ビビンバ弁当

e0005411_640545.jpgこのお弁当を職場に持参しコチュジャンをドバッと入れて一心不乱にビビン(混ぜ混ぜ)していると、必ず周りから注目される。
「すごいねぇ。朝からよくつくるねぇ」などと賞賛のお言葉を賜ります。
匂いでも注目度抜群。違うテーブルで食べている人まで見に来る。
非常に気恥ずかしい。ので実はお弁当としての登場回数は少ない。
でも本当は毎日でも作りたい。
全く手のかかっていない究極の手抜き弁当ですから!
朝することといったら下味をつけた肉を焼くくらいで、冷蔵庫で常備されているナムルたちをのせるだけ。卵をレンジでチンして真ん中にのせれば見た目も完璧。
その日のナムルや季節の野菜の組み合わせで味も変わる。組み合わせは無限大。飽きない。
この日は、下味をつけた豚肉・人参のナムル・ほうれん草のナムル・もやしの塩焼き。原価も安いねぇ。
チューブ入りのコチュジャンはアシアナ航空の機内食で余計にもらって持って帰ってきたもの。
キムチトン(キムチを保存する密封容器)に入れれば、匂いモレもなく電車の中で後ろ指差されることはない。


e0005411_6402082.jpg初夏から毎朝登場する「えごまの葉の醤油漬け」
作り方はコチラ
納豆ごはんに韓国海苔のフリカケを混ぜてエゴマの葉で包んでパクリ。朝から食欲はFULL!その時々の旬の野菜はやっぱり上手い。クセのあるエゴマの葉をはじめ夫は敬遠していたけどいつの間にか大好きなキムチの一つに昇格したようだ。
きゅうりの路地モノが登場してきた。路地モノでしかキムチを作らないのがいちお、私のこだわり。今度の休みにオイキムチでも作ろうかなぁ。
[PR]