため、2時間ほど家を留守にしました。
前回はリビングをめちゃめちゃにされたので、
この日はサークルは飛び出るものとして、物置部屋の扉を閉めて外出することに。

用を済ませ家に帰ると・・・。

こんなんなってましたっ!
e0005411_752196.jpg
まず、物置部屋の扉が転倒した家具が塞いで開かなかった。
体当たりで無理やりこじ開け、夫と言葉を失う・・・。

ひでぇ。

ネズミだ・・・ハウルは犬じゃねぇ。ゲッ歯族だ。
箱や畑で使うマルチ(土を覆う黒や透明のビニール)が散乱し、
あーくのグッズを収納する家具は倒れて齧られていた。

まぁ。千歩譲ってダンボールは許そう。

しかし・・・家を齧ることはなかろう!

温厚な夫の怒りの導火線に火をつけたのは、言うまでもない。
ハウルを信用していた分、二人共ショックが大きかった。
しかし、私はやっと気がつきました。
ハウルは図体は大きいけど、
人間社会と共存という経験を全く積んでこなかった、いわば仔犬です。

仔犬はゲージでお留守番じゃ。

トライアル期間中にMichyさんのご好意でお借りしていたゲージがありました。
使うことなくサラでお返ししようと思っておりましたが、
背に腹は代えられない。

で。
日曜日。
サークルの中にお借りしたゲージを入れ、
「今度こそは大丈夫!」と5時間ほど家を留守にしました。

More...Michyさん。すまない・・・。
[PR]
e0005411_911073.jpg
ある休日のお昼ごはんの石焼ビビンバとわかめスープ。

最近はすっかり犬ブロ化しており、
「韓流生活」というより「わんわん生活」の様相を呈しておりますが、
日韓ちゃんぽんの食卓は健在です。

昨日は「UKC JAPAN」のシェルターに仲良しMichyさんとボラってきました。
ハウルを迎えてまだまだ2匹だけのお留守番には不安が残りますが、
元々私は家に篭って大人しく主婦業しているタイプではない。
ノイローゼになっちまう。

ここ数日の間に、買い物等で2匹にごく短い時間のお留守番をさせましたが、
ハウルはサークルを飛び出しても、まぁ何をするわけでもない。
仕事で長時間家を空ける実践に近い状態で、試してみることにしました。

ハウルはサークル。
あーくはフリー。
キッチンだけは立ち入らないようフェンスでバリケードをし、
リビングと寝室のドアは開放という~いつもの状態です。
2匹共、いいコでお留守番できるかな。

さあ。シェルターに着いて、
この日朝一番のお散歩は、新入りの柴爺さん。
e0005411_9112481.jpg
タロベエ(柴・15歳)

タロベエがシェルターに迎えられた経緯については、
Michyさんが詳しい記事でご紹介してます。→コチラ
要は・・・。
高齢の飼い主さんが要介護で寝たきり状態になり、
十分な面倒も見てもらえず2~3年も庭に放置され、殺処分寸前だったコ。
e0005411_9112492.jpg
目も見えず、左後ろ足が大きく晴れ上がってますが、
痛みはないようでひょこひょこと跳ねるように歩きます。
気になるニオイがあるとガンとして動かない頑固さが頼もしい。
お散歩楽しいね。
シェルターに行く楽しみがまた一つ増えました。

さて。この日。
代表やハウル(ハブ)を慕っていて下さったボランティアさんにハウルの様子を、
「とってもいい子ですよぉ~♪」と報告しました。
代表は「そうか。そうか。」と目を細めてとても喜んで下さいましたが・・・


撤回します!



A棟の作業が終了した昼休憩に、私はMichyさんよりも一足早く帰宅しました。

玄関の戸を開けると、いの一番に顔を覗かせたのは満面の笑みのハウル。
まっま・・・サークルから飛び出すのは想定の範囲内です。
が、次に飛び込んできたのは廊下に転がってる「しゃもじ」。
しゃもじ?
嫌な予感がします。

恐る恐るリビングに入り飛び込んできた目の前の大惨事に、呆然。

おや?ソファーの上に私のブーツが?
あ~ら。こんなところに食器用のたわしが・・・。
むむ!私のバレッタ(髪留め)が木っ端微塵。
あれ?私こんなところにパジャマを脱いだっけ?
昨日届いたばかりの小包が・・・小包が・・・箱ごとかじられバラバラだ。

まるで泥棒が物色したような有様。

ハウル・・・きっ・・・貴様の仕業か!

e0005411_9114620.jpg
あーくがハウルのサークルのある物置部屋から、
ひょこひょこ出てきたのには、更なる怒りに火をつけた。

ハウルっつ!(怒)

貴様がサークルにおらず、
なんであーくがいるんじゃぁああああああ!

サークルとキッチンの二重のバリケードを突破したハウル。
自由と好奇心の赴くままに我が家を縦横無尽に堪能したのでしょう。
私の怒りは沸点に!

