わんこのボランティア。

e0005411_21452059.jpg
未曾有の被害をもたらした東日本大震災。
小さな被災者。わんこ達の惨状を知るたびに心を痛めておりました。
福島のわんこ達を中心に一時保護している『UKC JAPAN』の活動を知ったのは、
onoff共に仲良くしていただいていているMichyさんのblogからです。
「UKC」の本部は京都ですが、「湘南支部」は、私が住む隣町でした。

微力ながらわんこ達の力になりたい!
と先月(9月13日)ボランティアにMichyさんと行ってきました。
湘南支部には約200匹もの犬猫が保護されています。
我々ボランティアの仕事は、わんこ達のお世話。
1頭づつお散歩に連れ出し、その間ゲージの清掃をし、器を交換して新しいお水をあげます。

ボランティアに任せられるのは比較的大人しいわんこ。
(力の強い大きなわんこや人を噛んでしまうわんこは、スタッフの男の人やベテランのボランティアがお世話します)
フレンドリー棟(勝手に名づけた)は子犬も含めて50匹ぐらいいるかな。
私は初めてのボランティア。
すでに何度もお手伝いしているMichyさんがついているので心強く頼もしい。
会話が聞こえないほど吼えまくるわんこ声も。
ゲージの中でウンチまみれになっているわんこも(中にはいる)。
異臭・抜け毛・汚れも・・・
何もかも、お世辞にも綺麗といえない作業ですが、

全然問題なし!

お散歩も楽し~いっつ!
てきぱきと的確に私を指示してくれるMichyさんのおかげで、
目一杯・精一杯わんこたちのお世話をして、初日のボランティアは心地よい達成感がありました。

のに。

私ってば、家に帰ってその後・・・激しく落ち込んでしまいました。
あーくと被災地のわんこは比較の対象にならないけど、
あまりの生活環境のギャップに戸惑いを感じてしまった。
お散歩に行きたくないとごねるあーくのノー天気さに、腹までたった。
狭いゲージの中で我慢を強いられているわんこ達。
今は仕方がないことだけど・・・。
わんこの目がね・・・。まっすぐで心に突き刺さる。
棟に入るとどのコも私に向かって一斉に吼えて、必死で目を合わせようとするんです。
訴えかけて、アピールしてきます。
その目は、期待と寂しさが入り混じった悲しい目。
飼い主さんが迎えに来るのを待ち続けて、何度も悲しい思いをしたと思うと落ち込んで、
その目が頭から離れなくなってしまいました。
ボランティアには行きたいのに、わんこ達の目を見るのが辛い。
そんな矛盾な気持ちを悶々と抱えて、気がつけば1ヶ月が経過していました。

その間Michyさんは、
週に1回多いときには2回もシェルターへ足を運び、積極的にお世話をしていました。
いかん!私は何をやっているんだ。
一人でも多くのボランティアを必要としているのに・・・。
行っても行かなくても落ち込むなら、シェルターに行って落ち込もう!
と吹っ切れた。

e0005411_21453190.jpg昨日。
Michyさんとボランティアに出かけてきました。
ちょっと交通の便の悪い場所にあるので、私の車に同乗してシェルターへ向かいました。
この日はMichyさんとは別の作業。
すっかりベテランになり、スタッフからの信頼度が高いMichyさんは、デンジャラス&ビック棟(ちょっと危険なわんこと大型犬がいる)のお掃除。
新米の私はフレンドリー棟のわんこ達のお散歩に徹しました。
1頭につき10~15分のお散歩。距離は約1kmくらいかな。
午前中の3時間。ノンストップで13匹ものわんこのお散歩を頑張りました。
計算すると・・・15km弱は歩いた!?
どうりで足が筋肉痛のわけだ!

二人の都合上。ボランティアは午前中であがります。
帰り道でランチ食べていこう!という話になり、
Michyさんの閃きで、地元では有名な地魚の定食屋さんへ。
e0005411_21455820.jpg
私が頼んだのは、「釜揚げしらす丼と玉ねぎのさつま揚げ定食(1,380円)」
ちょっとご飯多いかも~と残そうかどうか考えているうちに完食してしまった。
労働の後のごはんは格別に美味い!
e0005411_21461354.jpg
Michyさんが頼んだ「10種の小鉢セット(1,380円)
分厚い卵焼きがとっても美味しそうだった。
ここで新事実!Michyさんは酸っぱいものがだめです。

次のオフ会の計画をあ~だこ~だ話しながらのランチ。
茨城に行っちゃう?くじらの背中は?(横浜の公園名です)クルージングは?
希望や夢も織り交ぜて、色々と練ってます。
e0005411_21462621.jpg

落ち着いた雰囲気で楽しめる、新鮮な地魚定食のお店。

『えぼし高田店 燦SAN』
住所:茅ヶ崎市高田4-4-11
電話:0467-50-6933
備考:Michy家の近く。



おまけ♪
折角Michy家まで来たのだから、ミッチーちゃんに会っていく事にしました。
Michyさんがお庭に連れ出してくれたんだけど・・・
e0005411_21463513.jpg
ミッチーさん?
お昼寝からたたき起こされて面倒くさそうです。
カメラを向けてもとっても非協力的。
e0005411_21464934.jpg
見かねたMichyさんがミッチーちゃんを抱き上げてくれました。
がしっとMichyさんを握り締めるミッチーちゃんの右手が分かりますか?
目の見えないわんこは自分の背丈よりも高いところに持ち上げられると怖がるけど、
ミッチーちゃんは平気。
絶対信頼があってからこそです。

2回目のボランティア。
やっぱり少し落ち込んだけど、来週も行く予定です!
[PR]