福岡の皆様よろしくお願いします。

e0005411_935317.jpg

5月25日(日)。
「UKC JAPAN」寒川のシェルターは福岡に移転しました。

神奈川県寒川町のシェルターを夕方の18時に出発。
18名のボランティアさんが同行し、
トラック4台を含めた7台の車列は、1200kmもの長距離を約17時間かけて走破し、
翌朝11時、福岡県朝倉市にある新シェルターに無事到着しました。

e0005411_9354214.jpg

これはハウルが寒川のシェルターにいた頃の写真です。

私は震災があった年の2011年9月。
隣町に被災犬のシェルターがあることを友人を通じて知り、
「自分も何か出来るはず!」とボランティアとして、
約2年9ヶ月間シェルターに通いました。

転機が訪れたのは2012年の7月。
香川県の劣悪な多頭環境から保護された20匹がシェルターに迎えられました。
その中の1匹がハウル(ハブ)でした。
人の愛を知らず酷い環境で虐待されていたのにそれでも人を慕い、
臆病な反面何にでも興味をもち、愛嬌たっぷりの笑顔を振りまくマイペースな子でした。

間に合わなかったです・・・。

シェルターの移転前までにはハウルを見つけたかった。
ハウルと一緒に香川の仲間たちをお見送りしたかった。

e0005411_11444620.jpg

移転の日。
当日はたくさんのボラさんがシェルターに集結しました。
朝早くから慌ただしく、皆で手分けして出発の準備を進めました。

出発前。
寒川シェルターのアイドル。
一番小さなボランティアのNちゃんが、皆の前で歌を歌ってくれました。

♪「明日は晴れる」

好きだから 君が好きだから
友達さ  いつもいつまでも
さぁさ  元気だせ
涙 吹き飛ばせ
声を合わせ歌おう
明日は晴れる
明日は晴れる
明日は晴れる

涙で声を震わせながら一生懸命歌ってくれました。
e0005411_11445620.jpg

この日集まったボラさんは100人を超えてました。

Nちゃんが歌ってくれた「君が好きだから・・・」というこの歌詞の通り、
みんなみんなシェルターの子達が大好きだから。
性別も年齢も職業も生まれた環境も学歴も地位も名誉も何も関係なく、
「最後の1頭まで!」を目標に、皆で支え続けた3年3ヶ月。
支援の輪は寒川のシェルターを中心に、何倍・何百倍と何千倍と大きな大きな輪へと広がりました。

この輪を福岡の新シェルターへと繋ぐことができますように。

皆様へお願いがあります。

新シェルターは立ち上がったばかりで、ほとんど認知度がありません。
地元ボランティアさんの数が圧倒的に少ない状況です。
新シェルターは大幅に建設が遅れており、仮設の犬舎で約1ヶ月を過ごします。
仮設での作業はより多くのボランティアさんの力が必要です。
また、緑豊かな自然に囲まれた広い敷地内には、
ドックランやプール等がありますが、それらの設備もボラさんの力があってこそ生かされます。
折角のドックランもボラさんがいなければ、出してあげられません。
e0005411_10343340.png

犬たちが快適に過ごすことができますよう。
情報の拡散、皆さんのお力添えをよろしくお願い申し上げます。
e0005411_1163894.jpg
e0005411_1164899.jpg

ハウルは大変臆病です。
見かけた方はどうか無理に保護しようとしたり追いかけたりせずに、
すぐにご連絡下さい。

緊急の確認を要する情報は私(090-2725-5851)
もしくはUKCの事務局方(090-2911-7239)へ直接ご連絡ください

ハウルの「目撃情報掲示板」は→こちら。
ハウルの「捜索活動報告掲示板」は→こちら。
※ハウルらしき犬の目撃情報をまとめたのは→こちら。
※ハウルの捜索専用のtwitterfacebookです。
[PR]