・・・ハウル2度目のびびりション。

きついお灸を据え、この夜はサークルから出さないと決めました。
昼間、自由を謳歌したのですから。

大人気ない?ええ。ええ。私は大人気ないですよ。
私が大切にしている益子焼きの器を割りおって・・・。
反省したまえ!

ところがですね。
怒り心頭のまま2匹の散歩を終え、キッチンにたって晩御飯の準備をしていると、
いつもはリビングで一休みしているはずのあーくが、
盛んに「お手」をして私に訴えます。

うん?どうした!?
もしかして…ハウルを?
ハウルをサークルから出して欲しいの?
e0005411_9114257.jpg
トリミングと健康診断でハウルが留守をした時に、
ハウルを家中探すあーく。
ハウルを叱ると、しきりに私に擦り寄ってなだめるあーく。

あーくはハウルが大好きです。
今回はあーくに免じて、ハウルをサークルから出しました。

2匹のお留守番の課題はこれからも続きます。はぁ。
[PR]
e0005411_96175.jpg
昨日の午後、ハウルはトリミング。
プロの手にかかりこんなんなりました♪

ちょっと若返った?

顔周りがすっきりして一瞬、カットしたのかと思ったよ。
ずいぶん着込んでいたもんだ。
スカスカの毛になって帰ってきました。

シャンプー中。
すっごく大人しかったようで・・・
トリマーさんにかわいい♪かわいい♪と言われ、ご機嫌でした。
ハウルは玄人さん殺しのよう~です。

そしてハウル。病院でめっちゃ大人しく堂々としてます。
診察台でも微動だにせず。
待合室で待てる犬ってすばらしぃい~い。
初めて病院が楽しく思えた。
[PR]
e0005411_8191826.jpg
ハウルを迎えて3日目。
昨日の夜。キッチンで晩御飯をつくる傍らで私を萌えさせたショット。

ハウルはトライアルからウチに来た当初は所在無げで、
リビングの片隅で仁王立ちに突っ立ったまま、何かと戦っておりました。
私は構うことなく放っておいた。眠くなりゃ~寝る。
昨日一日の大半を私とあーくとリビングで過ごし、ここが安全なのが分かったのか、
はたまた睡魔に負けたのか、リラックスするようになりました。
あーくがソバによると立ち上がって逃げていたのに、
あーくに踏まれても気にしなくなりました。

ただ・・・サークルはダメ。
80cmの高さのある柵をいとも簡単に飛び越えてしまいます。
なんとも機敏なデブちんです。
ひとりぼっちはまだ慣れぬ様子。

朝の散歩は夫と一緒に出かけています。
夜は私の当番。いづれは2頭引きで散歩に行きますが、
昨日は溶けた雪が氷となり足元がおぼつかなかったので1匹づつ連れて行きました。
あーくの散歩の間、ハウルをサークルで初お留守番させていたわけですが・・・
帰宅すると案の定。出ておった。
コラッ!と叱るとビビリション。

昨日のコラッ!は2回。
わんこ達のごはん時。
あーくが「おあずけ」している所を脇からハウルが食いおった。
無芸のハウルは「おあずけ」の意味が分からず、
「食べないのなら食べてあげる~っ」といったところでしょうか。
そうはいっても「食」に執着心はない。
食べるのが遅いハウル。
自分のごはんはとっくに食べ終わったあーくが横から顔を入れても、
全く怒らず「どうぞ」と譲ってしまう。
実家の小姑犬「チョラニ」vs「あーく」となら血の雨が降る所です。
おまけに人の食卓には興味を示さず、
「食卓はりつき隊」のあーくを遠くから不思議そうに見守ってます。

さて。
ハウルのお迎えには、温かいお心遣いを頂戴しました。
e0005411_8193183.jpg
このリードと首輪。

香川県で多頭飼育崩壊現場からハウルを保護してくださったWさんが
「ハブの新しい飼い主さんが見つかったら渡して下さい」と
「UKC JAPAN」の代表に託したものです。
Wさんの温かい思いを責任の重さとともに、しかと受け取りました。
お迎えから、ハウルにつけさせていただいてます。

