もう一つのオフ会。

e0005411_17352020.jpg
マシンガントーク炸裂の池袋でのオフ会が終わった後。
私とMichyさんさんにはもう一つ約束がありました。
一番遠くからわざわざ駆けつけてきてくださった健斗の母さんをお誘いし、
3人で向かったのは、池袋からメトロで10分。
東京のど真ん中!「麹町」です。

駅で待っていてくれたのは、しばたんさんの愛犬「ゆずちゃん(♀・13歳)。
都会っこのゆずちゃん。どうです?13歳とは思えない美貌の持ち主じゃないですか?
実はゆずちゃんはあーくの親戚犬です。
キラキラ光る鳶色の瞳はあーくと同じ。あーくと同じ血統の証だぁ。
blogをはじめる前。私は細々とHPを作っていた時代がありました。
そのHPにあーくの血統書を載せていて、しばたんさんが見つけてくださったのが最初の出会い。
(どこでどう繋がっているかは忘れてしまいました。しばたんさ~ん。もう一度教えてくださいませ。)
あーくの最初の手術の時は、夫が仕事で来れなくて、不安な私の側にしばたんさんが付き添って下さったの。
あーくを病院に預けた直後、私は泣いてしまって・・・一緒に泣いてくれたしばたんさん。
miw@母の眼瞼痙攣発症を知り、眼の神様に祈願してお守りを送って下さったのもしばたんさんです。
本人はブラック(腹黒い)とかいってますけど、とっても心優しい。
いつも、あーくや私のことを気遣ってくれます。
e0005411_17353093.jpg
ゆずちゃんに会うのは久しぶり。
前回お会いしたときはあーく連れの上、offには絶対に登場しない夫もいたので、ゆっくり話せませんでした。
今日は思う存分、ゆずちゃんに触れます。
ゆずちゃんはとっても芸達者な女の子!
おやつ欲しさに「ちょうだい。ちょうだい。」を披露してくれました。
この日。ゆずちゃんはカイカイのためカラーを装着していたので、かわいい顔が隠れてしまいましたが、
直立不動。超かわいい♪
よしよし。いいこだねぇ~と顔を触ろうとしたら・・・怒られた。
怒られたっ!
私は柴女子には格下に見られる傾向があり・・・。無念です。

その爆笑模様は、Michy家のゆずちゃん視線のレポを、ご覧ください。
e0005411_17353966.jpg
しばたんさんとゆずちゃんは現在腎臓を患い闘病中です。
ゆずちゃんは3日に一度点滴に通っていますし、しばたんさんは検査数値をコントロールする日々です。
時には入院を余儀なくされ、ゆずちゃんと離れ離れになることもあります。
こんなかわいいゆずちゃんと離れないといけない・・・想像すると胸が詰まります。
e0005411_17355383.jpg
しばたんさんからお土産をいただきました。
私は甘いものが苦手ですが、せんべいは別格。大好物です。
あーくにもおかきとそして大好物のパンだ!
e0005411_1736441.jpg
このおせんべい。アートです。
こんな風にも遊べます♪
e0005411_17361648.jpg
しばたんさん。美味しいおやつをありがとう♪(by:あーく)

私としばたんさんがずっと約束していることがあります。
「ゆずちゃんと湘南に遊びにおいで!」
Michyさんといつでも待ってますからね。絶対!おいで!



e0005411_11352834.jpg
ちと見づらいですが・・・あーくの血統書です。
緑内障は遺伝性の高い病気。
緑内障のわんこを持つママ達との情報交換会の中で、血統の話が話題にのぼりました。
小さい柴犬が好まれる傾向にある中、無理な近親同士の交配が行われているのではと。
それが、障害を持つ犬が生まれる原因ではないか。
あーくのような不幸なコを増やさないために、緑内障発症の事実をブリーダーさんに伝えるべきではないか。

改めて。
あーくの血統書を確認しますと・・・
近親同士の掛け合わせは血統書上では確認できませんが、問題点があるとすると、
あーくのかあちゃん・・・。
超高齢出産!です。
平成6年生まれということは、あーくを8歳の老体で出産しています。
また、とおちゃんは県連&中部連合展覧会に出陣し「若犬賞」を2度受賞しています。
異母兄弟は多いだろうな。
(この2つの事実はあーくがチビの頃、両親に会いに愛知へ行きました。ので承知です。)
父方に緑内障の因子があったら・・・。
あーくの異母兄弟。緑内障になってないといいなぁ。
あーくの分まで見えていて欲しいなぁ。

ブリーダーさんに緑内障発症の事実を伝えるかどうか。
言うとしたら、ブリーダーさんに直接話すべきだろうか。
種の保存を目的とする総元締めである「日本犬保存協会」が適当なのかな。とも、
個人的には思っています。
難しいなぁ。
[PR]