時間が足りな~い。

e0005411_6373633.jpg
自称「スンドゥブ大使」のスンドゥブチゲ。
今宵の鍋は粉唐辛子がほとんど入っておりません。色味薄っ!
「白いスンドゥブチゲ」
あれだけ豊富にあった韓国食材の在庫が底をつきてしまいました。
買出しに行きたいけど・・・時間がとれないジレンマ。

12月の繁忙期に入ってから、土日も関係なくぶっ通しで働いています。
帰宅時間は8時を過ぎてしまうことも多々ありました。
家では用を足さないあーくは毎日決まった時間に(朝晩6時~7時)散歩へ行きます。
遅くなってしまう日は夫に早く帰ってきてもらい協力を要請することも。
今年は夫婦揃って風邪をひき熱をだし、
あーくがヘルニアを患うという想定外のアクシデントもあり、さらに厳しき情勢でしたが、
夫とあーくと家族一丸となって、もう間もなく怒涛の日々が終焉を迎えます。

仕事中心の毎日ですから、年神様を迎える準備はおろか普段の家の掃除だってままなりません。
まぁ。家が汚くたって死にやしないさ。目をつぶってやり過ごしてました。
先日は貴重な休み。
さてと。どこから手をつけていいか分からないほどやることは山積でした。
が・・・。
私は一切を放り投げて出動しました。何処へ?

いざ。
東日本大震災で被災したわんこ達の保護施設にボランティア!!です。
私いや、
blogを通じて多くの方が主婦として一人の女性として尊敬してやまないたろー母さんが、
ボランティアへ参戦表明をされたんです。
何を差し置いても駆けつけねば・・・。
ご存知。仲良しMichyさんと、
(シェルターの保護犬「貫太君(柴・♂・推定2歳)」を家族として迎えた上に、
ボランティアへ毎週時間の許す限り通い、もはやボランティアのベテラン。
スタッフからの信頼も厚い。)
たろー母さん・私と3人でシェルターへ向かいました。

この日のボランティア活動。
開始当初こそ我々だけでしたが、一人また一人とボランティアさんが駆けつけ・・・。
私がご奉仕した中で一番余裕をもって、一番楽しく作業できました。

午前中の目一杯。
休憩も入れずにわんこ達のお世話に精を出し、反省会を含めたランチへGO!。

『まるたか 藤沢遠藤店』

シェルターから数分走ったとこ。
駅からも海からも民家からも離れた寂しい場所にポツンと佇むロッジ風の建物。
海の幸が「がっつり」食べれると地元で評判の隠れたお店です。
e0005411_72223.jpg

私はお店おススメの『うに飯まぐろ丼(1,350円)』
中落ちのまぐろの下に、ごはんに混ぜた「うに飯」が隠れています。
すんごい美味しかったけど、うに飯が濃厚でしつこさにちょっと飽きてしまった。
贅沢な感想でしょ?それほど、ふんだんに太っ腹に盛られています。
e0005411_7221878.jpg

たろー母さんとMichyさんは『海鮮丼(1,450円)』
私もMichyさんも残してしまったというのに、母様はぺろりと完食。

初めてボランティア参加の母様。
とても初めてとは思えない。
作業の飲み込みは早いし、テキパキと手際よくこなしていきます。
わんこたちに声をかけながら、次々とゲージのお掃除をして下さいました。
普段は行き届かない床拭きや空いたゲージの清掃まで!
何度も休憩を入れるように勧めたのですが、全く聞く耳持たず・・・
ぶっ通しの作業をこなし、まだまだ体力有り余る母様。負けちゃう。
初めてでこの働きっぷりですから、要領を得た次回はどうなってしまうのでしょう。
母様はシェルターの「お掃除の神様」になるに違いない。

帰り道。このこ達の顔を見ていかないとね。
e0005411_7223261.jpge0005411_7224145.jpg

Michy家の貫太君とミッチーちゃん。
シェルター帰りで色々なわんこの臭いが染み付いているんでしょうね。
貫太君は服の匂いをかぎまくり。
お外にでてきてくれたMichyちゃんは、やっぱり私と距離があったけど、
母様と戯れているところにドサクサに紛れて触らせてもらいました。
この日はPENで撮影。
Michyさんの真似をしてアートフィルターの「ファンタジーフォーカス」で、ミッチーちゃんを撮ってみました。
女の子はにじんだような柔らかな写真がかわいいね♪
このモードであーくを写すと気色悪い・・・。

あーくのヘルニアは大丈夫です。
ご心配をおかけしました。
薬が効いて痛みがなくなってから、調子にのって跳ねだすので目が離せない。
全盲で~皮膚が弱くて~癲癇もちで~ヘルニア犬。
世話の焼けるあーくだけど、大事な大事な「息子」で~す。
[PR]