ハウルがもう少し我が家に落ち着きましたら改めて、
「多頭飼育SOS」のボランティアの皆様にお礼を申し上げたいと思います。

e0005411_8194215.jpg
「UKC JAPAN」の事務方のKさんがお迎えの当日にプレゼントして下さいました。
わんこのオヤツ&人用のクッキー。

いつも朗らかで笑顔を絶やさないKさん。
Kさんが街頭募金活動でハウルを応援団に選んでくれたからこそ、
一日の作業に追われるシェルターでは分からない、ハウルの魅力に気がつきました。
Kさんのおかげで今回のご縁が結ばれたといったも過言でありません。

e0005411_8195517.jpg
あーくとハウルは大喜びでした♪
e0005411_820481.jpg
そして仲良しMichyさんから、上等な麦酒♪
THANK YOUぅう!
ハウルのお迎えの晩に、乾杯しました。
Michyさんにはハウルを迎える上で、
自治体への登録方法や予防接種等のアドバイスをたくさいいただきました。
頼りしている大先輩です♪

e0005411_8201619.jpg
昨年、同じく「UKC JAPAN」からご老公様改め「悟郎君」を迎えた健ゴロの母さんから、
ハウルのお迎え当日にバトンケーキが届きました。
辛党のはずのゴロの母さんが、美味しすぎてヤバいというケーキ屋さんのバトン。
e0005411_8202782.jpg
昨日。
同じマンションに住み私が姉のように慕う麿ママと一緒にお茶しました。
ドライフルーツがぎっしりで甘すぎず~こりゃ。ワインのツマミにもなるねぇ。

麿ママもハウルのお迎えを殊更喜んでくれてます。
あーくとは犬猿の仲の柴犬・麿とハウルの対面も近々叶うでしょう。

e0005411_8231036.jpg
今日の午後。
ハウルはトリミング&健康診断&予防接種&自治体への登録に出かけます。
そうだ!マンションの管理組合にも届けをださなくてはなりません。
今後、シャンプー&肛門腺絞り&爪切りは、
あーくと同様に私がやりますが、家が慣れないうちは嫌な思いはさせたくなかった。
プロのトリマーさんに洗ってもらって・・・激変はあるか!?

お楽しみに♪
[PR]
e0005411_7451888.jpg
首都圏が7年ぶりの大雪に見舞われた1月14日。
「UKC JAPAN」のシェルターより、ハブを家族に迎えました。

天気は荒れ模様。
急速に発達した爆弾低気圧の影響で生憎の雪・・・。
生憎?全然。
雪バカ☆一家のテンションは朝から上がりまくり。
最高の記念と記憶に残る「お迎え日和」じゃないですか!
e0005411_7453162.jpg
正月休みin雪山のために新調したスタッとレスタイヤが、
ハブの迎えで威力を発揮することに。
大渋滞の幹線道路をよそ目に、ガラガラの脇道&山道走行でお迎えに上がりました。
とってもいい気分♪
e0005411_7454926.jpg
寒川の仮シェルターは公共の交通機関ではやや不便な場所にあります。

この雪だとボランティアさんが来れないんじゃないかと心配しましたが、
この日も足元の悪い中、たくさんのボラ人がお散歩に繰り出してました。
シェルターには条件が悪ければ悪いほど強まる団結力がある!
吹雪の中、皆さんずぶ濡れになりながらの作業。
それでも私を見ると「ハブのお迎えですね。」と笑顔を向けて下さって、
胸がじんと熱くなりました。
e0005411_746048.jpg
A棟のハブ。迎えに来たよ。

「さあ。おウチに帰ろう」

e0005411_7462757.jpg
ハブの見送りのために香川の時代から応援してくださってるボランティアさんも、
駆けつけて下さいました。
ハブのお迎えの様子を「UKC JAPAN」HPに紹介してくださっております→コチラ。
皆さん。まるで、自分のことのように喜んでくれました。
代わる代わるハブを抱きしめ、
車が発進する最後の最後までお見送りして下さいました。
本当に本当にたくさんの愛情をありがとう。

「UKC JAPAN」と交わした誓約書の第一項(抜粋)。
1)家族の一員として生涯愛情と責任を持って飼育します。

香川県のボランティアさんから寒川の「UKC JAPAN」のシェルター。
シェルターから我が家へ、ハブの命のバトンをしっかりと受け取りました。
このバトンを守ります。
e0005411_746417.jpg
さて。ハブの新しい名前。

「ハブ」は自分の名前を認識しているので、このままでもいっか?という話もありました。
が、弟に指摘されて気がつきました。
香川の多頭飼育環境で一番酷い扱いを受けていたハブ。
偶然かな。ハブって「仲間はずれ」っていう意味があります。村八分の「はぶ」。
それはだめ。
で。来る日も来る日も考えて決めた名前。

ハブ改め、「ハウル(howl)」です。
この名前が降りてきたとき、頭の奥が痺れました。
音もハブの「au」に被ってばっちり。かっこいい名前だと自画自賛。
因みにジプリとはなんの関係もありません。
夫は「カブ」と言っていたけど~芸がないと却下しました。ははっ。結局私が名づけた。

ハウル。リラックスしています。
私がパソコンに向かうリビングの傍らで腹を横にして寝ています。
やっと寝顔が見れた。ぷっ。ブサイクだねぇ。
もう傍らにはあーく。幸せな時間です。
とにかく~このすごい!もこもこと新聞臭を一刻も早くどうにかしなくちゃ~いけない。
ハウル。
明日美容室でトリミングです!
[PR]